ドメインパワーを高める5つの方法と計測ツールを紹介【VDAがおすすめ】

インターネット

Right Caption

Questioner

ドメインパワーってよく聞くけど、どんなもの?
Left Caption

Respondent

一言で言うと、検索エンジンにおけるサイト全体の評価を表す指標のことです。

「検索順位で上位表示させるためにはドメインパワーが必要」そんな話をサイト運営者の方なら、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

ドメインパワーが高ければ、今までよりも検索順位を上げやすくなります。しかし、ドメインパワーは高めるまでに非常に時間がかかるため、根気よく取り組まないといけません。

この記事では、ドメインパワーについて以下の内容を紹介していきます。

ドメインパワーの概要や高める方法がわからないという方は、ぜひご一読ください。

ドメインパワーとは

ドメインパワーとは、検索エンジンにおけるサイト全体の評価を表す指標のことです。

Webサイトの検索順位は当該ページ単体だけでなく、ドメインパワーも含めた総合的な評価を元に判定されます。

記事内のコンテンツの質が高いほどSEOで有利になりますが、ドメインパワーが高いほど検索結果で上位に表示しやすくなります。

逆に言うと、コンテンツの質がさほど高くなくても、ドメインパワーが高いサイトであれば上位に表示されることもあるくらいです。

SEO対策にドメインパワーが必要な3つの理由

SEO対策を行うにあたって、ドメインパワーが必要な理由は3つあります。

  1. 上位表示がされやすくなる
  2. 狙ったキーワード以外でも検索流入が見込める
  3. 検索結果に表示されるまでの時間が短縮される

順番に見ていきましょう。

1. 上位表示がされやすくなる

ドメインパワーが高いほど、記事が検索結果の上位に表示されやすくなります。

ドメインパワーが高ければコンテンツの質で劣る記事でも、上位に表示できる可能性があるため、少ない労力での成果が見込めます。

実際にドメインパワーが低いために質の高いコンテンツでも、上位表示ができない事例は数多くあるくらいです。

そのため、運営しているWebサイトを検索結果の上位に表示させるためには、ドメインパワーの向上は必要不可欠といえます。

2. 狙ったキーワード以外でも検索流入が見込める

ドメインパワーが高まれば狙ったキーワード以外でも検索流入が見込めるため、アクセスアップにつながります。

アクセスが集まるコンテンツは複数のキーワードで検索流入ができています。

実際に狙ったキーワードと同等もしくはそれ以上の検索ボリュームから流入があると、アクセス数は飛躍的に向上するものです。

ドメインパワーが高いほど他のキーワードからの検索流入ができ、結果としてアクセス数アップに繋がります。

3. 検索結果に表示されるまでの時間が短縮される

ドメインパワーが高ければ、検索結果に表示される時間が短縮される傾向にあります。

新規コンテンツを追加した場合、通常は反映されるのに3~6ヶ月はかかると言われています。しかし、ドメインパワーが高ければ投稿した直後に上位表示されるケースもあるくらいです。

検索結果へ早めに反映されれば、SEO対策の労力を大きく減らせます。

今後のSEO対策の労力を減らすためにも、ドメインパワーを高めることを意識してみてください。

ドメインパワーを高める5つの方法【スコア0を回避】

「ドメインパワーが重要」といっても、具体的に高める方法がわからない方は多いのではないでしょうか。

そこでここからは、ドメインパワーを高める方法を5つ紹介します。

  1. 継続して運営する
  2. 被リンク(バックリンク)の獲得
  3. 高品質コンテンツを作成する
  4. 更新頻度を上げる
  5. 記事数を増やす

一つずつ見ていきましょう。

1. 継続して運営する

ドメインパワーはあらゆる指標を元に算出されますが、必要な要素の1つがサイトの運営期間です。

サイトを継続して運営していけば、ドメインパワーを積み上げられるようになります。

個人でサイトを運営している場合は、長く続けられそうなペースでサイト運営に取り組んでみてください。法人の場合は、長期的な運営ができるように予算を組んで、サイト更新を継続できるような仕組みを整えてみるといいでしょう。

被リンク(バックリンク)を獲得すれば、ドメインパワーを高めやすくなります。

被リンク(バックリンク)とは、他のWebサイトにあなたのサイトURLを掲載してもらうことです。被リンクが多い=信用されやすい」と検索エンジンが判断して、ドメインパワーが高くなります。

被リンク(バックリンク)を獲得するための能動的な方法としては、自サイトに関連するメディアにURLの掲載を依頼することがあります。

被リンク(バックリンク)獲得は時間のかかるSEO対策となるため、気長に取り組むようにしましょう。

なお、被リンク(バックリンク)は質の高いコンテンツを継続して投稿していけば、自然と付いていきます。そのため、まずは自サイトの更新に集中するのも1つの戦略です。

バックリンクとは?SEO評価で重要な理由と増やすためのポイントを8つ解説」の記事では被リンク(バックリンク)の重要性や獲得方法について詳しく解説しています。気になる方はぜひご一読ください。

