SSLサーバー証明書とは?仕組みや種類について初心者にもわかりやすく解説

2023年8月22日セキュリティ

SSLサーバー証明書とはインターネット上でやり取りされるデータを暗号化することで、悪意のある第三者から個人情報が見られるのを防ぐ技術です。

SSL証明書についてなんとなくは理解していても、仕組みや種類についてはよく分からないという人も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、SSLサーバー証明書の仕組みとはどのようになっているのかを詳しく解説していきます。

SSL証明書の種類や取得方法についても紹介するので、SSL証明書について興味がある人はぜひ参考にしてください。

またコアサーバーV2プランであれば無料で簡単にSSL証明書を利用することが可能です。

無料でSSL証明書を利用したいと考えている人はぜひ検討してみてください。

コアサーバーの無料SSL設定方法はこちら>>

SSLサーバー証明書とは

SSLサーバー証明書とはインターネット上でやり取りされる個人情報などの通信データを暗号化するための技術です。

暗号化されたデータはSSLサーバー証明書を導入したサーバーにある秘密鍵でしか解読することができないため、悪意のある第三者から個人情報を見られるのを防ぐことができます。

昨今ではインターネット通販の利用が増えていることもあり、SSLサーバー証明書を導入していなければ個人情報が簡単に流出してしまうでしょう。

プライバシーを守りながら安全にインターネットを利用するために、SSLサーバー証明書は必須の技術だと言えます。

【初心者向け】SSL証明書の仕組みをわかりやすく解説

SSLサーバー証明書の仕組み
SSLサーバー証明書の仕組み
  1. ブラウザからWebサーバーに接続要求が送信される
  2. Webサーバーから公開鍵と証明書が送信される
  3. ブラウザは公開鍵を使用してセッションキーを作成し、Webサーバーへ送信する
  4. Webサーバーはプライベート鍵を使用してセッションキーを復号化する
  5. 暗号化された通信がブラウザとWebサーバー間で行われる

SSLサーバー証明書の仕組みは上記の通り。

図解でも解説していますが、ブラウザとWebサーバーが共通して持っている鍵を使わなければ通信内容は暗号化されて解読することができません。

SSL化が行われているWebサイトにアクセスすると、上記のような工程を経由してWebページが表示されます。

SSL証明書を取得する必要性

SSL証明書を取得するのはWebサイトを利用するユーザーのプライバシーを守るという意味で必要です。

SSL化がされていないWebサイトにアクセスすると、ユーザーが個人情報を入力した際に第三者から入力データを盗み見られてしまう可能性があります。

また、SSL化がされていないWebサイトではアドレスバーに「保護されていない通信」という表示が出ます。これにより訪問者が離脱してしまうことも考えられるでしょう。

サイトユーザーからの信頼性を高めるという意味で、SSL化は必要だと言えます。

SSL証明書の種類

ドメイン認証証明書(DV)組織認証証明書(OV)拡張認証証明書(EV)
認証レベル標準レベル高いレベル最高レベル
発行までの時間数分程度数日程度数日程度
表示される情報ドメイン名組織名
ドメイン名
組織名
ドメイン名
拡張情報
表示される色及びブラウザ表示緑または灰色の鍵マーク緑の鍵マーク緑の鍵マークと会社名
SSL証明書に記載される情報ドメイン名ドメイン名
組織名
地域
ドメイン名
組織名
地域
会社名
種類
値段安価中程度高価

※SSL証明書の種類によりアドレスバーに表示される色と会社名については、最新のブラウザでは表示に差がない仕様に変更されています。

SSL証明書の種類を上記の一覧表で比較しました。

ここからそれぞれのSSL証明書の種類について詳しく解説していきます。

ドメイン認証証明書(DV証明書)

ドメイン認証証明書(DV証明書)は、ドメイン名の所有権を認証することで発行されます。

3種類のSSL証明書の中では最も手軽に取得することができますが、認証のレベルは最も低いです。

手続きはオンラインで完結することができ、個人でも取得することができます。

SSL証明書の発行が承認されるとブラウザに表示される緑色の「保護された」テキストや鍵アイコンなどで、ウェブサイトが安全であることが示されます。

組織認証証明書(OV証明書)

