【月額500円以下】料金が安い!格安レンタルサーバーおすすめ7社を徹底比較

2024年2月16日サーバー

これからブログやWebサイト運営を始めたいと考えているのであれば、レンタルサーバーを契約する必要があります。

ただしレンタルサーバーの契約には月額料金がかかるため、できるだけ料金の安いサーバーを選んだほうがランニングコストを抑えることが可能です。

そこで本記事では、月額500円以下で利用できる安いレンタルサーバーのおすすめについて比較をしながら解説していきます。

格安サーバーの選び方についても紹介しているので、できるだけ安いレンタルサーバーを探しているのであればぜひ参考にしてください。

今すぐおすすめの格安サーバーをチェックしたい人はこちら>>

格安のレンタルサーバーの場合、サーバーの安定性やスペックが低いといったデメリットがあります。

コアサーバーは、月額220円から本格的なWebサイト運営ができるコストパフォーマンスが魅力のレンタルサーバーです。

もしあなたが本格的なWebサイト運営を考えているのであれば、ぜひコアサーバーを検討してみてください。

圧倒的コスパ!月額220円~

コアサーバー公式サイトをみる

料金が安いレンタルサーバーのメリット

格安レンタルサーバーのメリット
  • 初期費用やランニングコストを抑えられる
  • 不要な機能が入っていない
  • 無料サーバーに比べるとスペックが高い

料金が安いレンタルサーバーのメリットは上記の通り。

サイト運営の初期費用やランニングコストを抑えられるため、特にサイトを立ち上げたばかりの初心者にはおすすめです。

また不要な機能が搭載されていないことが多いので、シンプルに使用できるのもポイントになります。

上記のようなメリットを踏まえて格安サーバーを選ぶのが良いでしょう。

料金が安いレンタルサーバーのデメリット

格安レンタルサーバーのデメリット
  • サーバーのスペックが低い
  • サーバーの安定性が低い
  • サポート体制が不十分

料金が安いレンタルサーバーのデメリットは上記の通り。

月額費用が安い分、サーバーのスペックや安定性に関しては低いところが多い印象がありました。

またメールや電話でのサポートが不十分なサーバーが多いので、何か分からない点があっても質問できないのがデメリットだと言えるでしょう。

格安サーバーを契約する際には、上記のデメリットも踏まえて選ぶようにしてください。

料金が安いレンタルサーバーの選び方

料金が安いレンタルサーバーの選び方
  1. WordPressが使えるレンタルサーバーを選ぶ
  2. コストパフォーマンスが高いレンタルサーバーを選ぶ
  3. 無料お試し期間が長いレンタルサーバーを選ぶ
  4. 安定性の高いレンタルサーバーを選ぶ
  5. サポート体制が整っているレンタルサーバーを選ぶ

格安サーバーを選ぶ際のポイントは上記5つ。

ここからそれぞれの選び方について詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてください。

WordPressが使えるレンタルサーバーを選ぶ

月額料金が安いサーバーを選ぶ際には、WordPressを簡単にインストールできる機能が付いているかを確認するようにしてください。

特に初心者がブログを立ち上げる場合、WordPress簡単インストール機能が付いていないとブログを立ち上げる段階で挫折しやすいからです。

WordPressを手動でインストールするにはWebの専門知識が必要なので、初心者が初めてブログを立ち上げる際に苦労する可能性があります。

これからブログ運営を行いたいと考えているのであれば、料金が安くてもWordPressの簡単インストール機能が搭載されているレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバーを選ぶ

