法人向けレンタルサーバーおすすめ7社を徹底比較!個人向けとの違いも解説

2024年2月7日サーバー

法人向けレンタルサーバーおすすめ7社

会社のホームページ作成やメールアドレスの作成のために法人向けのレンタルサーバーを探しているけれど、どのレンタルサーバーを選んでいいかわからないという人も多いのではないでしょうか?

法人向けに特化したレンタルサーバーを選ぶ際は、セキュリティや稼働安定性、サポート対応など注意すべき点が多くあります。法人に適したレンタルサーバーを選ばないとビジネスの機会損失につながりかねません。

そこで本記事では、法人向けレンタルサーバーの中でも特におすすめのものを徹底比較しました。

法人向けレンタルサーバーの選び方や個人向けとの違いも解説するので、これからレンタルサーバーを選びたいと考えている企業の方はぜひ参考にしてください。

今すぐにおすすめのレンタルサーバーを知りたい人は、下記リンクより確認できます。

今すぐおすすめの法人向けレンタルサーバーをチェックする>>

圧倒的コスパ!月額220円~

コアサーバー公式サイトをみる

法人向けレンタルサーバーの選び方

法人向けレンタルサーバーの選び方
  1. 自社に合った仕様や性能を選ぶ
  2. 稼働率の高いサーバーを選ぶ
  3. セキュリティレベルの高いサーバーを選ぶ
  4. 共用サーバーか専用サーバーかを選ぶ
  5. サポート体制が整っている

法人向けレンタルサーバーの選び方は上記5つです。

上記のポイントを意識してレンタルサーバーを選べば、失敗する確率を減らせるでしょう。

ここからそれぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

自社に合った仕様や性能を選ぶ

法人向けレンタルサーバーを選ぶ際には、会社規模や利用用途に応じた容量、メールアドレス数、ドメイン設定数、データベース数などの仕様やWebの表示スピードなどの性能を備えているかどうかを確認しましょう。

レンタルサーバーの容量とは「Web領域」と「メール領域」に分かれ、特に記載がない場合、Web領域とメール領域の合計を示します。
「Web領域」は、Webサイト内のテキストや画像データを保管するスペースのことで、容量が足りないとWebサイトを正常に表示できない可能性があります。
「メール領域」は、メールのデータを保管する領域のことです。メールを送受信する人数が多い法人利用の場合は、特にメール領域を多く確保する必要があります。

法人の場合は10〜100GBが目安とされていますが、企業規模や運営するWebサイトの種類によって必要な容量は変わってくるでしょう。

事業規模ごとのレンタルサーバー容量の目安について下記でまとめたので、こちらも参考にしてください。

  従業員数 容量目安
会社HPの運営 10名以下 10〜100GB
会社HP、ECサイト運営 11名以上 100〜300GB

適切な容量を備えたレンタルサーバーを選ばないとホームページが正常に動かなくなるなどのビジネスの機会損失が発生してしまうため、注意が必要です。そのためプラン変更が可能かどうかもチェックするようにしましょう。

法人向けレンタルサーバーの場合、メールアドレス数・ドメイン設定数・データベース数が無制限で利用できるところが多いのですが、制限がある場合は自社の規模にあっているか確認が必要です。

また法人利用の場合、ビジネスの機会損失につながらないようWEBサイトの表示スピードや高負荷時の安定性も重要なポイントになります。超高速Webサーバーと言われる「LiteSpeed」などを採用しているかどうかもチェックしましょう。

稼働率の高いサーバーを選ぶ

法人向けのレンタルサーバーを選ぶ際には、稼働率の高いサーバーを選ぶことも重要になります。

稼働率とは一定期間内にサーバーが安定稼働している割合のことで、稼働率が100%に近いほど安定したWebサイト運営が可能です。

レンタルサーバーは数多くの種類がありますが、稼働率100%というサーバーはほぼなく、稼働率99%であれば安定した稼働が保証されたレンタルサーバーだと言えるでしょう。

