ホームページのSEO対策とは?集客のやり方を初心者向けに解説します

2023年12月22日インターネット

「集客できるホームページを作るためにはSEO対策をしなければいけないが、何から始めたらいいか分からない。」

こんなお悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、ホームページにおけるSEO対策のやり方を初心者向けに解説します。

SEO対策で成功するコツやおすすめのツールなども紹介するので、これからホームページのSEO対策を行いたいという人はぜひ参考にしてください。

バリュードメインでは、誰でも「ドメイン評価指数」と「ドメインの査定額」を調べることができる「Value Domain Analyzer」というSEO指標のチェックツールを無料で提供しています。

またバリュードメインで管理しているドメインであれば、被リンク(バックリンク)数や内部リンク数などより細かい指標が確認できます。
自社ホームページのSEO指標を手軽にチェックしたい方は、バリュードメインをご利用ください。

Value Domain Analyzerを使ってみる>>

信頼性の高いドメイン取得・管理サービス

バリュードメイン公式サイトをみる

目次

SEO対策とは

SEOとは「Search Engine Optimization」の略であり、日本語で「検索エンジン最適化」という意味になります。

初心者の方にも分かりやすくお伝えすると、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで自分のホームページが上位に表示されるようにすることです。

ただし検索エンジンのシェア率は圧倒的にGoogleが多いため、基本的にはGoogleの検索エンジン向けにSEO対策を行います。

ちなみにYahoo!の検索エンジンもGoogleの技術を利用しています。

2001 年から 2004 年にはヤフー株式会社に対し、Google の検索エンジンを提供していました。そして、本日、ヤフー株式会社に対して再び検索技術をライセンス提供することになったことを発表いたします。

Google Japan Blog

そのため、GoogleのSEO対策さえ行っておけば上位2位のシェア率であるGoogleとYahoo!のSEO対策を行うことが可能です。

SEO対策を行うべき理由

自社ホームページでSEO対策を行うべき理由は、希望のキーワードで自社ページを上位表示させられると見込み顧客をページに集客できるからです。

検索エンジンを利用するユーザーは検索結果の上に表示されているページをクリックする傾向が高いため、検索エンジンで上位に表示されることで自社ホームページの集客を行えます。

例えばあなたがホームページで入浴剤を販売したいと考えているのであれば、下記のようなキーワードで上位表示できればWeb上で入浴剤を販売できる可能性が高いです。

  • 「入浴剤 おすすめ」
  • 「入浴剤 人気」
  • 「入浴剤 疲労回復」

上記のようなキーワードで検索する人は、「おすすめで人気の入浴剤を買いたい」「疲労回復に効果がある入浴剤を買いたい」と考えているため、検索結果で上位表示させれば自社ページにアクセスして入浴剤を買ってくれる可能性があります。

昨今は年代を問わず多くの方がインターネットを利用するため、SEO対策を行うことで優良な見込み顧客を集めることが可能です。

SEO対策の効果

SEO対策の効果
  1. ホームページの集客数アップ
  2. 自社のブランディング強化
  3. 集客コストの削減

ホームページのSEO対策の効果は上記3つです。

ここからそれぞれの効果について詳しく解説していきます。

ホームページの集客数アップ

ホームページのSEO対策を行うことで、集客数アップを狙えます。

SEO対策によって自社ホームページが検索上位に表示されるため、検索エンジンを利用するユーザーからのアクセスが増えるからです。

例えばあなたが釣りの道具をインターネット上で販売したいと考えているのであれば、

  • 「釣り竿 おすすめ」
  • 「ルアー 人気」

などのキーワードで自社ページを上位表示させられれば釣り道具をWeb上で販売できるでしょう。

ホームページの集客強化を行いたいと考えているのであれば、SEO対策を行うのがおすすめです。

自社のブランディング強化

ホームページのSEO対策を行うことで、自社のブランディング強化につながります。

検索エンジンを利用する多くのユーザーは、ページがなぜ上位に表示されるかを知りません。

中には検索上位に表示されているサイトが信頼できるサイトだと考えている人も多いので、SEO対策で多くのキーワードで上位表示ができれば自社のブランディングにつながるのです。

