Google SGEとは?使い方やSEOへの影響、対策方法を解説

AIライティング

Google SGEとは?使い方やSEOへの影響、対策方法を解説

SGEとは、Google検索エンジンに新たに搭載された生成AIによる回答生成機能です。

SGEによって、検索結果の一番上に生成AIによる回答が表示される仕組みになっています。

そこで本記事では、GoogleのSGEとは何なのか?使い方やSEOへの影響、対策方法について詳しく解説していきます。

SGEの実装によって検索エンジンを活用したWebマーケティングは大きく変わると予想されるため、今のうちにSGEへの理解を深めておきましょう。

またSEOコンテンツ作成でSGE対策を行いたいのであれば、Value AI Writerのツールを活用するのがおすすめです。

Value AI WriterはSEOに特化したAIライティングツールであり、高品質なSEO記事を短時間で作成できます。

SGE対策においても効果が期待できるツールとなっているので、今からSGE対策を始めたいのであればぜひチェックしてください。

Value AI Writerの公式サイトはこちら>>

SGEとは

SGEとは「Search Generative Experience」の略称であり、Google検索結果に生成AIが作成した回答を表示させてユーザーの検索体験を向上させる機能です。

SGEによって検索クエリに対する回答が長文で表示され、さらに追加の質問をAIに行えばより詳細な回答が得られます。

Googleは2023年5月10日にKeynoteでSGEについて発表しました。

ちなみにGemini(旧Bard)はGoogleが開発した対話型生成AIサービスであり、ChatGPTと類似したサービスとなっています。

恐らくGeminiで利用されている生成AI技術がSGEにも応用されていると考えられるでしょう。

SGEの機能

SGEの機能
  1. AIが生成した回答を検索結果のトップに表示する
  2. 会話型AIによって詳細な情報を得られる

SGEの主な機能としては、上記2つがあげられます。

ここからそれぞれの機能について、1つずつ詳しく解説していきます。

AIが生成した回答を検索結果のトップに表示する

SGEの機能として、検索クエリに対する回答をAIが検索トップに表示させるのがあげられます。

Googleが保有する膨大な情報データベースを元に、AIが自動的に回答を出力しています。

例えば検索エンジンで「SGE」と検索すると、下記のような回答が得られます。

SGEの表示画面

SGEを活用すれば、普段の情報収集や商品検索においてより効率的に理解ができるようになるでしょう。

会話型AIによって詳細な情報を得られる

SGEでは生成AIが出力した回答に対して追加の質問を行えます。

例えば「SGE」で生成された結果の中にある「Google SGE 日本 いつから」という追加質問をクリックしてみましょう。

SGEの追加質問の画像

するとこのように、自動的に追加の質問に対する回答が表示されます。

SGEの追加質問に対する回答画面

まるで会話をしているように質問を行えるので、より自然な検索が可能になっています。

今までは追加で知りたいことがあった場合には再度検索窓にキーワードを入力する必要がありましたが、SGEでは追加の質問をクリックするだけで効率的に検索を行えます。

SGEとSEOの違い

SGEとSEOの違い
SGE 検索結果に搭載された生成AIを活用した新機能
SEO Webサイトを検索結果の上位に表示させ、アクセス数を増やすための取り組み

SGEはSEOの違いについて、上記の比較表にまとめました。

SGE(Search Generative Experience)とはGoogle検索エンジンに搭載された新機能であり、検索クエリに対する回答を生成AIが出力してくれます。