特に法人としてWebサイトを運営する場合には多くのアクセスが見込まれるため、できるだけ稼働率の高いサーバーを選ぶようにしてください。

セキュリティレベルの高いサーバーを選ぶ

セキュリティレベルの高いサーバー

法人としてレンタルサーバーを契約するのであれば、セキュリティレベルの高いサーバーを選ぶのも重要になります。

Webサイトが悪意のある第三者からの攻撃を受けた場合、セキュリティレベルが低いと情報漏洩やサイトの改ざんに繋がってしまうからです。

レンタルサーバーのセキュリティ対策としては下記のようなものがあげられます。

  • SSL機能
  • WFA(ファイアウォール)
  • メールのスパム・ウイルスチェック
  • 24時間365日の監視
  • 自動バックアップ
  • Imunify360などの最新セキュリティソフト

ビジネスの機会損失を予防するという意味でも、できるだけセキュリティレベルが高いレンタルサーバーを選ぶようにしてください。

共用サーバーか専用サーバーかを選ぶ

法人向けレンタルサーバーを選ぶ際には、共有サーバーか専用サーバーかを決めるようにしてください。

共有サーバーか専用サーバーかどちらを選ぶかによって、コスパや安定性、カスタマイズの自由度が変わってくるからです。

共有サーバーと専用サーバーの特徴について下記の表にまとめたので、こちらも参考にしてください。

  共有サーバー 専用サーバー
仕組み 1台のサーバーを複数のユーザーで共用使用する 1台のサーバーをユーザーが独占して使用する
月額料金 安い 高い
カスタマイズの自由度 低い 高い
運用安定性 低い 高い

できるだけサーバーコストを抑えたいのであれば共有サーバー、多少コストがかかっても安定性やカスタマイズの自由度を優先したいのであれば専用サーバーを選ぶのがおすすめです。

サポート体制が整っている

サポート体制が整っているレンタルサーバー

法人向けレンタルサーバーを選ぶのであれば、サポート体制が整っている会社を選ぶようにしましょう。

大規模なサイトになるとそれだけアクセス数も増えるため、サーバー関係でのトラブルが発生することを想定してサポートが充実したレンタルサーバーが最適です。

  • 24時間メールサポート
  • 電話サポート
  • 土日トラブル対応

などがサポート体制が充実したレンタルサーバーを選べば、緊急トラブルが起こった際にも対処できるでしょう。

自社だけで問題を解決できない可能性を想定し、サポート体制が充実したレンタルサーバーを選ぶのがおすすめです。

法人向けレンタルサーバーおすすめ7選を徹底比較

プランサーバー種類初期費用月額料金(12ヶ月契約)ディスク容量稼働率転送量WordPressサポート体制無料お試し期間バックアップ
コアサーバーCORE-Y共用1,650円(税込)
ドメイン同時申し込みで無料
858円(税込)500GB99.99%以上無制限メール
ライブチャット
30日間過去15日分
iCLUSTA+ by GMOレギュラー共用5,500円(税込)1,551円(税込)500GB100%保証無制限メール
電話
30日間有料オプション
エックスサーバービジネススタンダード共用16,500円(税込)4,180円(税込)300GB99.99%以上無制限メール
電話
10日間過去14日分
CPIレンタルサーバービジネススタンダード共用無料4,840円(税込)500GB99.98%以上無制限メール10日間過去3日分(有料)
カゴヤ・ジャパン・レンタルサーバーライト仮想専用無料4,950円(税込)300GB99.99%以上無制限メール
ライブチャット
14日間過去1日分
さくらレンタルサーバービジネス共用無料2,183円(税込)600GB99.99%以上無制限メール
ライブチャット
電話
14日間過去8日分
ABLENETレンタルサーバープレミアム共用無料1,585円(税込)500GB99.99%以上無制限メール10日間過去14日分