さらに自社ホームページへのアクセスが増えればサイト名や会社名の認知度が上がるため、信頼できるサイト・会社だという印象を与えられるでしょう。

集客コストの削減

ホームページのSEO対策を行うことで、集客コストを削減できます。

仮にSEO対策を行わずに自社ホームページへ集客したいと思った場合、最も早く成果がでるのは広告を利用する方法です。

Facebook広告やInstagram広告、検索広告を利用すればすぐにアクセスを集められますが、広告を出稿する費用がかかるため利益が少なくなってしまいます。

SEO対策は多少の時間はかかりますが、成果が出るようになれば広告費をかけずに集客を行える点がメリットだと言えるでしょう。

広告費をかけずに自社ホームページへの集客をしたいと考えているのであれば、ぜひSEO対策を行ってください。

ホームページのSEO対策にかかる費用

SEO対策内容 費用相場
SEOコンサルティング 10〜50万円/月
コンテンツSEO 5〜30万円/月
記事本数×記事単価
内部SEO対策 10~100万円
外部SEO対策 1〜15万円
SEOサイト設計 10〜100万円

ホームページのSEO対策を行うためにかかる費用相場を上記の表にまとめました。

SEOコンサルティングとは自社ホームページ全般のSEO対策に関するアドバイスとなり、毎月の費用がかかります。

コンテンツSEOとは主に自社ホームページに投稿する記事を作成するのにかかる費用であり、「記事本数×記事単価」で費用が決まります。1記事あたりの金額は、記事のジャンルやライターにより異なります。

内部SEO対策とはサイト内の構造や文章を最適化することで、SEO評価を上げるためにかかる費用になります。

外部SEO対策とは、他のサイトからリンクを送ってもらうことでSEO評価を上げるためにかかる費用です。

一言でSEO対策といってもさまざまな種類があるため、どの部分に力を入れるかでかかる費用が変わのを覚えておきましょう。

ホームページで意識すべきSEO対策【9つのポイント】

ホームページで意識すべきSEO対策
  1. WordPressでホームページを作成する
  2. ホームページとブログを併設する
  3. 集客ページの数を増やす
  4. 特定のテーマに絞ったページを増やす
  5. キーワード選定を意識する
  6. 1ページ1キーワードを意識する
  7. タイトルと見出し構成を先に作る
  8. EEATを意識したコンテンツ作成を行う
  9. 集客記事同士を内部リンクでつなげる

