コアサーバーV2プランご契約でドメイン更新費用が永久無料
コアサーバーV2プランご契約でドメイン更新費用が永久無料 ×

NFTドメイン(ブロックチェーンドメイン)とは?仕組みや使い方、購入方法までわかりやすく解説!

2022年8月5日ドメイン

NFTドメイン(ブロックチェーンドメイン)とは、暗号通貨の送受信の際に使用される26〜42文字の英数字アドレスを任意の文字列として登録できる仕組みのことです。

複雑な暗号アドレスを毎回コピペするのは大変ですし、1文字でも間違えてしまうと送金ミスにつながってしまうリスクもあります。

NFTドメインはそんな暗号通貨送金のストレスを解消してくれる画期的なシステムとなり得る技術です。

NFTドメインを支えるブロックチェーン技術により、ユーザーはより安全にインターネットを閲覧しユーザーデータをより詳細に管理することができるでしょう。

本記事ではNFTドメイン(ブロックチェーンドメイン)とは何なのか?仕組みや使い方、購入方法まで分かりやすくお伝えしていきます。

これからNFTドメインを利用したいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

NFTドメイン(ブロックチェーンドメイン)とは

NFTドメイン(ブロックチェーンドメイン)とは、暗号通貨を送る際に使用する26〜42文字の英数字アドレスを任意の文字列として登録できる仕組みのことです。

1つのNon-Fungible-Token(NFT)で表されるユニークなドメインであり、ウェブサイトドメインとしても機能する暗号化ウォレットアドレスという2つの重要なアイデアを兼ね備えています。

NFTドメインを利用することで1つのドメインに複数の暗号アドレスを登録することができるため、通貨ごとに別々の暗号アドレスを使う必要がなくなります。

従来の暗号アドレスとNFTドメインの例を以下にまとめておきますので参考にしてください。

暗号アドレス 0x469B609Cb16Eb1126260f91cD2FC22V98ea499Ez
NFTドメイン sample.wallet

表が見切れている場合、横スクロールできます

上記のように、NFTドメインを使用することで送金先が非常に分かりやすくなります。

NFTドメインが一般的に普及するようになれば、まるでEメールを送るような感覚で暗号通貨の取引を行えるようになるでしょう。

NFTドメインの仕組み

NFTドメインは通常のドメインとしての機能と暗号アドレスとしての機能の2つが組み合わさったシステムです。

NFTドメインを取得することであなたのWebサイトを立ち上げることもできますし、暗号アドレスとしてビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨の送金を行うこともできます。

またNFTドメインはセキュリティ面においても強化されており、更新を行えるのはドメインの所有者のみです。

さらに一般的なドメインは年間更新料がかかりますが、NFTドメインは購入にかかる費用は一回のみとなっています。

所有権の100%が持ち主のものになるという点において、NFTドメインはWeb2.0のドメインと比べて資産性が高いと言えるでしょう。

NFTドメインと従来のドメインの違い

NFTドメイン 100%の所有権を持つ
従来のドメイン レジストリからレンタルする

表が見切れている場合、横スクロールできます

NFTドメインと従来のドメインは、ドメインを100%所有しているかレジストリからレンタルしているかが大きく異なります。

従来のドメインの場合にはレジストリへの年間契約料を払って使わせてもらうような形になり、ドメインの所有権はあくまでレジストリ側が持つような形です。

一方でNFTドメインの場合には購入することで100%の所有権をあなたが持つことになるので、支払いは一回のみで完結します。

NFTドメインを売買することも可能なので、従来のドメインと比べてNFTドメインはセキュリティ面や資産性において優位に立っていると言えるでしょう。

NFTドメインの使い方【使用事例も紹介】

NFTドメインの使い方

  1. デジタルコンテンツの作成
  2. プロフェッショナルなWebサイト
  3. 音楽クリエイターのプラットフォーム
  4. アート作品の販売プラットフォーム
  5. コミュニティやフォーラム