3. 高品質コンテンツを作成する

ドメインパワーを上げるためには、記事一つひとつの品質を高めていく必要があります。

近年のGoogleは情報があふれているためコンテンツが高品質であることは、検索順位で上位表示するための前提条件と言っても過言ではありません。

Right Caption

Questioner

「高品質」って言われてもイメージが湧きにくいな・・・
Left Caption

Respondent

目安としては「読者がそのコンテンツだけで完結できること」を目指してみてください。

今後更新予定のコンテンツも品質を高めるようにしていけば、数ヶ月後にはドメインパワーがついて、上位に表示される可能性が上がります。

4. 更新頻度を上げる

更新頻度を上げることも、ドメインパワーを高める上では重要な要素です。

更新頻度を上げていけばGoogle側が「しっかり運営している」と判断してくれるため、ドメインパワーが上がっていく傾向にあります。

更新頻度は新規コンテンツだけでなく、既存コンテンツの改修やリライトも対象となります。そのため「更新頻度が少ないかも」と感じている場合は、今よりも更新頻度を上げることを意識してみてください。

5. 記事数を増やす

記事数を増やすことも重要です。実際に2017年ごろまでは、記事数の多さがドメインパワーに直結していたくらいです。

2022年現在は当時ほどドメインパワーに直結しなくなりましたが、それでも記事が多いほうが高くなる傾向にあります。

Right Caption

Questioner

つまり記事を量産すればドメインパワーが上がるってこと?
Left Caption

Respondent

量産できるに越したことはありませんが、それ以上に大事なことは記事の品質を高めることです。良質なコンテンツを維持した上で、無理のない範囲で更新頻度を上げることを意識してみてください。

ただし、優先すべきは高品質コンテンツを読者に提供し続けることです。記事数は重要な指標ですが、無闇に増やすようなことはしないようにしましょう。

ドメインパワーを高める際にやってはいけない2つのこと

ドメインパワーを高める際に、やってはいけないことが2つあります。

  1. 低品質コンテンツを量産してしまう
  2. 関連性のない被リンク(バックリンク)を集めてしまう

上記に該当するようなサイト運営をしてしまうと、ドメインパワーが一向に高まらない恐れがあります。一つずつ詳しく解説します。

1. 低品質コンテンツを量産してしまう

中身の薄い低品質なコンテンツの量産は、却ってドメインパワーを下げてしまうので注意しましょう。

近年はオンライン上の情報が溢れていることから、Googleからすれば低品質コンテンツを検索上位に表示させる必要がありません。

すでにドメインパワーが高いサイトであれば、コンテンツの質が多少低くても、検索順位の上位に表示されることはあります。しかし、実際にはドメインパワーでマイナスになっていることもあり、長期的に見たら検索順位を落としてしまうでしょう。

そのため、すでに公開しているコンテンツの質が低いと感じるようであれば、改修やリライトでユーザーが満足できる内容に仕上げてみてください。

2. 関連性のない被リンク(バックリンク)を集めてしまう

自サイトに関連のない被リンク(バックリンク)を集めてしまうと、ドメインパワーが上がるどころか、却ってペナルティを受けてしまう恐れがあります。

ドメインパワーを高めるにあたって、被リンク(バックリンク)が重要な要素であることは先述した通りです。

しかし、ドメインパワーを高めるための被リンク(バックリンク)は、運営しているサイトに関連していることが前提となります。

被リンク(バックリンク)の獲得は重要ですが、無作為に集める意味はありません。

高品質コンテンツを量産していけば、自然と関連性のある被リンク(バックリンク)は集まっていくものなので、地道に取り組むようにしましょう。

ドメインパワーが低くなってしまう3つの原因

ドメインパワーを高めるためにコツコツ取り組んでいても、実際には下がってしまうことがあります。

普通にSEO対策をしていたのにもかかわらず、ドメインパワーが下がってしまった場合の原因は、以下3つのいずれかが考えられます。

  1. Googleのコアアップデートが起きた
  2. ページの表示速度が遅くなった
  3. E-A-T評価が低い

一つずつ解説します。

1. Googleのコアアップデートが起きた

ドメインパワーが下がる要因の1つに、Googleのコアアップデートが実行されることが挙げられます。

コアアップデートとは「コアアルゴリズムアップデート」の略で、検索順位の評価をつける基準が変わってしまうことです。

コアアップデート以前まで上位の常連だったサイトでも、圏外にまで弾き飛ばされてしまうことはよくある話です。

Googleはコアアップデートを年に2~4回ほど行っています。そのため、定期的に検索順位に大きな変動がないかどうかを、チェックしてみてください。

なお、Googleのコアアップデートにより、ドメインパワーが上がるケースもあるため、一概に「コアアップデート=ドメインパワー下降イベント」ではないことは理解しておきましょう。

