WebサイトのSEO対策を徹底解説!Value Domain Analyserなら一括解析が可能

2022年7月14日インターネット

Right Caption

Questioner

SEO対策ってどこから手を付けたらいいの?
Left Caption

Respondent

まずはツールで解析するところから始めましょう。

Webサイトを検索結果の上位に表示させるためには、SEO対策が欠かせません。しかしSEO対策にはさまざまな手法があるため、どこから手を付けたらいいかわからない方は、非常に多いのではないでしょうか。

この記事では、SEO対策について以下の点を紹介します。

記事を読み終わった頃には、取り組むべきSEO対策がわかるようになっているため、ぜひご一読ください。

SEO対策とは

SEO対策とはGoogleで検索した際に、上位に表示させるために行う対策のことです。

検索順位が上位であるほどアクセスを集められる傾向にあるため、SEO対策は非常に重要な施策となります。

実際に検索順位が1位と2位では、アクセス数が2倍近くも差があると言われているくらいです。

1位を獲得するのは非常にハードルが高いですが、それでもできる限り上位に近づけるための努力が必要であることがわかります。

SEO対策なくしてアクセス数の向上は見込めないため、サイト運営者の方はぜひ取り組んでみましょう。

初心者でも簡単にSEO指標などが一括解析できるValue Domain Analyzerをリリース!

SEO対策にはさまざまな施策があるため、闇雲に着手するのは時間を浪費するだけになってしまいます。そこでSEO対策を行う際に活用したいのが、いわゆる「SEO対策ツール」と呼ばれるものです。

弊社では初心者でも簡単にSEO指標を一括で解析できるツール「Value Domain Analyzer」をリリースしましたので、本項で紹介させていただきます。

特徴とメリット

Value Domain Analyserでは、自サイトに関するSEOのあらゆる指標を無料で診断できます。実際にValue Domain Analyserで診断できる項目は、以下の通りです。

  • ドメイン評価指数
  • ドメインの査定額
  • 被リンク数※
  • 被リンク先のページ※
  • 当該ドメインがリンクされているアンカーテキスト数※
  • リダイレクト設定がかかっているリンク数※
  • RSSでフィードバックされている被リンク数※
  • 内部リンク数※
  • 外部リンク数※
  • HTTPステータス
  • SSL証明書の有無

※が付いている項目は、Value Domain管理ドメインでのみチェック可能です

上記の通り、SEO対策に必要なデータを幅広く収集できます。

実際に上記の項目を収集できるツールには、他に「Ahrefs」があります。しかし、Ahrefsは有料ツールであるため、気軽に利用できるものではありません。

Value Domain Analyserは費用をかけることなく上記の情報を収集できるため、コスパよくSEO対策ができます。

【簡単解説】その他おすすめのSEO対策ツール

Value Domain Analyser以外にもSEO対策を行うために活用できるツールは数多くあります。

以下にピックアップするツールはSEO対策の場でよく使われるため、覚えておきましょう。

  • Googleアナリティクス
    ⇒ Webサイト全体およびページごとのアクセス数を閲覧できる
  • Googleサーチコンソール
    ⇒ Webサイトへ検索流入があったキーワードおよびその数を確認できる
  • ラッコキーワード
    ⇒ 関連して検索する可能性があるキーワードを抽出する
  • GRC
    ⇒ 検索キーワードの調査を実施し、検索順位を表示してくれる
  • PageSpeed Insights
    ⇒ Webページの読み込み速度を評価してくれる

ツールを活用してさまざまな情報を収集すれば、的確なSEO対策ができるようになります。SEO対策を行う際は、Value Domain Analyserに加えてさまざまなSEO対策ツールを使ってみましょう。