対してSEO(Search Engine Optimization)は、Webサイトを検索結果の上位に表示させることでアクセス数を増やすための取り組みです。

名称が似ているので混同してしまう人も多いと思いますが、上記のような違いがあるのを覚えておきましょう。

SGEの使い方

SGEの使い方について、

  • PCのChromeブラウザで利用する場合
  • スマホのGoogleアプリで利用する場合

のそれぞれを紹介します。

SGEを使うためにはいくつかの設定を行う必要があるので、本記事の内容を参考に設定を行ってください。

ここからPC、スマホそれぞれの使い方について1つずつ解説していきます。

PCのChromeブラウザで利用する場合

PCのChromeブラウザでSGEを利用する場合、まずはSearch Labsにアクセスしてください。

続いて、「SGEを有効にすると、検索時に表示されることがあります」のボタンをオンにします。

PCでのSGE有効化ボタン

これでGoogle検索画面でSGEが表示されるようになります。

スマホのGoogleアプリで利用する場合

スマホのGoogleアプリでSGEを利用する場合、まずはSearch Labsにアクセスしてください。

続いて、「SGEを有効にすると、検索時に表示されることがあります」のボタンをオンにします。

スマホでのSGE有効化ボタン

これでスマホのGoogleアプリでも検索画面でSGEが表示されるようになりました。

SGEがSEOに与える影響

SGEがSEOに与える影響
  1. Webサイトへのアクセスが減少する
  2. コンテンツ作成におけるE-E-A-Tの重要性が増す
  3. 生成AIの回答に選ばれるサイトがアクセスを集めやすくなる

SGEがSEOに与える影響として上記3つがあげられます。

現在SEOでWebサイトのアクセスを集めている人にとって、上記の影響によってアクセス数に変化がある可能性が高いです。

ここからそれぞれの影響について、1つずつ詳しく解説していきます。

Webサイトへのアクセスが減少する

SGEが検索結果のトップに表示されると、Webサイトへのアクセスが減少する可能性があります。

検索結果の1位に表示されているWebサイトの上にSGEが表示されるため、既存のアクセスがSGEに流れてしまうと考えられるからです。

Google の Search Generative Experience (SGE) で AI が生成した回答は、93.8% の確率で Google のオーガニック検索結果のトップ 10 のリンクと一致しません。

Search Engine Land

また上記の欧米圏の調査レポートでは、SGEでAIが生成した回答は93.8%の確率でGoogle検索結果トップ10のリンクと一致していないとのことでした。

SGEは既存のWebサイトの情報を参照して回答を作成しますが、必ずしも検索結果トップ10のリンクを参照にするわけではないようです。

そのため、今まで検索結果トップ10でアクセスを集めていたサイトがSGEの登場によってアクセスが減少する可能性があります。

コンテンツ作成におけるE-E-A-Tの重要性が増す

SGEの実装によって、コンテンツ作成におけるE-E-A-Tの重要性がさらに増すことが考えられます。

E-E-A-TとはGoogleがコンテンツを評価する際に重要視する指標であり、

  • 専門性(Expertise)
  • 経験(Experience)
  • 権威性(Authoritativeness)
  • 信頼性(Trustworthiness)

の頭文字を取ったものです。

Google は、新しい生成 AI 技術を活用した検索体験を導入するにあたり、責任ある慎重なアプローチをとっています。生成 AI と LLM には既知の制限があり、検索が常に正しく機能するとは限りません。

Google Japan Blog

上記のブログ記事に記載されているように、Googleも生成AIが作成するコンテンツの品質には改善の余地があると考えています。

そのため、より信頼性の高いコンテンツを作成するためにE-E-A-Tを踏まえて参照するページを決める可能性が高いです。

コンテンツのE-E-A-Tを高めることで、SGEのコンテンツ生成に選ばれる可能性が高まると考えられるでしょう。

生成AIの回答に選ばれるサイトがアクセスを集めやすくなる

AIの回答の参照となるWebサイトのアクセスが増加する可能性があります。

SGEでは0から回答を作成しているわけではなく、既存のWebサイトの内容を参考にして回答を出力しているからです。

どのようにしてGoogleが参照元のWebサイトを決めているかは分かりませんが、必ずしも検索トップ10のWebページから参照されるわけではないという調査結果もありました。

Google の Search Generative Experience (SGE) で AI が生成した回答は、93.8% の確率で Google のオーガニック検索結果のトップ 10 のリンクと一致しません。

Search Engine Land

今後はAIの参照元となるWebサイトがアクセスを集めやすくなる可能性が高いといえるでしょう。

SEOで重要になるSGE対策

SEOで重要になるSGE対策
  1. コンテンツ作成におけるE-E-A-Tを強化する
  2. FAQコンテンツを作成する
  3. 要約コンテンツを作成する
  4. 検索クエリタイプごとのSGE対策を行う
  5. ユーザーにもAIにも分かりやすいコンテンツを作成する

