MXレコードとは?役割と確認方法についてわかりやすく解説!

インターネット

Right Caption

Questioner

MXレコードはどのような役割がありますか?
Left Caption

Respondent

DNSレコードの1つで、メール送受信において重要な役割を果たします

特定のドメインへメールを送受信するために欠かせないDNSレコードが、MXレコードです。MXレコードに誤りがある場合、メールを正常に送受信できない恐れがあります。

この記事ではMXレコードについて、以下の内容を解説しています。

MXレコードの設定方法もわかるようになっているので、ぜひご一読ください。

MXレコードとは?役割についてわかりやすく解説

MXレコードとは「Mail Exchanger record」を略称とするDNSレコードの一種です。MXレコードの役割は、独自ドメインの電子メールを指定したメールサーバーへ送受信することです。

MXレコードの書式

MXレコードの書式

MXレコードは「(ドメイン名・ホスト名) IN MX(優先度) (メールサーバーホスト名)」で表記されます。

Left Caption

Respondent

具体例を挙げると「aaa.com IN MX 5 mx2.mailserver.com.」「xyz.com IN MX 10 mail.example.com」という感じです。

ここからは、MXレコードを構成する以下の要素について、それぞれ解説します。

  • ドメイン名
  • 優先度(プリファレンス値)
  • メールサーバー

順番に見ていきましょう。

ドメイン名

MXレコードを書く際は冒頭に、自身が保有しているドメイン名を入力する必要があります。ドメインとはインターネット上にある識別番号のようなもので、メールアドレスで言うと「@」より後ろ部分の文字列を指します。

ドメインについて詳しくは「【図解あり】ドメインとは?初心者にもわかりやすく徹底解説」の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

優先度(プリファレンス値)

MXレコードには優先度を表す数値を記載する必要があり、小さいほどメールサーバーへ優先的に配信されます。数値は0~65535の範囲内で指定可能で、一般的に1,10,20が入力されることが多いです。

例えば「aaa.com IN MX 5 mx2.mailserver.com.」と「aaa.com IN MX 10 mx1.mailserver.com.」の2つのレコードがある場合、優先度値の小さい「aaa.com IN MX 5 mx2.mailserver.com.」にメールは通常送信されます。

しかし、メール配送処理の工程に何らかの問題で「aaa.com IN MX 5 mx2.mailserver.com.」のサーバーへ配送できなかった場合は、優先度の数値が大きい「aaa.com IN MX 10 mx1.mailserver.com.」の配送手続きが行われます。

また、同じ優先度のMXレコードが複数ある場合はランダムに配信されるので、受信メールサーバーの負荷の分散が可能です。

メールサーバー

使用するメールサーバーのホスト名を入力します。メールサーバーはメーラーによって調べ方が異なるので、事前に調べておくとスムーズに進められます。

MXレコードで指定できるメールサーバーは、Aレコードで設定したものに限られる点には注意が必要です。Aレコードで設定されていることも、併せて確認しておきましょう。

なお、Webサーバーとメールサーバーを分ける場合は、Aレコードで指定したサーバーと異なるMXレコードを書く必要があります。

例えば、WordPressでホームページを運用しながらGoogle Workspaceのメールサーバーを活用する場合、以下のようにレコードを書き分ける必要があります。

  • Aレコード:WordPressのサーバーを指定
  • MXレコード:Google Workspaceのメールサーバーを指定

ホームページとメールの運用元を分ける場合は、ぜひ参考にしてみてください。

MXレコードによる独自ドメインメール間におけるメール送受信の仕組み

MXレコードの役割は指定したメールサーバーへ送受信することですが、具体的にどのように働くのか、イメージが湧かない人もいるでしょう。ここからは、MXレコードが独自ドメイン間でメールが送受信される流れについて解説します。