ホームページで意識すべきSEO対策は上記9つ。

上記に沿ってSEO対策を行えば、自社ホームページの集客数を増やせるでしょう。

ここからそれぞれの方法について詳しく解説していきます。

WordPressでホームページを作成する

ホームページのSEO対策を行うには、WordPressでサイトを作成するのがおすすめです。

WordPressとはホームページを作るシステムの1つで、SEOを意識した設計になっていて上位表示させやすくなっています。

もし元々のホームページがWordPress以外のシステムで作られている場合、下記のように集客用のブログをサブディレクトリで作成することも可能です。

https://example.com/aaa/

もしこれからホームページのSEO対策を強化していきたいと考えているのであれば、WordPressを利用するようにしましょう。

ホームページとブログを併設する

ホームページのSEO対策を行う場合、ホームページとブログを併設するようにしましょう。

ホームページとブログではサイト設計や目的が異なり、特にSEO対策を強化するのであればブログを作るのがおすすめです。

ホームページとブログの特徴に関して、下記にまとめたので参考にしてください。

ホームページ 企業情報やサービスなどを伝えるのをが目的
ブログ SEO対策を行ってページを検索上位に上げるのが目的

もし自社ホームページにブログが存在しないのであれば、WordPressなどでブログを併設するようにしてください。

集客ページの数を増やす

ホームページのSEO対策を行うためには、SEOに沿った集客ページの数を増やすようにしましょう。

集客ページが狙ったキーワードで上位表示されればアクセスが発生するため、集客ページの数が増えればそれだけアクセスが増えるからです。

例えばあなたが整骨院を運営しているのであれば、捻挫や腰痛などに関する集客ページを増やしていきます。

具体的な集客ページの例としては、下記があげられます。

  • 捻挫が起こる原因
  • 捻挫の治療法
  • 腰痛治療の流れ

ホームページのSEO対策を行うのであれば、集客ページの数を増やすのが有効です。

特定のテーマに絞ったページを増やす

ホームページのSEO対策を行うためには、特定のテーマに絞ったページ数を増やすのがおすすめです。

Googleはホームページにどのようなページが存在しているかを認識しており、特定のテーマに沿ったページ数が多いと評価が上がりやすくなります。

例えばあなたが整骨院のホームページを運営しているのであれば、友人とランチに行った記事や家族で出かけた記事を書いてもSEO効果はありません。

腰痛の治療法や捻挫の原因など、整骨院に関連するテーマで記事を増やすことでSEO評価が上がっていきます。

SEO対策を行うためには、集客したいテーマに沿った記事を増やすのを意識してください。

キーワード選定を意識する

ホームページのSEO対策を行うためには、キーワード選定を意識してください。

どのようなキーワードで上位表示を狙うかによって、集客できるユーザーの属性や上位表示のしやすさが変わってくるからです。

キーワード選定を行うためには、下記のポイントを意識してください。

  • 見込み顧客が検索するキーワードを選ぶ
  • 検索需要があるキーワードを選ぶ
  • 自社と規模感が同じページが上位表示しているキーワードを選ぶ

キーワード選定を意識せずにとりあえずで記事を書いていても、SEO対策ができないので注意してください。

1ページ1キーワードを意識する

SEO用の集客ページを作成する際には、1ページにつき1つのキーワードを狙うのを意識してください。

1つのページに色々な情報を詰め込むよりも、特定の内容に特化したページを作成したほうがユーザーの満足度を高めやすいからです。

例えばに高級な焼肉店へ行きたいと思っている人がインターネットで情報を探すとき、より役に立つと思うのは下記のどちらでしょうか?

  • 様々な価格帯の焼肉店を紹介しているページ
  • 高級な焼肉店のみに絞って紹介しているページ

ユーザーはできるだけ余計な情報は見たくないと考えているため、より役に立つのは「高級な焼肉店のみに絞って紹介しているページ」です。

1つのページに色々な情報を詰め込むのではなく、特定のキーワードに絞った内容を書くように意識しましょう。

タイトルと見出し構成を先に作る

SEO用の集客ページを作成する際に、最初にタイトルと見出し構成を先に作るのも重要です。

記事のタイトルと見出し構成を決めてしまえば、より詳しい内容を書く際に内容がブレにくくなります。

実際に本記事でも、下記のようにタイトルと見出し構成を先に作ってから中身の本文を作成しています。

タイトル:ホームページのSEO対策とは?集客のやり方を初心者向けに解説します

h2:SEO対策とは
h2:SEO対策を行うべき理由
h2:SEO対策の効果
h2:ホームページのSEO対策にかかる費用
h2:ホームページで意識すべきSEO対策【9つのポイント】
h3:WordPressでホームページを作成する
h3:ホームページとブログを併設する
h3:集客ページの数を増やす
h3:特定のテーマに絞ったページを増やす
h3:キーワード選定を意識する
h3:1ページ1キーワードを意識する
h3:タイトルと見出し構成を先に作る
h3:EEATを意識したコンテンツ作成を行う
h3:集客記事同士を内部リンクでつなげる
h2:ホームページ初心者がSEO対策で成功するための3つのコツ
h3:SEOに強いホームページ制作業者に依頼する
h3:外部のSEOコンサルティングを受ける
h3:仮説と検証を繰り返しながら施策を続ける
h2:ホームページのSEO対策に必須のツール3選
h3:Google Analytics(Googleアナリティクス)
h3:Google Search Console(Googleサーチコンソール)
h3:検索順位チェックツール
h2:ホームページのSEO指標を調べるならValue Domain Analyzerがおすすめ
h2:ホームページのSEO対策に関するQ&A
h3:ホームページのSEO対策は意味ない?
h3:ホームページのSEO対策は自分でできる?
h3:SEOに強いホームページ制作会社は?
h2:まとめ:ホームページのSEO対策のやり方を実践しましょう