←表は横スクロールできます→

法人向けレンタルサーバーの中でも特におすすめの7社を上記の一覧表で徹底比較しました。

自社Webサイトを運用するレンタルサーバーを探しているのであれば、上記の中から選べば大きく失敗することはないでしょう。

ここからそれぞれのレンタルサーバーについて1つずつ詳しく解説していきます。

コアサーバー

コアサーバーのファーストビュー
サービス名 コアサーバー
プラン CORE-Y
サーバー種類 共用
初期費用 1,650円(税込)
ドメイン同時申し込みで無料
月額料金(12ヶ月契約) 858円(税込)
ディスク容量 500GB
稼働率 99.99%以上
転送量 無制限
WordPress
サポート体制
  • メール
  • ライブチャット
無料お試し期間 30日間
自動バックアップ 過去15日分

コアサーバーは、WEBサイトの表示スピード・セキュリティ・稼働率のバランスがとれたコストパフォーマンス抜群の法人向けレンタルサーバーです。

他社に比べてコストパフォーマンスが最も高いため、毎月のサーバーコストを抑えたい中小企業であれば最適なレンタルサーバーです。

ディスク容量も500GBと大容量なので、大規模なオウンドメディアやECサイト運営でも対応可能です。ディスク容量が足りなくなったときに後からプランをアップグレードすることもできるため、自社の成長に合わせたプランを選べるのも魅力だと言えるでしょう。

コアサーバーV2プランは、AIを利用した次世代型のセキュリティ対策機能であるImunify360や超高速Webサーバー「LiteSpeed」を導入しているのでセキュリティ面・WEBサイトの表示速度の面でも安心してご利用いただけます。

コアサーバーV2プランと同時にドメインを申し込むと、“自動”でサイトの表示まで設定する初心者おすすめの機能も搭載しています。従来のレンタルサーバーのような難しい設定が不要なので会社のホームページを自分で作りたいけれど設定に自信がないという方にもお勧めです。

業界最高水準のスペック搭載のCORE-Zプランは、古くからのユーザー様が多く、高トラフィックのサイトでも安定運用頂いてる実績があります。

今ならコアサーバーV2プランと同時にドメインを契約することで、毎年かかるドメインの更新費用を永久無料にできるキャンペーンを開催中です。

サーバーと合わせてドメインの維持管理コストを抑えたいのであれば、ぜひコアサーバーをチェックしてください。

コアサーバーV2プランとドメインのセット申し込み詳細はこちら>>


コアサーバーの詳細はこちら>>

iCLUSTA+ by GMO

iCLUSTA+ byGMOのファーストビュー
サービス名 iCLUSTA+ by GMO
プラン レギュラー
サーバー種類 共用
初期費用 5,500円(税込)
月額料金(12ヶ月契約) 1,551円(税込)
ディスク容量 500GB
稼働率 100%保証
転送量 無制限
WordPress
サポート体制 メール
電話
無料お試し期間 30日間
自動バックアップ 有料オプション

iCLUSTA+ by GMOは小規模HPの運用に適した法人向けレンタルサーバーです。

性能や機能面では他社サーバーに劣るものの、法人向けレンタルサーバーとしてはかなり安価に利用できるのが強みになります。

ただし、バックアップやセキュリティなどの機能を利用するとオプション料金がかかってしまうため注意が必要です。

もしバックアップやセキュリティ機能を求めているのであれば、他社サーバーを選んだほうがコストパフォーマンスが高いかもしれません。

レンタルサーバーにどのような機能を求めるかをあらかじめ決めておき、利用するオプションを見極めるようにしましょう。

iCLUSTA+の詳細はこちら>>

エックスサーバービジネス

エックスサーバービジネスのファーストビュー
サービス名 エックスサーバービジネス
プラン スタンダード
サーバー種類 共用
初期費用 16,500円(税込)
月額料金(12ヶ月契約) 4,180円(税込)
ディスク容量 300GB
稼働率 99.99%以上
転送量 無制限
WordPress
サポート体制 メール
電話
無料お試し期間 10日間
自動バックアップ 過去14日分