組織認証証明書(OV証明書)はドメイン認証証明書(DV証明書)よりも厳しい要件を持ち、ウェブサイトの所有者情報も含まれています。

発行には法人の登記情報の確認や会社名、所在地などが必要であり、ウェブサイトの正当性をより明確に示すことが可能です。

ユーザーからの情報入力や送信を必要とするウェブサイトを運営する企業であれば、OV証明書を選んだほうが安心できるでしょう。

組織認証証明書(OV証明書)が承認されると、ウェブサイトのアドレスバーにはグリーンのバーが表示されます。

拡張認証証明書(EV証明書)

拡張認証証明書(EV証明書)は最も高度な種類のSSL証明書で、より厳格な検証手順が必要です。

ウェブサイトの所有者情報の確認のために組織情報の確認に加え、電話での実在証明や会社の状況の確認が行われます。

他の認証方法に比べると最もコストがかかりますが、企業や組織としての信頼性を証明したいのであれば最も効果的なSSL証明書だと言えるでしょう。

EV証明書が認証されるとブラウザのアドレスバーに緑色のグリーンバーが表示され、さらに組織情報も表示されます。

SSL証明書の取得方法

バリュードメインとコアサーバーで無料SSL証明書を取得する手順
  1. バリュードメインの左メニュー「サーバー」>「コアサーバー」をクリックする
  2. サーバーアカウント内にある「新コントロールパネル」をクリックする
  3. コアサーバーの左メニューの「ドメイン」をクリックする
  4. SSLを設定するドメイン名をクリックする
  5. 「SSL有効」にチェックが入っているか確認する
  6. メニューの「SSL証明書設定」をクリックする
  7. SSLの詳細を設定する
  8. 「LetsEncrypt request successful for:」と表示されたら設定完了

バリュードメインとコアサーバーを使って無料のSSLサーバー証明書を取得する方法は上記の通り。

ここからそれぞれの手順について詳しく解説していきます。

まずはバリュードメインにログインして、左ナビから「サーバー > コアサーバー」を選択します。

「コアサーバー」を選択

次にサーバーアカウントにある「新コントロールパネル」をクリックします。

続いて、左メニューの「ドメイン」アイコンをクリックします。

設定済のドメイン一覧が表示されますので、設定するドメインをクリックします。

設定済のドメイン一覧から、対象ドメインをクリック

「SSL有効」にチェックが入っていることを確認してください。

「SSL有効」にチェックが入っていることを確認

次に、左メニューの「SSL証明書設定」をクリックします。

左メニューの「SSL証明書設定」をクリック

①プルダウンから対象のドメインを選択します。
②「無料SSL証明書を取得」タブをクリックします。
③「保存」をクリックします。
※特別な場合を除いて、設定変更は必要ありません。

SSL証明書の設定

「LetsEncrypt request successful for:」とメッセージが表示されたら成功です。

「LetsEncrypt request successful for:」のメッセージが表示

SSLを設定したドメインに「https://」をつけてブラウザでアクセスします。

左側に鍵マークが表示されていたら完了です。

ドメインに「https://」をつけてアクセス

下記のマニュアルページでコアサーバーでSSL証明書を取得する手順が詳しく解説されているので、こちらもぜひ参考にしてください。

コアサーバーの無料SSL設定方法はこちら>>

SSL証明書の値段

SSL証明書の種類価格
ドメイン認証 SSL1,320円〜 / 年
ワイルドカードドメイン認証 SSL26,400円〜 / 年
組織認証 SSL19,800円 / 年
拡張認証 EV SSL38,500円 / 年

SSLサーバー証明書の値段について上記の表にまとめました。

こちらはバリュードメインのSSL証明書の価格になります。

ドメイン認証証明書(DV)が最も価格が安く、組織認証証明書(OV)、拡張認証証明書(EV)と認証レベルが高まるごとに価格も高くなるような形です。

個人運営サイトであればドメイン認証証明書でも問題ありませんが、ECサイトを運営している企業サイトの場合にはOV証明書やEV証明書を選んだほうが信頼性が高くなるでしょう。