コストパフォーマンスが高い

月額料金に対して機能が充実したコストパフォーマンスの高いレンタルサーバーを選ぶのもポイントになります。

いくら月々の料金が格安だったとしても、サーバーのスペックや機能が低ければ安定したサイト運営が行えなくなってしまうからです。

下記にサイト規模あたりのスペック目安をまとめたので、こちらも参考にしてください。

  ディスク容量目安
個人ブログ運営 50GB以上
ネットショップの紹介HP 100GB以上

月額料金と機能性のバランスを考慮してレンタルサーバーを選ぶのがおすすめです。

無料お試し期間が長いレンタルサーバーを選ぶ

無料お試し期間ができるだけ長いレンタルサーバー

無料お試し期間ができるだけ長いレンタルサーバーを選ぶのがおすすめです。

無料お試し期間が長ければそれだけサーバーの使用感を試すことができるので、本契約をするかどうかを見極めることができます。

できれば30日くらい無料お試し期間が用意されているレンタルサーバーを選んだほうが、余裕をもって使用感を確かめることができるでしょう。

月額料金の安いレンタルサーバーを選ぶ際には、無料お試し期間の長さも確認するようにしてください。

安定性の高いレンタルサーバーを選ぶ

安定性の高いレンタルサーバー

安定性の高いレンタルサーバーを選ぶのも格安サーバーを選ぶ際には重要。

サーバーが不安定だと頻繁にサーバーエラーが発生してサイトにアクセスできなくなってしまうため、運営を行う際に支障が出てしまうからです。

せっかくサイトにアクセスが集まっても、しょっちゅうエラーが発生してページを読めなければユーザーは離れていってしまうでしょう。

レンタルサーバーの安定性を確認する方法としては、

  • 稼働率の高さを確認する
  • 障害情報の頻度を確認する
  • 転送量の多さを確認する

などがあげられます。

安定したサイト運営を行っていくためにも、レンタルサーバーの安定性については事前に確認しておくようにしてください。

サポート体制が整っているレンタルサーバーを選ぶ

サポート体制が整っているレンタルサーバー

月額費用が安くてもサポート体制が充実しているレンタルサーバーを選ぶのがおすすめです。

サーバーは専門用語が多いため、何か分からないことがあったときにすぐに質問できる環境があったほうが安心できます。

特にサーバーの設定を間違えてしまうとサイトが表示されなくなってしまうこともあるため、サポートを利用する機会は意外と多いです。

あなたがWebの知識に詳しくないのであれば、メールやチャット、電話などサポート体制が整ったレンタルサーバーを選ぶようにしてください。

料金が安いレンタルサーバーおすすめ7社を徹底比較

プラン初期費用月額料金容量WordPress無料お試し期間安定性サポート体制自動バックアップ
コアサーバーCORE-MINI無料約220円200GB(SSD)30日間メール・チャット過去15日間
バリューサーバースタンダード2,200円約367円〜400GB(SSD)10日間メール過去15日間
ロリポップスタンダード無料約440円〜450GB(HDD)10日間メール・チャット・電話過去7日分(月額330円)
さくらのレンタルサーバースタンダード無料約425円〜300GB(SSD)14日間メール・電話過去8日分
スターサーバースタンダード1,650円約440円〜200GB(SSD)14日間メール×
クイッカライト無料約297円〜10GB(HHD)10日間メール203円/月
ラクサバラクラクベーシック1,650円約420円〜30GB(HHD)10日間メール過去1日分

※2024年2月現在

月額料金が安いおすすめのレンタルサーバー7社を上記の一覧表で比較しました。

できるだけ毎月のコストを抑えたいのであれば、上記の中からレンタルサーバーを選べば失敗することはないでしょう。

ここからそれぞれのレンタルサーバーについて詳しく解説していきます。

コアサーバー

コアサーバーのファーストビュー
サーバー名 CORESERVER(コアサーバー)
プラン CORE-MINI
初期費用 無料
月額料金 約220円〜
容量 200GB(SSD)
WordPress 簡単インストール機能あり
無料お試し期間 30日間
安定性
サポート体制 メール・チャット
自動バックアップ 過去15日分バックアップ

コアサーバーは月額料金が安いのにスペックが高い、コストパフォーマンスの良いレンタルサーバーになります。

月額220円〜という費用にも関わらず、200GB(SSD)のディスク容量があるため快適なサイト運営を行うことが可能です。

バックアップ機能も追加料金無しで利用することができるため、万が一データが消えてしまっても安心できます。

無料お試し期間も30日間と長めに設定されているので、じっくりと使用感を確かめてから本契約に進むことが可能です。

実際にコアサーバーを使った人の評判を調べてみると、「月額料金が安いのに表示速度が速いからコスパが良い」という声が多くありました。

ただし「CORE-MINI」プランだと後からプランを変更することができないため、もし将来的なサイトのアクセス増に対応したいのであれば「CORE-X」プラン(約390円~/月額)などの上位プランを選択したほうがよいでしょう。

コストパフォマンスの高いレンタルサーバーを探しているのであれば、ぜひコアサーバーを検討してください。

圧倒的コスパ!月額220円~

コアサーバー公式サイトをみる

バリューサーバー

バリューサーバーのファーストビュー
サーバー名 バリューサーバー
プラン スタンダード
初期費用 2,200円
月額料金 約367円〜
容量 400GB(SSD)
WordPress
無料お試し期間 10日間
安定性
サポート体制 メール
自動バックアップ 過去15日間

