NFTドメインの問題点とは?ルールや使用する際の注意点を解説

ドメイン

デジタルアートなどで話題となっているNFTですが、その中でも「NFTドメイン」は実用性の高さから期待が高まっている技術のひとつです。

ただし現状では明確な法整備が整っておらず、課題や問題点も多いという状況となっています。

本記事では

  • NFTドメインの問題点
  • NFTドメインを使用する際の注意点

などについて詳しく解説していきます。

これからNFTドメインを購入したり利用したいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

そもそもNFTドメインとは何なのか?という内容に関しては下記の記事で詳しく解説しています。

NFTドメインの問題点3つ

NFTドメインの問題点3つ
  1. 既存ドメインのように統一された規格がない
  2. NFTドメインの販売会社がサービスを停止する可能性がある
  3. 法的に明確なルールが定まっていない

現状のNFTドメインの問題点は上記3つです。

既存の.comドメインのように統一された規格がない点や、販売会社がサービスを停止してしまうリスクがあげられます。

ここからそれぞれの問題点について詳しく解説していきます。

既存ドメインのように統一された規格がない

NFTドメインには既存の.comドメインのような統一された規格が存在しません。

  • .crypto
  • .wallet
  • .dao
  • .nft
  • .defi

などのトップレベルドメインを自由に生み出すことができるような状況です。

既存のドメインは国際機関であるICANNによって管理されており、無制限にドメインを作り出すことはできません。

トップレベルドメインを作るための審査や認証機関が存在しない過渡期であるため、今後も複数の運営会社による競争や淘汰が行われていく可能性が高いです。

NFTドメインの販売会社がサービスを停止する可能性がある

NFTドメインの販売会社が急にサービスを停止するリスクが存在するのも問題点のひとつです。

現状のNFTドメインにはトップレベルドメインを作るための審査や認証が必要ないため、複数の会社がNFTドメインを販売することができます。

万が一同じドメインを複数の販売会社が提供してしまった場合、機能衝突や間違ったウォレットへの送金などのトラブルが発生する可能性があるでしょう。

当社の.coinトップレベルドメインと、ブロックチェーンプラットフォームであるEmercoinが発行する.coinドメインが衝突する可能性があることに気づきました。慎重に検討した結果、最善の道は .coin ドメインのサポートを停止することであると判断しました。

Unstoppable Domains

上記のサイトにも記載があるように、複数の販売会社が同名のドメインを販売する可能性がある場合にはサービスを停止してしまう可能性があります。

規制が十分に行われていないというリスクがあるため、できるだけ信頼できる販売会社からNFTドメインを購入するのがおすすめです。

法的に明確なルールが定まっていない

NFTドメインは法的に明確なルールが定まっていないという問題点があります。

中央集権的な機関が存在しないため、新しいトップレベルドメインを誰でも自由に作り出せてしまうという現状です。

同名のトップレベルドメインを提供した場合には既存の枠組みの中での訴訟や覇権争いが行われることになりますが、徐々に法整備が進んでいくと考えられます。

様々な運営会社が存在する中でもより強い会社が生き残っていくと考えられるため、できるだけ運営元のしっかりしたところでNFTドメインを購入しておいたほうが安心できるでしょう。

NFTドメインを使用する際の注意点3つ

NFTドメインを使用する際の注意点3つ
  1. ウォレットの秘密鍵をなくしてしまうとコントロールが不可能になる
  2. 現時点ではGoogleなどの検索エンジンに未対応
  3. 取得するための技術的なハードルが高い

NFTドメインを使用する際の注意点は上記3つです。

秘密鍵をなくしてしまったときのリスクが大きい点や、取得するための技術的なハードルが高いことがあげられます。

ここからそれぞれの注意点について詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。


ウォレットの秘密鍵をなくしてしまうとコントロールが不可能になる

NFTドメインは、ウォレットと紐づけが必要で、セキュリティを守るための秘密鍵が用意されています。

秘密鍵はウォレットの認証、取引を承認するために必要になる文字列で、無くしたり外部に流出したりしてしまうとNFTドメインをコントロールすることが完全に不可能になってしまうでしょう。