あなたのWebサイトの運営形態に合わせて、SSLサーバー証明書の種類を選ぶようにしてください。

またコアサーバーV2プランであれば「Let's Encrypt」という無料SSLを利用することが可能です。

無料SSLであっても通信の暗号化は行えるので、できるだけ費用をかけたくないという人はぜひコアサーバーの無料SSLを利用してみてください。

コアサーバーの無料SSL設定方法はこちら>>

無料SSL証明書を利用するデメリット

SSL証明書は無料で取得することも可能です。

無料SSLであってもデータのやり取りを暗号化することはできますが、Webサイトの所有者であることの証明はできません。

また無料SSLでは組織認証証明書(OV)や拡張認証証明書(EV)のように企業の実在証明を行うことができないため、信頼性の面で考えると有料SSLを利用するほうがいいでしょう。

Webサイト運営者の実在性が証明ができないという点が、無料SSL証明書のデメリットだと言えます。

SSLサーバー証明書に関するQ&A

SSLサーバー証明書に関するQ&A
  • SSL証明書を取得することでなりすましを防げる?
  • SSL証明書の有効期限が切れたときの影響は?

SSLサーバー証明書に関するよくある疑問は上記の通り。

ここからそれぞれの疑問について詳しく解説してきました。

SSL証明書を取得することでなりすましを防げる?

SSL証明書を取得することによって、Webサイト運営者へのなりすましを防ぐことができます。

SSLが導入されていればサイトへログインする際に必要な

  • ユーザー名
  • パスワード

などの情報が暗号化されるため、第三者にログイン情報が流出してしまう危険がないからです。

なりすましによる被害を防ぎたいと考えているのであれば、SSL証明書の取得を検討してみてください。

SSL証明書の有効期限が切れたときの影響は?

SSL証明書には必ず有効期限設定されており、有効期限が切れてしまうと暗号化通信が行えなくなってしまいます。

またWebサイトにアクセスしたときに「有効期限切れ」に関するエラーが表示されるため、訪問者を不安にさせてしまうことが考えられます。

SSL証明書の有効期限はセキュリティ強化のために年々短縮されているため、有効期限切れにならないように注意して運用を行うことが重要です。

SSL証明書の更新方法に関しては下記の記事で詳しく解説しているため、こちらもぜひ参考にしてください。

まとめ:SSLサーバー証明書とは通信を暗号化する仕組み

ここまでSSLサーバー証明書とはどのような仕組みになっているのか?種類や取得方法について詳しく解説してきました。

SSLサーバー証明書は通信の暗号化やサイト運営者の所有権証明を行うために必要です。

昨今はインターネット上のプライバシー保護が重要視されているため、SSLの導入はWebサイト運営者にとって必須になっていくでしょう。

バリュードメインでは個人から法人サイトまですべてのサイトに安全な通信を提供したいと考えています。

ウェブサイトのセキュリティレベルやプライバシー保護のニーズに合わせて最適なSSL証明書を用意していますので、あなたに最適なSSL証明書を選ぶようにしてください。

コアサーバーV2プランであれば無料で簡単にSSLサーバー証明書を利用することが可能です。

無料でSSL証明書を利用したいと考えている人はぜひ検討してみてください。

コアサーバーの無料SSL設定方法はこちら>>
▽キャンペーン開催中!
コアサーバーでは、
ドメインの更新費が永年無料(年間最大3,124円お得)になるサーバーセット割キャンペーンを実施中です。
是非、お得なこの機会にご利用ください! 最新のキャンペーンはこちらから
超高速化を実現するレンタルサーバー CORESERVER
▽キャンペーン開催中!
バリュードメインでは、
【 .com /.net /org: 500  .info /.biz: 100 】のワンコインSALE、 ドメイン・サーバー同時契約でドメイン更新費用永久無料(年間最大3,124円お得)
などお得な特典やキャンペーンが盛りだくさん! 是非、お得なこの機会にご利用ください。最新のキャンペーンはこちらから
ドメイン取得ならValue Domain
この記事を監修した人
左川善章
左川 善章

GMOデジロック インフラエンジニア
ボケもツッコミも下手な関西人。Windows98で動作するWebサーバーを使用した自宅サーバー構築から初めて、紆余曲折を経て今に至る。
▽登壇実績
https://ct-study.connpass.com/event/55305/
https://gmohoscon.connpass.com/event/102401/

Posted by admin-dev


おすすめ関連記事

service

Value Domain
ドメイン取得&レンタルサーバーなら
Value Domain
ドメイン登録実績600万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。
目次へ目次へ