エックスサーバービジネスは法人向けに特化したサーバーサービスです。

国内シェア率が高いエックスサーバーのビジネス版ということで、安心感・信頼感があるという理由で選ばれています。

ただしスペックに対する初期費用・月額費用が割高なので、コストパフォーマンスを重視するのであればあまりおすすめできません。

費用がかかってもいいから安心して利用できる法人向けレンタルサーバーを使いたいという人はエックスサーバービジネスを検討してください。

エックスサーバービジネスの詳細はこちら>>

CPIレンタルサーバー

CPIレンタルサーバーのファーストビュー
サービス名 CPIレンタルサーバー
プラン ビジネススタンダード
サーバー種類 共用
初期費用 無料
月額料金(12ヶ月契約) 4,840円(税込)
ディスク容量 500GB
稼働率 99.98%以上
転送量 無制限
WordPress
サポート体制 メール
無料お試し期間 10日間
自動バックアップ 過去3日分(有料)

CPIレンタルサーバーはKDDIグループが提供する法人向けレンタルサーバーです。

重要度の高いビジネスで広く活用されており、官公庁や公共機関のような大規模サイトでも利用されています。

オプションで24時間365日サポートに対応しているため、緊急トラブルが発生した際でも安心して対応できるのが魅力です。

ただし月額費用はかなり高めなので、小規模なWebサイト運営のみを行っている企業の場合は割に合わないと感じる可能性もあるでしょう。

大規模サイトやECサイトなど、規模感の大きいWebサイト運営を行うのであればおすすめのレンタルサーバーだと言えます。

CPIレンタルサーバーの詳細はこちら>>

カゴヤ・ジャパン・レンタルサーバー

カゴヤ・ジャパン・レンタルサーバーのファーストビュー
サービス名 カゴヤ・ジャパン・レンタルサーバー
プラン ライト
サーバー種類 仮想専用
初期費用 無料
月額料金(12ヶ月契約) 4,950円(税込)
ディスク容量 300GB
稼働率 99.99%以上
転送量 無制限
WordPress
サポート体制
  • メール
  • ライブチャット
無料お試し期間 14日間
自動バックアップ 過去1日分

カゴヤ・ジャパン・レンタルサーバーは20年の事業実績を持つ老舗のサーバー会社です。

セキュリティやサポート、障害への耐性など目に見えない部分でのサービスが充実しているサーバーではありますが、スペックや機能面に関しては他社サーバーと比べて突出しているとは言えないでしょう。

レンタルサーバーのセキュリティやサポート対応を重視するのであればカゴヤ・ジャパン・レンタルサーバーを選ぶのもありですが、スペックだけを比較してコストパフォーマンスの高いレンタルサーバーを選ぶのもおすすめです。

自社で重視する機能を見極めて、最適なレンタルサーバーを選ぶようにしてください。

カゴヤ・ジャパン・レンタルサーバーの詳細はこちら>>

さくらレンタルサーバー

さくらレンタルサーバーのファーストビュー
サービス名 さくらレンタルサーバー
プラン ビジネス
サーバー種類 共用
初期費用 無料
月額料金(12ヶ月契約) 2,183円(税込)
ディスク容量 600GB
稼働率 99.99%以上
転送量 無制限
WordPress
サポート体制
  • メール
  • ライブチャット
  • 電話
無料お試し期間 14日間
自動バックアップ 過去8日分