バリューサーバーはその名の通り月額料金が安いレンタルサーバーです。

格安サーバーの中ではスペックも高いため、小〜中規模サイトであれば問題なく運営することができるでしょう。

ただし、

  • 管理画面が使いにくい
  • データ転送量が少ない

など悪い評判もあったので、10日間の無料お試し期間の中で契約するかどうかの判断をした方が良いでしょう。

スペックやサポートの手厚さを重視するのであれば、同じ会社が運営するコアサーバーも合わせて検討してみてください。

月額183円!初心者向けレンタルサーバー

バリューサーバー公式サイトをみる

ロリポップ

ロリポップのファーストビュー
サーバー名 ロリポップ
プラン スタンダード
初期費用 無料
月額料金 約440円〜
容量 450GB(HDD)
WordPress
無料お試し期間 10日間
安定性
サポート体制 メール・チャット・電話
自動バックアップ 過去7日分(月額330円)

ロリポップは初心者でも簡単に利用できるレンタルサーバーです。

ライトプランであれば月額200円代から利用することができ、安さを重視するのであればおすすめできます。

サイトの規模が大きくなってくればプランを上げることもできるので、状況によって柔軟な対応ができるのも強みだと言えるでしょう。

管理画面も初心者向けに使いやすくなっているため、初めてレンタルサーバーを契約するなら最適。

ただしデータのバックアップ機能に関しては有料オプションとなってしまうため、注意してください。

さくらのレンタルサーバー

さくらのレンタルサーバーのファーストビュー
サーバー名 さくらのレンタルサーバー
プラン スタンダード
初期費用 無料
月額料金 約425円〜
容量 300GB(SSD)
WordPress
無料お試し期間 14日間
安定性
サポート体制 メール・電話
自動バックアップ 過去8日分

さくらのレンタルサーバーは老舗のネット企業が運営するレンタルサーバーです。

1996年から運営している老舗企業なので、大手企業のレンタルサーバーを選びたい人には最適だと言えるでしょう。

実際にさくらサーバーを使った人の評判を見てみても、管理画面が使いやすかったという声が多かったです。

ただし同一サーバー内でのプラン変更ができなかったり、マルチドメイン数が少なかったりとデメリットもあります。

スペックの高さや柔軟性を求めているのであれば、別のレンタルサーバーを検討するのもありかもしれません。

スターサーバー

スターサーバーのファーストビュー
サーバー名 スターサーバー
プラン スタンダード
初期費用 1,650円
月額料金 約440円〜
容量 200GB(SSD)
WordPress
無料お試し期間 14日間
安定性
サポート体制 メール
自動バックアップ ×

スターサーバーとはネットオウル株式会社が運営するレンタルサーバーです。

他のレンタルサーバーに比べて月額料金が安いのが特徴で、ライトプランであれば月額220円〜利用することもできます。

格安サーバーの中ではディスク容量も余裕を持った設定になっているため、小〜中規模のブログやサイト運営であれば問題なく運用することができるでしょう。

ただし自動バックアップ機能には対応していないため、データを自分でバックアップしておかなければいけない点がデメリットです。

他のレンタルサーバーと比べて仕様が異なるという声もあったため、もしかすると初心者にとってあまり使用感が良くない可能性があるので注意してください。

クイッカ

クイッカのファーストビュー
サーバー名 クイッカ
プラン スタンダード
初期費用 無料
月額料金 約539円〜
容量 30GB(HHD)
WordPress
無料お試し期間 10日間
安定性
サポート体制 メール
自動バックアップ 203円/月

クイッカは月額料金が安い格安レンタルサーバーです。

レンタルサーバーでは珍しくIPアドレス分散に対応しているため、一人で複数のサイトを運営するのであれば最適だと言えるでしょう。

ただしディスク容量が30GBと極端に少ないので、サイトの規模が大きくなっていくと表示速度の遅さを感じるかもしれません。

また、実際に使用した人の声としてチャットや電話でのサポートが用意されていないのが不安だったという声がありました。

自動バックアップも有料オプションとなってしまうため、サーバーの機能としてはあまりおすすめできないと言えます。

ラクサバ

ラクサバのファーストビュー
サーバー名 ラクサバ
プラン ラクラクベーシック
初期費用 1,650円
月額料金 約420円〜
容量 30GB(HHD)
WordPress
無料お試し期間 10日間
安定性
サポート体制 メール
自動バックアップ 過去1日分

ラクサバはRebyc株式会社が運営する格安レンタルサーバーです。

プランの種類が豊富に用意されており、あなたに合ったプランを選べるのが特徴になります。

ただしディスク容量やメモリなどのスペックが低いため、本格的なWordPressブログを運営するのであればあまりおすすめできません。

実際にラクサバを使った人の声を見てみても、夜間などアクセスが集中する時間帯には速度が遅くなるといった悪い評判がありました。

またバックアップも過去1日分のみなので、万が一データが消えてしまったときの保険としては心もとないと言えるでしょう。

月額料金が安い格安レンタルサーバーの注意点

格安レンタルサーバーの注意点
  • サポートが充実していない
  • メールアカウント数が少ない
  • WordPressが使えない
  • ディスク容量などスペックが低い

