NFTドメインの日本での現状とは?認証の必要性についても解説します

ドメイン

アート作品やコレクターズアイテムとしての注目が集まっているNFTですが、最近ではブロックチェーン上で発行されるNFTドメインも広まりつつあります。

NFTドメインはブロックチェーン上で発行されるトークンの一種で、暗号通貨取引に使用する「ウォレットアドレス」を判読しやすい文字列に変換することが可能です。

本記事では

  • NFTドメインの日本における現状
  • NFTドメインの認証の必要性

などについて詳しく解説していきます。

NFTドメインに興味があって今後の動向について興味がある人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

NFTドメインは日本で実用的な利用ができないのが現状

NFTドメインは現状の日本では実用的な利用を行うことができません。

.comや.jpなどの一般的なドメインで利用できるようなWebサイトやメールアドレスの作成などには使用できないのが現状となっています。

NFTドメインには統一された規格や審査、認証機関などが存在しないのが実用的な利用ができない理由です。

GoogleもNFTドメインで作成したWebサイトには対応していないため、仮にサイトを作成したとしても検索エンジン経由で読者を集めることができません。

今後Web3の技術が広がっていくことで実用的な利用ができるようになると予想されますが、現状では既存ドメインのような使い方は難しいような状況です。

NFTドメインとは何なのか?という部分に関しては、下記の記事で詳しく解説しています。

現状のNFTドメインの使用例

現状のNFTドメインの使用例
  1. ウォレットとNFTドメインの紐付け
  2. OpenSeaへNFTドメインを出品する

現状の日本でのNFTドメインの使用例としては上記2つがあげられます。

ここからそれぞれの使用例について詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

ウォレットとNFTドメインの紐付け

NFTドメインを使用することで、暗号通貨ウォレットとNFTドメインを紐付けることが可能です。

複雑なウォレットアドレスを分かりやすいドメイン名に変換することができるため、暗号通貨取引が行いやすくなるでしょう。

ウォレットアドレス 0x469B609Cb16Eb1126260f91cD2FC22V98ea499Ez
NFTドメイン sample.wallet

表が見切れている場合、横スクロールできます

ウォレットアドレスは26〜42文字の英数字から構成されており、人間の目で判別するのは非常に困難です。

NFTドメインであれば「〇〇.wallet」のように分かりやすく表示されるため、ウォレットアドレスを取り扱うストレスを大幅に軽減することができるでしょう。

OpenSeaなどのマーケットプレイスへNFTドメインを出品する

取得したNFTドメインをOpenSeaなどのNFTマーケットプレイスへ出品するという活用方法も考えられます。

OpenSeaは世界最大のNFTプラットフォームであり、アート作品からゲームまで数多くのNFTが公開されているような状況です。

sex.crypto 約1,600万円
beer.eth 約322万円
darkmarket.eth 約6.6億円

表が見切れている場合、横スクロールできます

過去に取引が行われたNFTドメインの販売事例としては上記のようになっており、数百万〜数千万円以上の価格がついたNFTドメインも存在します。

将来的な価格上昇を見越してNFTドメインを購入し、価値が高まった状況でマーケットプレイスに出品するという活用方法も考えられるでしょう。

NFTドメインはWeb3時代に活用が期待されている

従来のWeb2からWeb3へと移行していく流れの中で、NFTドメインは主流になっていく可能性が高い技術となっています。

今後Web3のサービスがさらに普及していく中で、NFTドメインは必要不可欠なソリューションとなっていくでしょう。

将来的には既存ドメインのようにWebサイトやメールアドレスなどに使用できるようになるのに加えて、暗号通貨ウォレットとの紐付け、各サービスでのログイン時等の個人認証に使われたり、個人のデジタルアイデンティティになるなど、プラスアルファの機能を兼ね備えられると考えられます。

NFTドメインは今後の急成長が期待できる分野であるため、どのように発展していくのかを楽しみながら状況を追っていきましょう。

NFTドメインを取得するなら今がチャンス

NFTドメインを取得するのであれば、まだ市場が成熟していない今のタイミングがチャンスです。

これからNFTドメインが普及していくにつれて、人気の文字列は他の人に取得されてしまうからです。

過去には「beer.eth」というNFTドメインが約322万円で取引されたり、「darkmarket.eth」というNFTドメインが約6.6億円で取引された事例もあります。

今のタイミングであれば人気の文字列であっても空いている可能性が高いため、NFTドメインの将来性に期待する人はぜひ取得を検討してみてください。

「CryptoName byGMO」であれば、業界最大手のUnstoppable Domainsと提携しており幅広いNFTドメインを取得することが可能です。

NFTドメインに少しでも興味があるのであれば、ぜひチェックしてみてください。

まとめ:NFTドメインは日本では実利用できないのが現状

ここまでNFTドメインの日本での現状や認証の必要性について詳しく解説してきました。

NFTドメインには統一された規格や審査、認証機関などが存在しないため、日本での実用的な利用ができないのが現状です。

今後Web3関連の技術が普及していくことで徐々に実利用が可能になっていく可能性が高いですが、現在の状況では既存ドメインのような使い方は難しいでしょう。

ただしNFTドメインは今後の急成長が期待できる分野であり、今のタイミングであればまだ人気の文字列であっても取得することが可能です。

「CryptoName byGMO」では業界最大手のUnstoppable Domainsと提携して幅広いNFTドメインの取得を行うことができるため、早めにNFTドメインを取得したいと考えているのであればぜひチェックしてみてください。

▽キャンペーン開催中!
バリュードメインでは、
期間限定の特別割引ドメイン・サーバー同時契約でドメイン更新費用永久無料!(年間最大3,124円お得)などお得なキャンペーン実施中です。
是非、お得なこの機会にご利用ください!
最新のキャンペーンはこちら
から

ドメインと変える、サイトの価値。Value Domain

 

この記事を監修した人
Value Note編集部
メディア編集部

ドメインの提供開始から20年。
その経験をもとにIT(ドメイン・サーバー・WordPress・セキュリティ...etc)の知識はもちろん、ここでしか見れない役立つ情報やコンテンツを発信するチームです。

Posted by admin-dev


service

Value Domain
ドメイン取得&レンタルサーバーなら
Value Domain
ドメイン登録実績600万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。