さくらレンタルサーバーは創業20年超の老舗サーバー会社です。

2023年時点で国内第3位のシェア率を誇っており、多くのユーザーが利用しているレンタルサーバーとなっています。

世界のウェブホスティング市場シェア2023のデータ
世界のウェブホスティング市場シェア2023


さくらレンタルサーバーにはさまざまなプランがありますが、法人として利用するのであればビジネスプランがおすすめです。

スペック的に最も良いサーバーというわけではありませんが、老舗のレンタルサーバーを使いたいという人は検討してみましょう。

さくらレンタルサーバーの詳細はこちら>>

ABLENETレンタルサーバー

ABLENETレンタルサーバーのファーストビュー
サービス名 ABLENETレンタルサーバー
プラン プレミアム
サーバー種類 共用
初期費用 無料
月額料金(12ヶ月契約) 1,585円(税込)
ディスク容量 500GB
稼働率 99.99%以上
転送量 無制限
WordPress
サポート体制 メール
無料お試し期間 10日間
自動バックアップ 過去14日分

ABLENET(エイブルネット)レンタルサーバーは、2023年3月に大幅リニューアルをした法人向けサーバーです。

Webサーバーに軽量・高速なLiteSpeedを採用しており、Webサイトを高速で表示させることができます

ただしサポートに関してはメールのみとなっているため、ライブチャットや電話ですぐに対応してほしい人にとってはやや不安要素が残るかもしれません。

エックスサーバービジネスやCPIレンタルサーバーと比べるとコストパフォーマンスが高いため、できるだけ安くサーバーを運用したいのであれば検討してください。

ABLENETレンタルサーバーの詳細はこちら>>

法人向けレンタルサーバーと個人向けとの違い

法人向けレンタルサーバーと個人向けとの違い
  1. 稼働安定性
  2. セキュリティ面
  3. 初期費用・月額料金

法人向けレンタルサーバーと個人向けとの違いは上記3つ。

法人ユーザー向けと個人ユーザー向けでは同じレンタルサーバーでも違いがあるため、事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

ここからそれぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

稼働安定性

法人向けレンタルサーバーと個人向けの違いとして、稼働安定性があげられます。

稼働安定性とはサーバーがどれだけ安定して稼働しているかという部分であり、稼働安定性が高ければサーバーダウンなどのトラブルが少ないということです。

特に法人としてレンタルサーバーを利用するのであれば、できるだけ稼働安定性が高いサーバーを選んだほうがビジネスの機会損失を減らせるでしょう。

法人としてレンタルサーバーを契約するのであれば、稼働安定性の高いサーバーを選ぶようにしてください。

セキュリティ面

セキュリティ面で優れているのも法人向けレンタルサーバーの特徴になります。

法人の場合には重要な顧客情報や企業情報をサーバー内で管理するため、悪意のある第三者からデータを守るためにより強固なセキュリティが求められるからです。

例えばコアサーバーV2プランの場合、Imunify360というセキュリティ機能を採用しています。

Imunify360は過去に検知されたウイルスだけでなく未知のウイルスに対しても対抗できるため、より強固なセキュリティを構築可能です。

自社サイトからの情報漏洩やサイト改ざんを防ぎたいと考えているのであれば、できるだけセキュリティ機能の高いレンタルサーバーを利用しましょう

Webサイトのセキュリティ対策について詳しく知りたい方は、下記ページもぜひ参考にしてください。

初期費用・月額料金

法人向けレンタルサーバーと個人向けとの違いとして、初期費用や月額料金があげられるでしょう。

法人向けレンタルサーバーは個人向けと比べてスペックが高いので、初期費用や月額料金が高くなる傾向があります。

また法人向けレンタルサーバーはサポート体制が手厚いため、その分だけ導入にかかる費用が高くなってしまうということも考えられるでしょう。

オプションを付けたり機能を増やせばその分コストも上がってしまうため、自社に必要な機能を厳選してレンタルサーバーを選ぶのがおすすめです。

法人向けレンタルサーバーに関するQ&A

法人向けレンタルサーバーに関するQ&A
  • 中小企業向けレンタルサーバーのおすすめは?
  • 個人向けレンタルサーバーのおすすめは?
  • WordPress初心者におすすめのレンタルサーバーは?