「a@aaa.com」から「b@bbb.com」へメールを送る場合の流れを、3ステップでまとめてみました。

  1. a@aaa.com のPCのクライアントDNSが「bbb.com」の在処を探す
  2. 「bbb.com」のMXレコード「bbb.com IN MX 10 mx.bbb.com」が解決され、メールサーバー「mx.bbb.com」が特定される
  3. mx.bbb.comのIP(サーバー)にメールがSMTP通信により送信される

MXレコードが独自ドメイン間でメールが送受信される流れ

MXレコードの設定に誤りがあると「bbb.com」のメールサーバー「mx.bbb.com」が特定できないので、メールが届かなくなってしまいます

MXレコードとAレコードの違い

MXレコードとAレコード

MXレコードが機能するための前提条件は、Aレコードでメールサーバーのホスト名が設定されていることです。MXレコードとAレコードは、どちらもDNSサーバーを機能させるのに欠かせないレコードですが、以下のように役割が異なります。

  • MXレコード
    ⇒ メールサーバーの使用において必要とされるレコード
  • Aレコード
    ⇒ 最も基本的な、ドメインとIPを紐づけるレコード

メール配信の際はAレコードにより、ドメインからメールサーバーのIPアドレスを特定しなければいけません。そのため、Aレコードで設定されていなければ、MXレコードで指定しても送れない恐れがあります。

Aレコードの役割については「【徹底解説】Aレコードとは?設定方法やCNAMEとの違いを紹介!」の記事で詳しく解説しています。Aレコードは数あるDNSレコードの中でも基本的なレコードと言っても過言ではないため、ぜひご一読ください。

MXレコードの設定方法をValue Domainで解説

バリュードメイン

MXレコードの設定方法について、当社が提供しているバリュードメインで解説します。

  1. Value Domainのマイページへログインし「ドメイン」⇒「ドメインの設定操作」の順にクリック
  2. MXレコードを追加したいドメインの欄にある「DNS/URL」をクリック
  3. テキスト入力欄にAレコードおよびMXレコードを入力する
  4. 画面下部にある「保存」ボタンをクリックすれば完了

MXレコードを始めとしたDNSレコードの設定方法については、以下の記事を参考にしてみてください。

【参考】ダイナミックDNS機能|Value Domain

MXレコードの確認方法

MXレコードの確認

MXレコードが正常に作動しているかどうかは、ご自身のパソコンで調べられます。ここではOSごとにMXレコードの確認方法を紹介するので、参考にしてみてください。

Windowsの場合

Windowsの場合は「nslookupコマンド」を用いて確認できます。nslookupコマンドを開いて「nslookup -type=mx example(自身のドメインを入力)」と入力すれば、MXレコードが表示されます。

LinuxおよびMacの場合

LinuxおよびMacの場合は「digコマンド」にて、確認が可能です。digコマンドでMXレコードを表示するには、「dig example(ドメイン名)mx」と入力する必要があります。

まとめ

MXレコードは特定のメールサーバーへ送受信する役割を持ちます。MXレコードを正常に機能させるためには、Aレコードでメールサーバーを指定する必要があります。

設定したMXレコードはWindowsでは「nslookupコマンド」で、LinuxおよびMacでは「digコマンド」で確認が可能です。メールが届かない場合、まずはMXレコードが正常に作動していることを確認してみてください。

▽キャンペーン開催中!
バリュードメインでは、
期間限定の特別割引ドメイン・サーバー同時契約でドメイン更新費用永久無料!(年間最大3,124円お得)などお得なキャンペーン実施中です。
是非、お得なこの機会にご利用ください!
最新のキャンペーンはこちら
から

ドメインと変える、サイトの価値。Value Domain

 

この記事を監修した人
中村圭佑
中村 圭佑

GMOデジロック ドメイン管理担当
ドメイン管理7年目。ドメインとDNSオタクがいつの間にか営業管理全般の担当に。
オタク趣味全般を網羅してます。

Posted by admin-dev


service

Value Domain
ドメイン取得&レンタルサーバーなら
Value Domain
ドメイン登録実績600万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。