月額料金が安い格安サーバーを選ぶ際の注意点は上記の通り。

いくら毎月の費用を安く抑えられたとしても、サイトの表示速度が遅ければブログ運営を続けるのが難しくなってしまいます。

またサーバーはWebの専門知識がないと分からない部分も多いため、特に初心者であればサポートが充実している会社の方が安心です。

コアサーバーのCORE-MINIプランは毎月のコストを安く抑えながら、スペックやサポート体制においても充実したコストパフォーマンスの高いレンタルサーバーになっています。

月額費用を安く抑えつつ機能面でも妥協したくないという人は、ぜひコアサーバーのCORE-MINIプランをチェックしてみてください。

ドメイン取得ならValue Domain

料金が安いレンタルサーバーに関するQ&A

料金が安いレンタルサーバーに関するQ&A
  • 無料で利用できるレンタルサーバーはある?
  • 法人におすすめのレンタルサーバーは?
  • サーバーとパソコンの違いとは?

月額料金が安いレンタルサーバーに関する良くある疑問は上記の通り。

ここからそれぞれの疑問について詳しく解説していきます。

無料で利用できるレンタルサーバーはある?

無料で利用できるレンタルサーバー

無料で利用できるレンタルサーバーは上記の通り。

上記のようなレンタルサーバーを利用すれば、月額料金を払わずにレンタルサーバーを利用することが可能です。

ただし最低限のスペックしか搭載されていなかったり、サポートが用意されていないなどのデメリットもあります。

本格的なブログやサイト運営を行いたいと考えているのであれば、多少の費用がかかっても有料サーバーを選んだほうが良いでしょう。

無料のレンタルサーバーについては下記の記事でも解説しているので、こちらもぜひ参考にしてください。

法人におすすめのレンタルサーバーは?

法人用のおすすめレンタルサーバーは上記の通り。

企業や組織がWebサイトやブログの運営を行う場合、性能やセキュリティ面でより高いスペックが求められます。

上記にあげたレンタルサーバーは月額費用がやや高いものの、複数のサイトを運営可能なスペックを備えており、法人利用にも最適です。

法人としてブログサイトの運営を検討しているのであれば、上記のようなサーバーを検討してみてください。

サーバーとパソコンの違いとは?

  サーバー パソコン
スペック 高い 低い
安定性 高い 低い
耐久性 高い 低い
機能数 少ない 多い

サーバーとパソコンの違いについて上記の表にまとめました。

サーバーは多くの人が同時にアクセスしたり24時間稼働し続けることが想定されるため、中身のパーツや外部の箱に高いスペックや耐久性が求められます。

一般的なパソコンの場合には多くの人がアクセスしたり24時間稼働し続けるといった使い方は想定されないため、使われる部品や外側の箱も一般的なものが使用されることが多いです。

サーバーとパソコンはそれぞれ使用用途が異なるため、構成も異なるということは覚えておきましょう。

サーバーの仕組みや役割、種類については下記の記事でも解説しているので、こちらもぜひ参考にしてください。

まとめ:料金が安いレンタルサーバーを選んでみましょう

ここまで月額料金の安いレンタルサーバーについておすすめを紹介してきました。

毎月の費用を抑えてレンタルサーバーを利用できるのは非常に魅力的ですが、スペックやサポート面を考慮して選ばないと後で後悔してしまう可能性も。

月額料金と機能面やサポートのバランスを考えてレンタルサーバーを選ぶのがおすすめです。

コアサーバーであれば月額料金を安く抑えつつ、スペックやサポート面も充実した内容となっています。

WordPress簡単インストール機能も搭載されているため、これからブログ運営を始めたいと考えている人にも最適です。

コストパフォーマンスの高いレンタルサーバーを選びたいのであれば、ぜひコアサーバーを検討してみてください。

▽キャンペーン開催中!
コアサーバーでは、
ドメインの更新費が永年無料(年間最大3,124円お得)になるサーバーセット割キャンペーンを実施中です。
是非、お得なこの機会にご利用ください! 最新のキャンペーンはこちらから
超高速化を実現するレンタルサーバー CORESERVER
この記事を監修した人
左川善章
左川 善章

GMOデジロック インフラエンジニア
ボケもツッコミも下手な関西人。Windows98で動作するWebサーバーを使用した自宅サーバー構築から初めて、紆余曲折を経て今に至る。
▽登壇実績
https://ct-study.connpass.com/event/55305/
https://gmohoscon.connpass.com/event/102401/

Posted by admin-dev


おすすめ関連記事

service

Value Domain
ドメイン取得&レンタルサーバーなら
Value Domain
ドメイン登録実績600万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。
目次へ目次へ