タイトルと見出し構成を作るのは少し大変ですが、しっかり構成を作ればそれだけSEO評価が上がりやすくなるのでぜひ挑戦してください。

EEATを意識したコンテンツ作成を行う

ホームページのSEO対策にはEEATを意識したコンテンツ作成を行うのが重要です。

EEATとはGoogleが低品質なコンテンツを排除するための指標であり、EEATに沿ったコンテンツを作成するように推奨されています。

それぞれの英単語の意味は下記の通りです。

  • 経験(Experience)
  • 専門性(Expertise)
  • 権威性(Authoritativeness)
  • 信頼性(Trustworthiness)

Googleは実体験に基づいたコンテンツや特定の分野の情報を専門的にまとめているサイトを評価します。

また、運営実績や期間、外部サイトからの被リンクを多く獲得しているサイトを権威性の高いサイトだと認識しています。

さらに会社の所在地や運営者情報、SSL化など信頼できる人が運営しているかどうかも評価を左右するでしょう。

EEATの考え方はSEO対策を行う上で非常に重要であるため、ぜひ覚えておいてください。

集客記事同士を内部リンクでつなげる

集客記事同士を内部リンクでつなげるのも、ホームページのSEO対策において重要です。

関連性の高い記事同士をリンクで繋ぐことで、リンク元とリンク先の評価が向上する仕組みになっています。

例えば記事の中でブログの始め方について紹介していた場合、内部リンクでおすすめのドメイン取得サービスやレンタルサーバーを紹介するページに繋げば関連性が高いと判断されるでしょう。

記事を読んでいるユーザーが次に知りたいことを予測して、別記事への内部リンクを張るようにしてください。

ホームページ初心者がSEO対策で成功するための3つのコツ

ホームページ初心者がSEO対策で成功するための3つのコツ
  1. SEOに強いホームページ制作業者に依頼する
  2. 外部のSEOコンサルティングを受ける
  3. 仮説と検証を繰り返しながら施策を続ける

ホームページ初心者がSEO対策で成功するためのコツは上記3つ。

ここからそれぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

SEOに強いホームページ制作業者に依頼する

SEOに強いホームページ制作業者に依頼をするのがポイントになります。

ホームページ制作業者の中には、SEO対策に詳しくない会社も一定数存在するからです。

実際に依頼を行う前には、業者側にSEO対策に関するノウハウがあるかどうかを確認してください。

また、業者がホームページを使って新規顧客を開拓できているかどうかもヒアリングするようにしましょう。

業者選びの段階でSEO対策に強い会社に依頼すれば、自社ホームページの集客を有利に進められます。

外部のSEOコンサルティングを受ける

ホームページのSEO対策を成功させるためには、外部のSEOコンサルティングを受けるのもおすすめです。

すでに自社ホームページでSEO対策を行っているのに成果が出ていないのであれば、コンサルティングを受けて成果を改善できる可能性があります。

実際にSEOコンサルティングを受けるのであれば、事前に下記の準備をしておきましょう。

  • 事前に目標と予算を決めておく
  • 自社サービスの資料を用意する
  • 社内にSEO担当者を配置しておく

SEOコンサルティングには毎月の費用がかかるため、具体的にどれくらいの予算をコンサルに割けるのかを決めておくのが大事です。

またコンサル会社により具体的な提案をしてもらえるように、事前に自社サービスの資料を用意しておくのがよいでしょう。

さらにSEOコンサルティングは全てお任せではなく自社での作業も必要になってくるため、社内にSEO担当者を一人決めておくのがおすすめです。

SEOコンサルティングを受ければ必ず成果が出るとは限りませんが、自社のみで対策を行って成果が出ていないのであれば検討してください。

仮説と検証を繰り返しながら施策を続ける

ホームページのSEO対策で成果を出すためには、仮説と検証を繰り返しながら施策を続けるのが重要です。

SEO対策は実際に施策を行って検証を行う作業が必要なため、中長期的に施策を継続する必要があります。

具体的なSEO施策としては、下記のような例があげられます。

  • 狙うキーワードを変えて記事を書く
  • 記事のタイトル・見出し構成の作り方を変える
  • 順位が伸び悩んでいる記事を修正する

成果が出る施策があれば他の記事にも横展開できるため、仮説と検証を繰り返して成果を向上させるよう意識してください。

ホームページのSEO対策に必須のツール3選

ホームページのSEO対策に必須のツール3選
  1. Google Analytics(Googleアナリティクス)
  2. Google Search Console(Googleサーチコンソール)
  3. 検索順位チェックツール

