ドメイン=住所の認識は損。本当のドメインの価値とは?

2021年6月10日ドメイン

ドメインの本当の意味や価値を知らなければ損をすることをご存知でしょうか?

Right Caption
ドメイン1つで損をすることなんて、あるのでしょうか?
Left Caption
たとえば、ブランドイメージが低下したり、権利を失効したドメインを他者に転売されたり。多くの場面で損をする可能性があります。

ドメインの真の価値をわかりやすく解説していきます。
Webサイトを長く運用し、ブランドや資産性を保つためにも、ぜひ参考にしてください。

ドメインは単なるインターネット上の住所ではない

ドメインはインターネット上の住所とよく言われます。

ただし正確に言うと、インターネット上の住所にあたるものは、
IPアドレス(数字の羅列)で、IPアドレスをわかりやすくしたものがドメインです。

住所と言われる理由は、ドメインがURLの一部であるから
「https://www.◯◯.com/」であれば、ドメインは「◯◯.com」の部分です。

ドメインは自由に決めて作ることができ、「.com」などと組み合わせて作ります。

「.com」や「.net」などの部分を、トップレベルドメイン(TLD)と呼びます。

Right Caption
結局、ドメイン=住所ではないんですか?
Left Caption
ドメインは単なる住所ではないですね。
ドメインを取得するのは「インターネットという巨大な電子空間に、自分の情報発信を行う場所を確保する」ということです。

ドメインは郵便番号のように意味のない文字列ではありません。
その情報発信を行う場所に名前と意味を与えるのがドメインなのです。

人気の文字列とTLDのセットに価値が生まれる

ドメインに使う文字列は先願登録制であり、簡単に言うと早いもの勝ち。
同じ文字列を希望する場合、1秒でも早く登録申請を行った人に権利が認められます。

また、同一文字列+同一TLD(=完全に同じドメイン)を複数登録はできません。

完全に同じドメインは存在しないため、人気の文字列とメジャーなTLDのセットを取りたい人は数多くいます。求める人がたくさんいることで、価値が生まれるのです。

そのため、.comや.netなどのメジャーなTLDと、
人気の文字列の組み合わせはプレミアムと呼ばれる高額な値がついています。
(参考:バリュードメイン|プレミアムドメイン

このように、ドメインは単なる住所ではなく、情報資産としての価値があります
それは、ドメインが本来持つ自由度と多様性の結果と言えるでしょう。

ドメインはマーケティングやブランディングにつながる情報資産

ドメインはWebサイトのイメージにつながります
Webサイトにおいて、ドメインがマーケティング施策の有効な基盤となります。

Right Caption
ドメインをブランディングやマーケティングに役立てるには、
どうすれば良いのでしょうか?
Left Caption
サービス名・企業名やイメージに合うものを選ぶことが重要です。
サッカー関連サイトで、ドメインが「baseball.com」では違和感を感じますよね。

イメージに合うドメインとは、たとえばバリュードメインなら「value-domain.com」。

“domain”というワードから、ドメイン関連事業であることがわかります。
たった一語・二語で自社の特徴を直球で伝えられるドメインは、
昔からブランディング・マーケティングの両面で大きなメリットを持っています。

また「value-domain.com」の”value”は、価値・真価という意味。
長く運用されたドメインはイメージ構築や、ブランディング戦略の根幹となり得ます。

知らなければ損をする!ドメインの価値に関するQ&A

ドメインの価値に関する質問にお答えします。
知らなければ損をする可能性のある重要な内容ですので、ぜひチェックしてください。

Q1. 中古ドメインの評価は新規サイトにも影響する?

A .登録するドメインが中古であった場合、過去の評価が新規サイトにも影響します。

Right Caption
中古ドメインだったら、実際にどんな影響があるんでしょう?
Left Caption
たとえば、Googleからペナルティを1度受けたことのあるドメインは、再ペナルティを受けやすい傾向にあります。

前使用者の使い方が悪質であれば、ドメインの登録直後に利用制限がかかる場合も。
ドメイン自体が使い物にならない可能性も大いにあります。

逆に、良質なサイトで長く運用されたドメインなら、その恩恵を受けることができます。

Q2. ドメインでブランドイメージが低下することはある?

A.サイバースクワッティングにより、ブランドイメージが低下することがあります。
説明すると、特定のサイトと似たドメインを取得し、そのドメインで悪質・低俗なサイトを作るという方法。

A社のドメイン「aaaa.com」 を例にすると、攻撃は以下のような流れで行われます。

  • 攻撃者は、類似するドメイン名「aaaa.co」を取得
  • 「aaaa.co」で、フィッシングやアダルトサイト等を運用
  • 閲覧者は、フィッシングサイト等をA社のサイトと誤認識する
  • A社のブランディングに悪影響を及ぼす

多くのコーポレートサイトでは、ドメイン名に企業名やサービス名を含んでいます。
ドメインを見て閲覧者が誤認識する可能性は高く、イメージ低下は大きなものです。

そのため、TMCHという商標保護プログラムもあります。
商標登録済みの文字列がドメインとして登録されると通知される仕組みです。

Q3. ドメインの価値を知らずに運用するデメリットは?

A.ドメインの価値に気付かず更新を行わないのは絶対にダメです。

期限切れドメインは、業者やオークションへの転売によって二度と手に入らないことも

実際にあった例では、期限切れによって失効したドメインを再取得しようとしたところ、既に他者に取得されており譲渡交渉をしたものの、提示された金額は1,000$。
通常の更新料金の100倍だったのです。。。

高価なドメインの再販を狙う業者は数多く、
他者に取得されてしまったドメインを取り戻すのは基本的に不可能
となります。
ドメインを長く運用するためにも、資産価値をしっかりと認識しておきましょう。

おわりに

ドメインの本当の価値を知らないと、損をするケースが色々あります。

  • ブランドイメージ低下のリスクがある
  • マーケティングに役立てられない
  • 評価の低い中古ドメインを選ぶと使い物にならない
  • 使いたかった組み合わせを先に取られてしまう
  • ドメインを更新せずに他者に取得・転売される

今回お伝えしたような人気の文字列の需要や、マーケティング・ブランディングにおける役割は、ドメインの価値のほんの一部にすぎません。

インターネットの発展とともにドメインの自由度と多様性によって、
その価値は今もなお拡大を続けています。

ドメインは、もはやWebサイトを表示するための単なる住所ではなく、
ITインフラにおける役割やSEO的な価値を超え、貴重な情報資産となっているのです。

vd誘導バナー

Posted by admin-dev


service

Value Domain
ドメイン取得&レンタルサーバーなら
Value Domain
ドメイン登録実績600万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。