WordPressプラグイン「Jetpack」で 緊急性の高い脆弱性

WordPress

このたび、WordPressプラグイン「Jetpack」で 緊急性の高い脆弱性が確認されています。
WordPressで「Jetpack」をご利用のサイトがございましたら、脆弱性に対応したバージョンが提供されておりますため、プラグインの更新をおすすめいたします。

WordPressプラグイン「Jetpack」脆弱性について

5月30日に「Jetpack」の新しいバージョン 12.1.1 がリリースされました。

本日初めに、Jetpack の新しいバージョン 12.1.1 をリリースしました。このリリースには重要なセキュリティ更新が含まれています。この脆弱性が悪用されたという証拠はまだありませんが、サイトのセキュリティを確保するために、できるだけ早く Jetpack のバージョンを更新してください。

https://jetpack.com/blog/jetpack-12-1-1-critical-security-update/

「Jetpack」で脆弱性が確認された対象バージョン

対象:2012年にリリースされたバージョン 2.0 以降の Jetpack

「Jetpack」脆弱性の詳細

WordPress内のファイルを不正に操作(作成、改ざん、削除)される恐れがあります。

WordPressプラグイン「Jetpack」脆弱性への対策

WordPressプラグイン「Jetpack」脆弱性への対策は以下の通りです。

「Jetpack」脆弱性への対策方法
  1. 「Jetpack」をご利用中の場合:修正された最新バージョン12.1.1へのアップデート
  2. 「Jetpack」を無効化していてご利用でない場合:プラグインの削除

WordPressプラグイン「Jetpack」脆弱性への対策方法は、修正された最新バージョン12.1.1へのアップデートです。

脆弱性が確認された対象バージョンの「Jetpack」を使用されている場合は、WordPressの管理ページ(ダッシュボード)より、脆弱性に対応済みの最新バージョンへのアップデートをおすすめいたします。

また「Jetpack」を無効化されておりご利用でない場合は、プラグインの削除を推奨いたします。

さいごに

WordPressプラグイン「Jetpack」をご利用の場合は、すぐにWordPressの管理ページ(ダッシュボード)でバージョンの確認してください。
2012年にリリースされたバージョン 2.0 以降の Jetpackの場合は、セキュリティ確保のため直ちにアップデートおすすめいたします。

▽キャンペーン開催中!
コアサーバーでは、
ドメインの更新費が永年無料(年間最大3,124円お得)になるサーバーセット割キャンペーンを実施中です。
是非、お得なこの機会にご利用ください! 最新のキャンペーンはこちらから
超高速化を実現するレンタルサーバー CORESERVER
この記事を監修した人
Value Note編集部
メディア編集部

ドメインの提供開始から20年。
その経験をもとにIT(ドメイン・サーバー・WordPress・セキュリティ...etc)の知識はもちろん、ここでしか見れない役立つ情報やコンテンツを発信するチームです。

Posted by admin-dev


おすすめ関連記事

service

Value Domain
ドメイン取得&レンタルサーバーなら
Value Domain
ドメイン登録実績600万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。
目次へ目次へ