上位表示のためにやるべきSEO対策は3つ

上位表示のためにやるべきSEO対策

SEO対策にはさまざまな施策があるため、やるべきことがわからない方も多いのではないでしょうか。SEO対策の施策は大きく分けて3つあります。

  1. 内部対策
  2. コンテンツ対策
  3. 外部対策

各対策について1つずつ解説します。

1. 内部対策

内部対策とは、自サイト内で完結できる対策のことです。以下のような施策が内部対策に該当します。

  • 内部リンクの挿入
  • タイトル・見出し内にキーワードを入れる
  • サイトマップの作成

Value Domain AnalyserであればWebサイト内における内部リンクの数を確認できるため、進捗度の把握が可能です。

内部対策は後述する他の対策に比べると、すぐに取り組める施策が多いです。そのため、SEO対策で手を付ける場所がわからない方は、まずは内部対策から取り組んでみましょう。

2. コンテンツ対策

記事コンテンツを充実させることを「コンテンツ対策」と呼びます。理想の状態は「読者が今読んでいる記事で検索を終わらせられる」ことです。

近年のネット社会は情報過多と言われています。そのため、検索順位を上位に表示させるためには、良質なコンテンツを提供していることが前提となります。

Right Caption

Questioner

「コンテンツの充実」と言われても難しいなぁ・・・
Left Caption

Respondent

読者の方に寄り添いながら記事を作成してみるのがおすすめですよ。

コンテンツを充実させるためには、以下のように想定読者の方に寄り添って記事を作成してみましょう。

  • どんな意図で検索しているか
  • どんなことを知りたいか
  • 他に知りたいことはないか

公開済みのコンテンツを見直して改善点などがある場合は、読者の方が満足のいく内容に仕上げるために、リライトをしてみてください。

3. 外部対策

SEO対策の中でも自分ではコントロールができないものの、外部対策は高い効果が期待できます。

外部対策の内容は、主に被リンクです。他Webメディアに自サイトのURLを添付してもらうことで、Googleからの評価が高まります。

外部対策は良質なコンテンツを公開していけば自然と付いてくるものです。

しかし、能動的に対策を取るのであれば、自サイトに関連するメディアに掲載を依頼することも1つの手です。

ただし、無闇に被リンクを増やしてしまうと却ってペナルティを課せられるリスクがあります。リンクの掲載を依頼する際は、メディアの選定が必要になります。

なお、Value Domain Analyserであれば被リンク数およびリンク先ページを確認できます。被リンク数を確認したい方は、ぜひ利用してみてください。

SEO対策を行うメリット・デメリット

Webサイトのアクセス数を向上させるためには、SEO対策は避けて通れないものです。しかし、SEO対策を行うにあたってメリット・デメリットがそれぞれあります。

SEO対策に力を入れていこうと考えている方は、メリットとデメリットの双方を踏まえた上で判断しましょう。

メリット

SEO対策を行うメリットは以下の3つです。

  • お金をかけることなく宣伝ができる
  • 資産になる
  • ブランディングができる

Webサイトのアクセス数が増えれば必然的に運営者の名前が広がっていくため、宣伝につながります。

宣伝するのであればWebサイト以外にも広告をはじめとした、さまざまな手法があります。しかし、SEO対策にかかる費用は広告などに比べると非常に格安で済むため、コスパよく宣伝できる手段となるはずです。

また、SEO対策を実施することで中長期的にも検索流入が見込めるため、結果的に資産にもなり得ます。

デメリット

SEO対策には数多くのメリットがある一方で、デメリットとして時間がかかってしまうことが挙げられます。

Webサイトを立ち上げてから一定の検索流入を見込むためには、短く見積もっても半年はかかってしまう傾向にあります。場合によっては2年3年と、長期的な目線で施策を打っていかなければいけません。

実際にWebサイトを立ち上げたものの、成果が出ないために数ヶ月のうちに更新がストップしてしまった事例は、山ほどあります。Webサイトを立ち上げる際は、根気よく続けられるか否かを検討した上で、取り組むようにしましょう。