今後のSEOで重要になるSGE対策について、上記5つのポイントにまとめました。

SGEがさらに普及するのに備えて上記の対策を行っておけば、Webサイトのアクセス減少を防げるでしょう。

ここからそれぞれの対策について、1つずつ詳しく解説していきます。

コンテンツ作成におけるE-E-A-Tを強化する

SGE対策として考えられるのは、コンテンツ作成におけるE-E-A-Tを強化することです。

Google は、新しい生成 AI 技術を活用した検索体験を導入するにあたり、責任ある慎重なアプローチをとっています。生成 AI と LLM には既知の制限があり、検索が常に正しく機能するとは限りません。

Google Japan Blog

上記のブログ記事にあるように、Googleは生成AIが作成する回答に改良の余地があると考えています。

そのため自サイトのコンテンツにおけるE-E-A-Tを強化すれば、AIの回答の参照元となる可能性が高くなるでしょう。

コンテンツのE-E-A-Tを強化する方法としては、下記のようなポイントがあげられます。

  • 特定のジャンルに特化した情報発信を行う
  • 実際に体験した内容をコンテンツに取り入れる
  • ドメインパワーが高いサイトから被リンクを獲得する
  • 運営者情報を明記する

従来までのSEO対策でもE-E-A-Tは重要でしたが、SGEの登場によって重要性がさらに増したといえるでしょう。

FAQコンテンツを作成する

ページ内にFAQコンテンツを作成するのもSGE対策には重要になります。

SGEはユーザーの質問に答えるコンテンツをAIが作成する仕組みなので、FAQコンテンツとの親和性が高いと考えられるからです。

例えば下記のような内容をコンテンツ内に取り入れる施策が考えられます。

  • 定義に関する質問(例:SGEとは?)
  • やり方に関する質問(例:SGE対策の方法とは?)
  • 商品・サービスの選び方に関する質問(例:おすすめのAIライティングツールの選び方は?)

ページ内に質問と回答を掲載したコンテンツを作成すれば、SGEの参照元になる可能性が高まるでしょう。

要約コンテンツを作成する

ページ内にユーザーからの質問に対する要約コンテンツを作成するのもSGE対策に有効となります。

SGEはユーザーの質問に対する回答を短文で提供する傾向があるため、分かりやすく情報を要約したコンテンツが評価される傾向にあるからです。

ページ内にユーザーの質問に対する回答を要約したコンテンツを作成すれば、AIからの評価が高まる可能性が高いでしょう。

検索クエリタイプごとのSGE対策を行う

検索クエリタイプごとのSGE対策を行うのも有効になります。

検索クエリには下記4つのタイプがあり、それぞれ検索ユーザーが求めている回答が異なるからです。

  1. Buyクエリ(買いたい)
  2. Doクエリ(したい)
  3. Goクエリ(行きたい)
  4. Knowクエリ(知りたい)

各検索クエリタイプごとのSGE対策について、下記の表にまとめたのでこちらも参考にしてください。

Buyクエリ 商品・サービスの選び方や比較表を作成し、ユーザーの意思決定をサポートするコンテンツ作成を意識する。
Doクエリ 画像や動画を多用し、やり方が分かりやすいコンテンツ作成を意識する。
Goクエリ おすすめスポットを分かりやすくまとめたコンテンツ作成を意識する。
Knowクエリ ユーザーの知りたいことに対して短文でまとめた要約コンテンツを作成を意識する

上記のポイントを意識してコンテンツ作成を行えば、SGEの回答に選ばれる可能性が高まるでしょう。

ユーザーにもAIにも分かりやすいコンテンツを作成する

SGE対策として、ユーザーとAIの両者にとって分かりやすいコンテンツ作成を意識するのが重要になります。

コンテンツを読む読者が分かりやすいようにするのは当然重要ですが、GoogleのAIがページ内容を理解しやすいように作成するのも同じくらい大切です。

AIがページの内容を正しく理解できれば、それだけ生成AIが作成する回答の参照元に選ばれる可能性が高まるでしょう。

GoogleのAIが理解しやすいコンテンツ作成には、下記のポイントを意識してください。

  • タイトルや見出しタグを正しく設定する
  • メタディスクリプションを設定する
  • 文法ミスや表記ミスをなくす
  • 情報を参照する場合には参照元のURLを明記する
  • 他サイトにはない独自の情報を含める