NFTドメインの使い方の事例としては上記5つ。

Web2.0のドメインのようにWebサイトを作成するために使用できる他にも、音楽作品やアート作品のプラットフォームとしても使用することが可能です。

ここからそれぞれの使用例について詳しく解説していきます。

デジタルコンテンツの作成

NFTドメインを使ってデジタルコンテンツを作成し、インターネット上にアップすることができます。

アップされたデジタルコンテンツを改変したり削除したりできるのはNFTドメインの所有者だけです。

TwitterやInstagram、Facebookなどの中央集権的なプラットフォームにアップしたコンテンツは管理者によって削除される可能性もあります。

NFTドメインを使ってデジタルコンテンツを作成することで、コンテンツ製作者がデジタルアイデンティティのコントロールとオーナーシップを取り戻すことにつながるでしょう。

プロフェッショナルなWebサイト

企業が運営するプロフェッショナルなWebサイトもNFTドメインで作成されるようになるかもしれません。

NFTドメインを利用することでプラットフォームの利用規約に縛られることがなくなるため、より自由にWebサイト作成を行うことができるからです。

また、ドメインの年間更新料をレジストラに支払う必要もないためコスト削減にもつながります。

NFTドメインはオンラインビジネスが直面する多くの問題を解決できる可能性を秘めていると言えるでしょう。

音楽クリエイターのプラットフォーム

NFTドメインを利用することで、音楽クリエイターが第三者からの制約を受けずに音楽作品を発表できるプラットフォームを構築することができます。

音楽のマーケティングに対する報酬として収益を得ようとする第三者によって不当な扱いを受けてきた音楽クリエイターの立場をNFTドメインによって改善できる可能性も。

NFTドメインを活用して、

  • 音楽のプロモーション
  • ミント・オーディオNFT
  • ファンとのコミュニケーション

を行うことで、クリエイターが音楽の所有権を取り戻すことにつながります。

アート作品の販売プラットフォーム

NFTドメインでアーティストがアート作品を販売するためのプラットフォームを構築することが可能です。

作品の展示やオークション、販売などをNFTドメインのスペースで行うことができるようになるでしょう。

またアーティストはNFTドメインと連動した支払いを受けることができるため、アーティストと買い手の双方に取って利便性の高い取引が可能となります。

アート作品とNFTは非常に相性が良い組み合わせであり、将来的にはVRと連携したバーチャルな美術館でのアート鑑賞が一般的になるかもしれません。

コミュニティやフォーラム

コミュニティやフォーラムをNFTドメインで構築することにより、中央集権的なサービスに依存することなく自由な議論を行うことが可能です。

既存のコミュニティサービスだと運営者による規制がかかってしまうため、議論の内容が制限されたり投稿を削除されることも考えられます。

NFTドメインでコミュニティ・フォーラムサイトを運営することにより、分散型サイト上で自由に話し合いの場を設けることができるでしょう。

NFTドメインの購入方法

NFTドメインは、弊社グループのGMOインターネットが運営する「CryptoName byGMO」で登録することができます。

CryptoName byGMO」は、Unstoppable DomainsのNFTドメインを登録できるサービスです。2022年7月26日よりNFTドメインの販売を開始いたしました。