SEO対策を進めるための6ステップ

上位表示のためにやるべきSEO対策

SEO対策を進める際は、以下の手順で進めていきましょう。

  1. 対策キーワードの選定
  2. 記事の執筆
  3. 内部対策の実施
  4. 外部対策の実施
  5. 成果を確認する
  6. 分析結果に応じてリライトを実施

各項目について、1つずつ解説します。

1. 対策キーワードの選定

まずは検索流入を見込む「対策キーワード」の選定から始めます。キーワードを選定する際は、先述した「ラッコキーワード」などを用いて、執筆するコンテンツをピックアップします。

選定すべき理想のキーワードは、できるだけ競合が少なく、かつ検索する人が多そうなものです。

単一キーワードは検索数が多い一方で、競合が非常に強いことから、おすすめできません。しかし、2つ以上の複合キーワードを狙っていけば、競合が一気に減るため、検索流入を狙える可能性があります。

Right Caption

Questioner

競合が多そうな単一キーワードは狙わない方がいいってこと?
Left Caption

Respondent

狙うメリットはありますが、効果が出るのは相当先になります。単一キーワードは、ある程度ドメインパワーが付いてから狙うのがおすすめです。

2. 記事の執筆

対策キーワードを選定したら、記事の執筆に取り掛かりましょう。

記事を執筆する際は、読者の方が検索を終わらせられるくらいに、必要な情報をわかりやすく入れることを意識してみてください。

3. 内部対策の実施

記事を公開する際は、内部対策の実施も忘れないようにしましょう。特に取り組むべきことは、内部リンクの挿入です。

内部リンクを入れることで、サイト内の別の記事も見てもらえる可能性があるため、アクセス数の向上につながります。

また、読者からすればより多くの情報を手に入れられるため、検索を終わらせられる可能性が高まります。読者の検索を終わらせられれば、Googleからの評価が上がると言われているため、検索順位の上位に表示させやすくなるでしょう。

4. 外部対策の実施

内部対策だけでなく、外部対策も行ってみてください。

外部対策は成果が出れば検索順位の上位に表示させやすくなります。しかし、外部対策は自分でコントロールするのが難しいため、成果が出るまでに時間がかかってしまうものです。

自サイトのコンテンツの質を高めていけば、自然と被リンク数は増えていくものです。そのため、外部対策を考えずに良質なコンテンツの提供に注力することも、戦略の1つと言えます。

また、外部対策を能動的に行う方法として、自サイトの関連メディアにリンクの掲載を依頼することが挙げられます。

外部対策は内部対策よりも労力がかかってしまいますが、効果の高い対策のため、ぜひ取り組んでみてください。

5. 成果を確認する

記事を執筆してから一定期間が経過した段階で、成果を確認してみましょう。Value Domain Analyserであれば総合的なSEO診断ができることで、改善点を見つけやすくなります。ぜひ使ってみてください。

Value Domain Analyser以外にも、アクセス数を把握できる「Google Analytics」や、検索流入キーワードをチェックできる「Google Search Console」も併用してみましょう。

複数のツールを活用することで、より現時点での立ち位置が明確になります。

6. 分析結果に応じてリライトの実施

分析結果に応じてリライトを実施しましょう。SEO対策ツールを用いて分析してみることで、以下のことがわかるようになります。

  • 予定していなかったキーワードでの流入
  • リライトが必要な記事
  • 記事内の足りなかった情報

さまざまな情報を元にリライトする記事を選定し、足りない情報を補うなどして質の向上に努めてみてください。

リライトを重ねることで、今まで以上に検索順位を上げられる可能性があります。

SEO対策を成功させるための3つのポイント

SEO対策にはさまざまな施策がありますが、必ず成功する方法はありません。しかし、以下3つのポイントを押さえておけば、SEO対策が上手くいく可能性は十分にあります。