ホームページのSEO対策に必須のツールは上記3つです。

これらのツールを活用すれば、自社ホームページのSEO対策を効率的に進められるでしょう。

ここからそれぞれのツールについて詳しく解説していきます。

Google Analytics(Googleアナリティクス)

Google Analyticsのロゴ

Google Analytics(Googleアナリティクス)はGoogleが無料で提供しているアクセス解析ツールです。

Googleアナリティクスを使えば、下記のような情報を取得できます。

  • ホームページへ訪問したユーザー数
  • ホームページへ訪問後に行った行動
  • ホームページへ訪問したユーザーが商品・サービスを購入した数
  • ユーザーが再びホームページへ訪れた割合
  • 訪問者のパソコン・モバイルの割合

ホームページに関するあらゆるデータをGoogleアナリティクスで確認できるため、SEO対策を行うのであればぜひ利用しましょう。

Google Search Console(Googleサーチコンソール)

Google Search Consoleのロゴ

Google Search Console(Googleサーチコンソール)はアナリティクス同様にGoogleが無料で提供している分析ツールです。

Googleの検索結果に関する情報や、ページが検索エンジンに登録(インデックス)されているかを確認できます。

Search Consoleで調べられる主な情報としては以下の通りです。

  • サイトに流入している検索キーワード
  • Google検索での順位やクリック数
  • 外部からのリンク数、リンク元サイト
  • 検索エンジンへのインデックス状況

Search Consoleを利用すれば、サイトにどんなキーワードで流入しているのかどうかや検索結果での順位を分析できます。

ホームページのSEO対策には必須のツールとなっているので、ぜひ活用してください。

検索順位チェックツール

検索順位チェックツールとは、自社ホームページが狙っているキーワードでどれくらいの順位にいるかを分析するツールです。

SEO対策ではターゲットキーワードを決めて上位表示を図りますが、検索結果の1〜10位に上がらなければアクセスが発生しません。

検索順位チェックツールを使えば複数のキーワードで自社ホームページが何位に上がっているかを確認できるため、サイトのSEO対策を行う上での改善に役立ちます。

主な検索順位チェックツールとしては、下記があげられます。

  • SEOチェキ(無料)
  • GRC(有料)
  • Rank Tracker(有料)

本格的にホームページのSEO対策を行うのであれば、有料の順位チェックツールを使ったほうが詳細な分析が可能です。

順位チェックツールも自社ホームページのSEO対策にぜひ活用してください。

ホームページのSEO指標を調べるならValue Domain Analyzerがおすすめ

あなたが自社ホームページのSEO指標を調べたいと考えているのであれば、Value Domain Analyzerを利用するのがおすすめです。

Value Domain Analyzerは自社ホームページのSEO指標を分析し、現在どれくらいの評価を受けているかが分かります。

具体的にValue Domain Analyzerで分析できる項目としては下記の通りです。

  • ドメイン評価指数
  • ドメインの査定額
  • 被リンク数※
  • 被リンク先のページ※
  • 当該ドメインがリンクされているアンカーテキスト数※
  • リダイレクト設定がかかっているリンク数※
  • RSSでフィードバックされている被リンク数※
  • 内部リンク数※
  • 外部リンク数※
  • HTTPステータス※
  • SSL証明書の有無※

※が付いている項目はValue Domain管理ドメインでのみチェック可能。

上記のようなSEOに関する情報を無料で取得できるサービスは他にないため、これから自社ホームページのSEO対策を行いたいと考えている人はぜひ参考にしてください。

Value Domain Analyzerを使ってみる>>

信頼性の高いドメイン取得・管理サービス

バリュードメイン公式サイトをみる

ホームページのSEO対策に関するQ&A

ホームページのSEO対策に関するQ&A
  • ホームページのSEO対策は意味ない?
  • ホームページのSEO対策は自分でできる?
  • SEOに強いホームページ制作会社は?