一般的なドメインの場合には中央集権型の組織が承認や移管の手続きを行うためセキュリティ機能が働きますが、NFTドメインの場合にはセキュリティは完全な自己責任。

秘密鍵を無くすと二度と復旧はできません。
既存ドメインよりも厳格なセキュリティ意識をもって取り扱う必要があると言えるでしょう。

現時点ではGoogleなどの検索エンジンに未対応

NFTドメインを使用して作成したWebサイトは現時点ではGoogleなどの検索エンジンに未対応です。

たとえWebサイトを作成したとしてもアクセスの流入源が限られてしまうため、実用性が低いと言わざるを得ません。

Googleは将来的にNFTドメインに対応するかどうかを明言していないため、ドメインとしての実用性が今まで通り発揮されるかどうかが不透明です。

現時点でNFTドメインで作成したサイトは検索エンジンからの読者を獲得できないという部分は注意点として覚えておいてください。

取得するための技術的なハードルが高い

NFTドメインは取得するための技術的なハードルが高いです。

希望のドメイン名を取得した後に、

  • Mint(ミント)
  • Manage(管理)

などの処理を行う必要があります。

メタマスクなどの暗号通貨ウォレットの操作も必要になってくるので、暗号通貨に慣れていない人でないと戸惑う部分が多いかもしれません。

一般的なドメインに比べて取得するための手順が複雑という部分がNFTドメインの注意点だと言えるでしょう。

NFTドメインの運営会社として有力なのは「Unstoppable Domains」

NFTドメインの提供や販売を行っている運営会社はいくつかありますが、その中でもトッププロバイダーと言えるのが「Unstoppable Domains」です。

「Unstoppable Domains」は提供しているトップレベルドメイン数も非常に豊富であり、圧倒的な登録数があることで知られています。

CryptoName byGMOは「Unstoppable Domains」と提携しており、提供するすべてのNFTドメインを購入することが可能です。

CryptoNameの公式サイトから各ドメインの価格や登録状況を確認することができるため、ぜひチェックしてみてください。

まとめ:NFTドメインの問題点を理解して法整備を待ちましょう

ここまでNFTドメインの問題点や使用する際の注意点について詳しく解説してきました。

NFTドメインは.comや.jpなどの既存ドメインのように統一された規格がなく、新しくドメインを生み出すために審査や認証が必要ない過渡期となっています。

これからも多くの運営会社で競争や淘汰が行われると予想されますが、その中でも有力なのがトッププロバイダーである「Unstoppable Domains」です。

現在は既存の枠組みの中で訴訟や覇権争いが行われているような状況ですが、早い段階での法整備や規格整備が待たれるような状況だと言えるでしょう。

ただし逆を言えばこれから急成長が期待される分野でもあるため、問題点を理解しつつ成長を楽しんで見ていくのが良いかと思います。

CryptoName byGMOでは最大手プロバイダーである「Unstoppable Domains」と提携しており、提供するすべてのNFTドメインを購入することが可能です。

NFTドメインはWeb3の時代において主力となる技術になる可能性が高いので、今のうちから空いているドメインを取得したい人はぜひチェックしてみてください。

▽キャンペーン開催中!
バリュードメインでは、
期間限定の特別割引ドメイン・サーバー同時契約でドメイン更新費用永久無料!(年間最大3,124円お得)などお得なキャンペーン実施中です。
是非、お得なこの機会にご利用ください!
最新のキャンペーンはこちら
から

ドメインと変える、サイトの価値。Value Domain

 

この記事を監修した人
Value Note編集部
メディア編集部

ドメインの提供開始から20年。
その経験をもとにIT(ドメイン・サーバー・WordPress・セキュリティ...etc)の知識はもちろん、ここでしか見れない役立つ情報やコンテンツを発信するチームです。

Posted by admin-dev


service

Value Domain
ドメイン取得&レンタルサーバーなら
Value Domain
ドメイン登録実績600万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。