  1. 読者ファーストを意識する
  2. スマホで読まれること前提でサイトを構築する
  3. Googleのガイドラインに沿って進める

1つずつ解説します。

1. 読者ファーストを意識する

Googleのユーザー、つまり記事の読者を第一に考えてメディアを作ることを意識してみてください。

GoogleがSEO評価をつけるポイントの1つに、サイト内の滞在時間が挙げられます。読者ファーストでコンテンツを作成していれば「必要な情報だ」と判断してしっかり読んでくれるため、自然と滞在時間が伸びていきます。

逆にGoogleのことだけを考えてメディア運営していると、読者の方にとって読みづらい内容となってしまい、すぐに離脱してしまいます。すぐに離脱してしまうとGoogleから評価されないため、一向に検索順位の向上が見込めません。

読者のためを想ったコンテンツこそが、検索順位で上位表示されるポイントとなります。

2. スマホで読まれること前提でサイトを構築する

Webサイトを構築するときは、スマホで読まれることを意識したデザインにするようにしましょう。実際に総務省が令和2年度に行った「通信利用動向調査」によると、直近1年間でネットを利用した端末は、パソコンよりもスマホの方が高いことがわかっています。

スマホ仕様に対応していないデザインだと読者の方が見づらく感じてしまい、すぐに離脱してしまう恐れがあります。少しでも多くの読者に読みやすく感じてもらうために、スマホに対応したデザインでサイトを構築するようにしましょう。

3. Googleのガイドラインに沿って進める

SEO対策を行うときは、Googleのガイドラインに沿って進めることも意識してください。

Googleのガイドラインに違反してしまうと、ペナルティを受けてしまい、検索結果に表示されなくなる恐れがあります。

Googleのガイドラインに抵触してしまうよくある例は、不自然に外部リンク数が増加することです。自サイトに全く関連性のない被リンクが付いてしまうと、Google側が「悪意のある施策」とみなすため、ペナルティを課せられてしまいます。

SEO対策の方法は至るところで語られていますが、中にはガイドラインに抵触した内容を紹介しているケースもあります。そのため、SEO対策を行うときは、Googleのガイドラインも確認した上で実施するようにしてください。

参考:検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド|Google検索セントラル

まとめ

Webサイトにアクセスを集めるためには、SEO対策は避けて通れません。SEO対策には数多くの施策があるため、ツールなどを用いて的確な対策を行う必要があります。

最後に、SEO対策を行うにあたってのポイントをまとめてみました。

  • 記事を執筆する際は、読者の方が検索行動を終わらせられるくらいの質を目指す
  • 記事を執筆してから一定期間が経ったあとに、SEO対策ツールを用いて情報を収集する
  • SEO対策でどれから手を付けようか迷ったときは、内部対策から行うのがおすすめ
  • Googleのガイドラインに抵触しないように注意する

SEO対策ツールを活用する際は、Value Domain Analyserをぜひ利用してみてください。バリュードメイン管轄のドメインをお持ちの方であれば、被リンク数や内部リンク数など、さまざまな情報を無料で取得できます。

もちろんバリュードメイン管轄外のドメインでも「ドメイン評価指数」が図れるため、大まかなSEO評価がわかります。

Webサイトを運営する以上は、SEO対策ツールの利用は避けて通れません。もしこの記事を読み終わった時点でドメインを取得していない方は、Value Domain Analyserの全機能が利用できるバリュードメインがおすすめです。

ぜひバリュードメインでのドメイン取得をご検討ください。

▽キャンペーン開催中!
バリュードメインでは、
ドメイン1円!ドメイン・サーバー同時契約でドメイン更新費用永久無料!など
お得なキャンペーン実施中です。
是非、お得なこの機会にご利用ください!
最新のキャンペーンは
こちらから
ドメインと変える、サイトの価値。Value Domain
この記事を監修した人
石井知樹
石井 知樹

GMOデジロック データアナリスト
20代からECサイト運営・WEBマーケティング系の仕事を15年以上経験。最近は分析スキル向上のため機械学習・データサイエンスを勉強中。

Posted by admin-dev


service

Value Domain
ドメイン取得&レンタルサーバーなら
Value Domain
ドメイン登録実績600万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。