ホームページのSEO対策に関する良くある質問は上記の通り。

ここからそれぞれの疑問について詳しく解説していきます。

ホームページのSEO対策は意味ない?

自社ホームページのSEO対策は意味がないと考えている人もいるかもしれません。

確かにSEO対策は時間がかかりますが、正しい方法で施策を行えばサイトのアクセス数や成約数アップにつながります。

もしSEO対策を行わずに自社ホームページにアクセスを集めようとした場合、リスティング広告を出稿する必要があるでしょう。

ただし広告出稿には費用がかかりますし、継続的に集客を行うためには広告費を払い続けなければいけません。

SEO対策を行って自然検索経由でのアクセス数が増えれば、広告費を減らしたとしても売上を維持できるでしょう。

本記事の内容も参考にしていただき、正しい方法でSEO対策を行えば自社ホームページへの集客力を強化する意味があります。

ホームページのSEO対策は自分でできる?

自社ホームページのSEO対策を自分で行うことも可能です。

基本的なSEO対策に関する知識を押さえた上で、コツコツと作業を行えるのであれば自分でもSEO対策を行えるでしょう。

具体的なSEO対策の進め方としては下記の通りです。

  • SEO対策の目的を明確にする
  • 集客するターゲットを決める
  • キーワードを選定する
  • 記事のタイトルと見出し構成を作成する
  • 見出し構成に沿った本文を執筆する
  • 集客ページをブログに投稿する

ただしSEO対策は中長期的な集客施策となるため、短期的には目立った効果が出ないという点は理解しておきましょう。

中長期的な目線でコツコツと記事作成を行えるのであれば、自分でSEO対策を行うのを検討してください。

SEOに強いホームページ制作会社は?

SEOに強いホームページ制作会社としては上記のような企業があげられます。

どの企業もホームページリニューアルによってSEO対策の結果を出している企業です。

もしどのホームページ制作会社に依頼すれば分からないという悩みを抱えているのであれば、上記の企業をチェックしてください。

まとめ:ホームページのSEO対策のやり方を実践しましょう

ここまでホームページのSEO対策のやり方について詳しく解説してきました。

正しい方法でSEO対策の施策を実施すれば、多少の時間がかかっても自社サイトへのアクセス・成約数アップにつながるでしょう。

本記事の内容もぜひ参考にしていただき、自社ホームページのSEO対策に役立ててください。

もし自社ホームページのSEO指標を調べたいと考えているのであれば、Value Domain Analyzerのツールを利用するのがおすすめです。

バリュードメインで管理のドメインでValue Domain Analyzerを使えば、自社ホームページのドメイン評価指数やドメイン査定額、被リンク数などを無料で分析できます。

ドメインの評価を無料で調べられるツールはほとんどないので、これから自社ホームページのSEO対策を行いたいのであればバリュードメインでのドメイン取得をご検討ください。

Value Domain Analyzerの詳細はこちら>>
▽キャンペーン開催中!
バリュードメインでは、
【 .com /.net /org: 750  .info /.biz: 100 】のワンコインSALE、 ドメイン・サーバー同時契約でドメイン更新費用永久無料(年間最大3,124円お得)
などお得な特典やキャンペーンが盛りだくさん! 是非、お得なこの機会にご利用ください。最新のキャンペーンはこちらから
ドメイン取得ならValue Domain
この記事を監修した人
石井知樹
石井 知樹

GMOデジロック データアナリスト
20代からECサイト運営・WEBマーケティング系の仕事を15年以上経験。最近は分析スキル向上のため機械学習・データサイエンスを勉強中。

Posted by admin-dev


おすすめ関連記事

service

Value Domain
ドメイン取得&レンタルサーバーなら
Value Domain
ドメイン登録実績600万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。
目次へ目次へ