Googleが評価するコンテンツの基準は上記以外にもありますが、まずは上記のポイントを意識してコンテンツ作成を行ってみましょう。

今後のSGE普及に向けて行うべき対策

今後のSGE普及に向けて行うべき対策
  1. メルマガやLINEによる情報発信
  2. SNSマーケティング
  3. YouTube配信

今後さらにSGEが普及するのに向けて行っておくべき対策は上記3つです。

SGEは現在試用期間中となっていますが、今後は生成AIの精度向上に伴ってさらに多くの検索クエリでSGEが表示される可能性が高いと考えられます。

今のうちに行っておくべき対策についてここから1つずつ紹介するので、ぜひ参考にしてください。

メルマガやLINEによる情報発信

SGE対策として考えられるのが、メルマガやLINEを使った情報発信です。

SEOはコンテンツを作成してユーザーが訪れるのを待つマーケティング手法であり、プル型マーケティングと呼ばれます。

対してメルマガやLINEは登録したユーザーに対してこちらから情報を提供できるため、プッシュ型マーケティングと呼ばれています。

今後SGEが普及するとSEO経由でのアクセス数が減少する可能性があるため、今のうちからメルマガやLINE登録をしてもらえばアクセス数が下がってもこちらからアプローチを行うことが可能です。

Webサイト内にメルマガやLINE登録を促すオファーを設置して、見込み客を集めておけばアクセス数減少の影響を最小限に抑えられるでしょう。

SNSマーケティング

SGEの普及によってアクセス数が減少した際に備えて、X(旧Twitter)やInstagramなどSNSマーケティングを行うのもおすすめです。

昨今は検索エンジンだけでなくXやInstagramで情報収集を行う人も増えています。

今のうちからSNSアカウントを開設して情報発信をしておけばSNS経由でのアクセスを集められるでしょう。

SEO経由のみでアクセス数を集めているとアクセスが減少したときにリカバリーが難しくなります。

複数のアクセス流入元を確保しておけばSEO経由でのアクセスが減っても影響を最小限に抑えられます。

SNSアカウントを開設して情報発信を行うのも、SGE対策として有効です。

YouTube配信

SGE対策として、YouTube配信を行うのも有効です。

昨今はYouTubeで情報収集を行うユーザーも増えているため、Webサイトで発信している内容を動画で発信すればYouTube経由でアクセスを増やせる可能性が高まります。

例えば下記のようなジャンルはYouTubeでの需要が高くなっています。

  • 美容
  • 商品レビュー
  • 漫画・アニメ
  • ゲーム
  • アウトドア

上記のようなジャンルのWebサイトを運営しているのであればYouTubeでのアクセスを集めやすいため、ぜひ挑戦してください。

SGE対策ならValue AI Writer byGMOがおすすめ

これからSGE対策を行いたいのであれば、AIによるSEOコンテンツ作成が可能なValue AI Writerがおすすめです。

Value AI Writerは最新のGPT4を使ったSEOコンテンツ作成が可能なAIライティングツールであり、短時間で高品質なSEOコンテンツを作成できます。

自サイトのSEOコンテンツ作成を効率よく行いたいのであれば、最適なツールだといえるでしょう。

またSGEは生成AIを活用したGoogle検索の新機能なので、同じAIを活用したValue AI Writerと相性が良いと考えられます。
今からAIライティングを導入しておけば、今後SGEが普及した際にも有利になってくるでしょう。

今なら5日間の無料お試しができるので、まずは無料でValue AI Writerを試してください。
[aiw_btn]

またコアサーバーV2プランをお申込みいただくと毎月1記事分無料でValue AI Writerをご利用いただけます。
これからホームページやブログの開設を検討している方は、ぜひコアサーバV2プランをご利用ください。

圧倒的コスパ!月額220円~

コアサーバー公式サイトをみる

SGEに関するQ&A

SGEに関するQ&A
  • SGEを有効にする方法は?
  • SGEが使えないときはどうすればいい?
  • SGEとBardの違いとは?

SGEに関するよくある疑問は上記の通りです。

ここからそれぞれの疑問について、1つずつ詳しく解説していきます。

SGEを有効にする方法は?