法人向けレンタルサーバーに関するよくある疑問は上記の通り。

ここからそれぞれの疑問について詳しく解説していきます。

中小企業向けレンタルサーバーのおすすめは?

中小企業向けにおすすめのレンタルサーバーは上記の通りです。

中小企業の場合には大企業ほど大量のアクセスが発生しない可能性が高いので、スペックの高いサーバーは必要ないケースが多くなります。

上記であげたレンタルサーバーであれば、コストパフォーマンスも高く中小企業でも安心して利用できるでしょう。

個人向けレンタルサーバーのおすすめは?

個人ユーザー向けにおすすめのレンタルサーバーは上記の通り。

特にコアサーバー、ロリポップはコストパフォーマンスが高いため、毎月のサーバー費用を抑えたいと考えている人には特におすすめです。

エックスサーバーは多少コストが高いですが、安定性が高く無難にWebサイト運営を行いたい人には最適だと言えるでしょう。

個人としてWebサイトを運営したいと考えているのであれば、上記のようなレンタルサーバーを選んでください。

初心者向けにおすすめのレンタルサーバーに関しては下記の記事でも解説しているため、こちらもぜひ参考にしてください。

WordPress初心者におすすめのレンタルサーバーは?

WordPress初心者におすすめのレンタルサーバーは上記の通り。

上記のレンタルサーバーにはWordPress自動インストール機能が搭載されており、複雑な設定を行うことなくWordPressをインストール可能です。

特にこれからWordPressを初めて立ち上げる初心者の方であれば、できるだけ簡単にWordPressをインストールできるレンタルサーバーを選んだほうが良いでしょう。

WordPressに適したおすすめのレンタルサーバーについては下記の記事でも詳しく解説しているので、こちらもぜひ参考にしてください。

まとめ:法人向けレンタルサーバーのおすすめを選びましょう

ここまでおすすめの法人向けレンタルサーバーについて詳しく解説してきました。

法人向けレンタルサーバーは個人向けと比べてより高いスペックや安定性、セキュリティ機能が求められるため、慎重に種類やプランを選ぶ必要があります。

スペックの低いレンタルサーバーを選んでしまうとサーバーダウンによってビジネスの機会損失が発生する可能性があるため、自社の運用状況に合ったレンタルサーバーを選ぶようにしましょう。

コアサーバーV2 CORE-Yプランは、スピード・セキュリティ・稼働率のバランスがよく法人向けとして十分なスペックを兼ね備えています。抜群のコストパフォーマンスで中小企業におすすめのレンタルサーバーですです。

ディスク容量も500GBと大容量であり、大規模なオウンドメディアやECサイト運営を行う際にも安定した稼働ができるでしょう。

今ならコアサーバーV2プランとドメインを同時に契約すると、毎年かかるドメインの更新費用を永久無料にできるキャンペーンを開催しています。

サーバーだけでなくドメインの維持管理コストを抑えたいと考えているのであれば、ぜひコアサーバーを検討してください。

コアサーバーV2プランの詳細はこちら>>
▽キャンペーン開催中!
コアサーバーでは、
ドメインの更新費が永年無料(年間最大3,124円お得)になるサーバーセット割キャンペーンを実施中です。
是非、お得なこの機会にご利用ください! 最新のキャンペーンはこちらから
超高速化を実現するレンタルサーバー CORESERVER
この記事を監修した人
左川善章
左川 善章

GMOデジロック インフラエンジニア
ボケもツッコミも下手な関西人。Windows98で動作するWebサーバーを使用した自宅サーバー構築から初めて、紆余曲折を経て今に至る。
▽登壇実績
https://ct-study.connpass.com/event/55305/
https://gmohoscon.connpass.com/event/102401/

Posted by admin-dev


おすすめ関連記事

service

Value Domain
ドメイン取得&レンタルサーバーなら
Value Domain
ドメイン登録実績600万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。
目次へ目次へ