NFTドメインの購入方法

  1. NFTドメインの販売所(CryptoName byGMOなど)にアクセスする
  2. 希望するトップレベルドメインとドメイン名を選ぶ
  3. 購入金額を確認して支払いを行う

NFTドメインの購入方法としては上記3ステップです。

ドメイン購入の流れとしては従来のドメインとほとんど変わりませんが、NFTドメインを取り扱っている販売所で購入する必要があります。

NFTドメインのトップレベルドメインとしては、

  • .crypto
  • .dao
  • .nft
  • .defi
  • .bnb

など複数の種類があるため、希望のものを選ぶようにしてください。

購入を確定するには基本的にブロックチェーン上でドメインに対応するトークンをマイニングすることになります。

この手続きを完了させることで、あなたはNFTドメインの100%所有者となるのです。

NFTマーケットプレイスをウォレットとして機能させることもできますが、

  • Ledger Nano Sのようなハードウェアウォレット
  • MetaMaskのようなソフトウェアウォレット

などで管理することもできます。

NFTドメインの販売所(CryptoName byGMO)では、仮想通貨を持っていなくてもクレジットカードで決済可能です。

人気ドメインはすぐに取得されてしまう可能性もありますので、取得だけでもしてしまうというのも1つの方法です。

NFTドメインに興味がある人は、ぜひご利用ください。

NFTドメインの課題

NFTドメインは現段階では、Googleによるインデックス作成ができないという課題を抱えています。

インデックス作成がされないとGoogle検索エンジンでユーザーがWebページを見つけることができないので、自然なアクセスが発生しにくくなってしまうでしょう。

ただし、NFTドメインにはNooFTなど専用の検索エンジンがあり2022年第4四半期にベータ版をリリースする予定です。

NooFTは、

  • 検索
  • NFTリソース
  • 包括的なマーケットプレイス

などを統合する人工知能を搭載したプラットフォームを提案しています。

NooFTの今後の動向に関してはチェックしておいたほうが良いかもしれません。

NFTドメインの問題点

現時点でのNFTドメインの問題点としては、特定の構成がないとほとんどのブラウザでサイト閲覧ができないという点です。

ただし、いくつかのブラウザではNFTドメインサイトを閲覧できないという問題点を解決するために拡張機能を用意しています。

例えばGoogle Chromeのブラウザでは、

などの拡張機能が用意されており、これらを使うことで独自のDNSサーバーを構成することなくNFTドメインサイトへアクセスすることが可能です。

今後NFTドメインが普及してくれば各ブラウザがアップデートを行う可能性もあるので、今後の動向に注目しておきましょう。

NFTドメインに関するQ&A

NFTドメインに関するQ&A

  • NFTドメインの売り方とは?
  • NFTドメインと一般的なドメインの違いは?
  • NFTドメインの見分け方は?

NFTドメインに関する良くある疑問は上記の通り。

ここからそれぞれの疑問について詳しく解説していきます。

NFTドメインの売り方とは?

NFTドメインは購入するだけでなく売ることも可能です。

Adam byGMOOpenSeaなどのNFTマーケットプレイスにアクセスし、希望価格やガス料金(手数料)を設定することですぐに売ることができます。

販売の解除や販売価格の変更も行うことが可能なので、より自由にドメインの取引を行うことができるでしょう。

NFTドメインの所有権は100%持ち主のものなので、売買などの取引が簡単に行えるのも魅力となっています。

NFTドメインと一般的なドメインの違いは?

一般的な.comや.jpなどのドメインは、国際機関であるICANNによって管理されています。

対してNFTドメインは管理する機関があるわけではなく、ブロックチェーン技術を利用して分散管理が行われているような形です。

一般的なドメインの場合にはICANNの許可を得ないと運用することができませんが、NFTドメインの場合には.crypto、.walletなど無制限にトップレベルを生み出すことができます。

中央集権的な管理が行われているかどうかという部分がNFTドメインと一般的なドメインの大きな違いと言えるでしょう。

NFTドメインの見分け方は?

NFTドメインの見分け方としては.comや.jpなどのトップレベルドメインを確認する方法があります。

NFTドメインではブロックチェーンや暗号通貨に関連したトップレベルドメインが採用されていることが多いです。

例えば、

  • .crypto
  • .wallet
  • .dao
  • .nft
  • .defi
  • .bnb

などになります。

一般的なドメインではあまり見慣れないトップレベルドメインが多いので、見分ける際の参考にしてください。

まとめ:NFTドメインとは何なのかを知り、実際に購入してみよう

ここまでNFTドメインとは何なのか?仕組みや使い方、購入方法について詳しく解説してきました。

NFTドメインはWeb3.0時代の根幹となる技術であり、複雑な暗号アドレスを人が識別しやすい文字列へと変更することが可能です。

また、インターネットインフラを独占してきたPayPalやStripeのような決済代行会社が一定の割合で得ていた利益や、様々で複雑な仲介業者を一挙に排除してくれるでしょう。

さらにNFTドメインを使えば100%所有権を持ったWebサイトやプラットフォームの構築も可能なので、インターネットビジネスにおいて革新的な技術になる可能性があります。

2022年7月26日よりCryptoName byGMOでNFTドメインの販売を開始しています。いち早くNFTドメインを購入したいと考えているのであればぜひご利用ください。

▽キャンペーン開催中!
バリュードメインでは、
ドメイン1円!ドメイン・サーバー同時契約でドメイン更新費用永久無料!など
お得なキャンペーン実施中です。
是非、お得なこの機会にご利用ください!
最新のキャンペーンは
こちらから
ドメインと変える、サイトの価値。Value Domain

Posted by admin-dev


service

Value Domain
ドメイン取得&レンタルサーバーなら
Value Domain
ドメイン登録実績600万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。