PCのChromeブラウザでSGEを有効にする方法
  1. Search Labsにアクセスする
  2. 「SGEを有効にすると、検索時に表示されることがあります」ボタンをオンにする
スマホのGoogleアプリでSGEを有効にする方法
  1. Search Labsにアクセスする
  2. 「SGEを有効にすると、検索時に表示されることがあります」ボタンをオンにする

SGEを有効にする方法について、PCとスマホそれぞれのやり方を上記にまとめました。

画像付きでSGE有効化の方法を確認したい人は、下記項目を参考にしてください。

SGEの使い方を確認する>>

SGEが使えないときはどうすればいい?

SGEが使えない場合、お使いのChromeブラウザやGoogleアプリでSGEが有効化されていない可能性が考えられます。

SGEの使い方を参考にしていただき、お使いのブラウザやアプリでSGEの有効化を行ってください。

必要なもの
Chrome ブラウザ Chrome(Chrome をダウンロード)。
18 歳以上である。
ご自身で管理する個人の Google アカウント。 現在のところ、Search Labs とその試験運用版は、Google Workspace for Education アカウントを含む Google Workspace アカウントではご利用いただけません。

Google検索ヘルプ

また、現在は有料のGoogle WorkspaceでSGEは使用できません。

SGEとBardの違いとは?

SGE 検索エンジンでの回答生成に強みがある。
Bard 検索エンジンとは独立したサービス。アイデア作成に強みがある。

SGEとBard(Gemini)の違いについて、上記の比較表にまとめました。

SGEはGoogle検索結果に表示される新機能であり、検索ユーザーへの回答生成に強みがあります。

対してBardは検索エンジンとは独立したサービスであり、対話型の生成AIです。

ChatGPTに類似したサービスとなっており、アイデア作成に強みがあります。

どちらもGoogleが提供するAIサービスなので混同しやすいですが、上記のような違いがあるので覚えておきましょう。

まとめ:SGEとはGoogleが生成AIによる回答を表示する機能

ここまでGoogle検索エンジンに新しく搭載されたSGEについて詳しく解説してきました。

SGEとはGoogleが生成AIによって回答を表示してくれる新機能であり、検索結果のトップに表示されます。

今後はSGEの影響によって、AIの回答に選ばれるWebサイトの評価が高まる可能性があるでしょう。

本記事で紹介したSGE対策を今のうちから実践しておけば、SGEによるWebサイトのアクセス減少の影響を最小限に抑えられるでしょう。

またコンテンツ作成でSGE対策を行うのであれば、Value AI Writerのツールがおすすめです。

Value AI Writerは最新のGPT4を活用したAIライティングツールであり、AI技術を活用してSEOコンテンツ作成を効率化できます。

今なら5日間の無料お試し期間があるため、無料でValue AI Writerを利用できます。

AIライティングツールの実力を試したいのであれば、ぜひValue AI Writerをチェックしてください。

Value AI Writerを5日間無料で試してみる>>

またコアサーバーV2プランをお申込みいただくと毎月1記事分無料でValue AI Writerをご利用いただけます。
これからホームページやブログの開設を検討している方は、ぜひコアサーバV2プランとあわせてValue AI Writerをお試しください。

ハイコストパフォーマンスSEO記事生成AIツール。Value AI Writer

▽キャンペーン開催中!
コアサーバーV2サーバーでは、
ドメインとサーバーの同時申し込みで初期費用無料&ドメインの更新費が永年無料年間最大3,124円お得になるサーバーセット割特典、
期間限定のV2サーバー20%OFF月額312円~)キャンペーン
を実施中です。
是非、お得なこの機会にご利用ください! 最新のキャンペーンはこちらから
超高速化を実現するレンタルサーバー CORESERVER
この記事を監修した人
石井知樹
石井 知樹

GMOデジロック データアナリスト
20代からECサイト運営・WEBマーケティング系の仕事を15年以上経験。最近は分析スキル向上のため機械学習・データサイエンスを勉強中。

Posted by admin-dev


おすすめ関連記事

service

Value Domain
ドメイン取得&レンタルサーバーなら
Value Domain
ドメイン登録実績600万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。
目次へ目次へ