2. ページの表示速度が遅くなった

ドメインパワーが下がってしまった原因として、ページの表示速度が以前よりも遅くなったことも考えられます。

ドメインパワーを評価する要素には、ページの表示速度も含まれています。表示速度が速いほどドメインパワーが上がり、逆に遅いほど下がってしまいます。

ドメインパワーが下がってしまったと感じた時は、表示速度をチェックしてみてください。

Right Caption

Questioner

どうして表示速度がドメインパワーに影響するの?
Left Caption

Respondent

表示速度が速いほどユーザーの離脱率が少ないことから「ユーザーファーストのサイト」と認識されるためです。表示速度はユーザーのためだと思って、日々意識するようにしましょう。

下がってしまった表示速度を改善する方法は、以下の3つです。

  • CSSおよびJavaScriptの圧縮
  • 画像ファイルの圧縮
  • AMPの活用

表示速度が改善できれば、ドメインパワーが元に戻る可能性があります。また、表示速度が速いほどユーザーの方がサイトを快適に閲覧できるようになるため、アクセス数のアップも見込めます。

サイトの表示速度を上げられるように、できるところから取り組んでみてください。

3. E-A-T評価が低い

Google検索ではE-A-Tも重要視しており、その評価が低い場合もドメインパワーを下げられてしまう恐れがあります。

E-A-Tとは以下3つの単語の頭文字を取った総称のことです。

  • Experience:専門性
  • Authoritativeness:権威性
  • Trustworthiness:信頼性

Googleではドメインパワーを判定する際に「記事の執筆者」も判断材料にしています。

E-A-Tを満たしている人および法人が運営しているメディアほど「情報の信ぴょう性が高い」と認識されるため、ドメインパワーが高くなる傾向にあります。

もし、E-A-Tのいずれも低いようであれば、そちらを高めることに努めるのも、ドメインパワーを上げる方法の1つです。

また、E-A-T評価を高めるために、専門家の監修をつけるのもおすすめです。

ドメインパワーの対応成果を確認する方法を紹介

ここまでドメインパワーを高める方法について解説してきましたが「頑張って高めたドメインパワーを把握する方法はないの?」と、気になる方は多いのではないでしょうか。

ドメインパワーを確認する際は、有料のSEO対策ツール「Ahrefs」がおすすめです。

Ahrefsとは世界で60万人以上のユーザーがいるSEO分析ツールのことで、世界最大級のデータに基づいて、ドメインパワーを計測してくれます。

なお、Ahrefsを利用する際は以下の月額費用が発生します。

プラン月額費用
ライト$99
スタンダード$179
アドバンスド$399
エージェンシー$999

2022年4月26日時点では1ドル=127円であることから、ライトプランの場合で12,573円となります。最も安いプランでも1万円以上かかるため、慎重に検討した上で利用しましょう。

Value Domain Analyzer(VDA)なら無料でドメインパワーの計測が可能

ドメインパワーを確認するために月額1万円も支払うのは、予算的に厳しいですよね。

有料ツールでドメインパワーを計測することに抵抗がある方は、弊社が提供しているツール「Value Domain Analyzer(VDA)」がおすすめです。

Value Domain Analyzer(VDA)はドメインにかかっているあらゆるSEO評価を解析するツールで、無料で利用できます。

Value Domain Analyzer(VDA)ではさまざまなSEO評価を把握できますが、ドメインの解析画面に表示される右上の「DR」がドメインパワーを表します。

Value Domain Analyzer(VDA)のドメイン解析後の画面。右側の赤枠で表示されている「DR」がドメインパワーを表す

注意点としては、Value Domain Analyzer(VDA)で計測できるドメインパワーは、Googleが算出している評価をそのまま表しているわけではないことです。

被リンク(バックリンク)をはじめとしたGoogleが評価しうる指標を元に、概算でドメインパワーを算出しているため、正確な数値ではありません。

Value Domain Analyzer(VDA)で測定できる数値はあくまで参考程度に留め、日々のサイト更新に集中することを忘れないようにしましょう。

ちなみにValue Domain Analyzer(VDA)でのドメインパワーは全ドメインで計測可能ですが、バリュードメインで管理しているドメインであれば、他の細かい指標も確認できます。具体的には、被リンク(バックリンク)数や内部リンク数などです。

もしドメインをこれから取得する予定であれば、ぜひバリュードメインの利用を検討してみてください。

まとめ

ドメインパワーが向上すれば、検索順位の上位に表示させるためのハードルが一気に下がるため、ぜひ高めることを意識してみてください。

最後に、ドメインパワーを上げる方法を4つまとめてみました。

  • 継続して運営する
  • 被リンク(バックリンク)を獲得する
  • 高品質コンテンツを投稿し続ける
  • 記事数を増やすなどして、更新頻度を上げる

ドメインパワーを上げるまでには時間がかかるため、難しいと感じる方もいるでしょう。

しかし、読者のニーズを満たせるコンテンツをコツコツと作成していけば、自然とドメインパワーは高まっていくはずです。

この記事を参考にしながら、ドメインパワーを高めることに努めてみてくださいね。

ドメインと変える、サイトの価値。Value Domain

Posted by admin-dev


service

Value Domain
ドメイン取得&レンタルサーバーなら
Value Domain
ドメイン登録実績600万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。