DNSとは?ドメインとサーバーの繋ぎ役

インターネット

「DNS」はバリュードメインでも頻繁に出てくる重要ワードです。かなり端的に要約すると「ドメインIPアドレスの仲介役」です。バリュードメインでドメインとサーバーを購入すると、必ずDNS設定をしないといけません。さて、DNSはドメインとサーバーに対してどの様な役割を果たしているのでしょうか?

ドメインとIPアドレス

ドメインとIPアドレスについて、簡単におさらいしてみましょう。
インターネット上のコンピューター機器間の通信は、IPアドレスと呼ばれる数字の識別子で行われます。
しかし、数字が羅列されたIPアドレスのままだと、人間が一見して判別できない・覚えられないなどの理由によりドメインが生まれました。

名称 概要
ドメイン インターネット上の人間向けの住所 www.value-domain.com
IPアドレス インターネット上のコンピューター向けの住所 157.7.184.35

表が見切れている場合、横スクロールできます

つまり、Webサイトの住所はコンピューター向けと人間向けの2種類が存在するということになります。

ドメインとサーバーを連結するDNS

Webサイトのデータは個別のIPアドレスが付与されたサーバーに格納されています。私たちがWebサイトを閲覧するのにドメイン名を入力すると、呼応するサーバーのデータが呼び出される仕組みになってます。
IPアドレスとドメインを連結させるシステムをDNS (Domain Name System) と呼びます。そしてDNSを実行する機器がDNSサーバーです。

DNSサーバーの仕組み

DNSを実行する「DNSサーバー」には、世界中のドメインとIPアドレスのマッチング情報が入っています。全世界のデータとなるとかなり膨大な量ですが、どうやって管理・処理しているのでしょうか?
1台のDNSサーバーに全データが格納されているわけではなく、ドメインの階層に従って体系的に管理されています。

ドメインの構造

ドメイン名は「 . 」ドットで区切られている文字列(ラベル)ずつ、右から左に階層が下がって行きます。一番右の文字列がトップ階層トップレベルドメイン(TLD)に該当します。例えば、ドメイン名「digirock.co.jp」は「jp」、「value-domain.com」は「.com」がトップレベルドメインです。

DNSの管理体系

DNSの頂上にはDNSルートサーバー(ルートサーバー)が配置され、各トップレベルドメイン(.com / .net / .jp など)のDNSサーバーがもつIPアドレスを管理しています。最上位のルートサーバーは世界中に13個のシステムしかなく、全てのリクエストを処理していると量が多すぎて対応しきれません。
ドメイン名の1ラベル毎に権威DNSサーバーを設け、分散管理を行っています。この方法によってドメインの増加にも柔軟に対応できるのです。

DNSキャッシュサーバー

ドメイン名のリクエストが来ると、まず、DNSキャッシュサーバーが権威DNSサーバーに問い合わせを行います。一度問い合わせがあったドメイン名の情報は記憶(キャッシュ)され、次回以降は権威DNSサーバーに問い合わせを行わず、このキャッシュを使って代理で回答します。

DNSキャッシュサーバーはホスティング業者やIPSなどにより世界中の至る所に配置されています。クライアントからのリクエストに対して時間を短縮・効率的に回答し、権威DNSサーバーの負荷を軽減してくれるのです。

※インターネット接続サービスを提供する事業者で、一般的にプロバイダと呼ばれています。

リクエストを受けたDNSキャッシュサーバーは、ドメインの上位階層から下位への経路順に応答を行います。最後、ドメイン名のデータが入っているサーバーのIPアドレスをクライアントに返してくれます。

ネームサーバー

ネームサーバーは、DNSサーバーと同一です。ドメインに対して、利用するレンタルサーバー業者が提供するネームサーバーを設定します。

バリュードメインでは8つのネームサーバーを提供しています。

NS1.VALUE-DOMAIN.COM NS5.VALUE-DOMAIN.COM
NS2.VALUE-DOMAIN.COM NS11.VALUE-DOMAIN.COM
NS3.VALUE-DOMAIN.COM NS12.VALUE-DOMAIN.COM
NS4.VALUE-DOMAIN.COM NS13.VALUE-DOMAIN.COM

表が見切れている場合、横スクロールできます

ネームサーバーの設定方法

  • 1. バリュードメインのコントロールパネルの「登録しているドメイン一覧」でドメインの横にある「ネームサーバー」のアイコンを押します。
  • 2. バリュードメインのネームサーバーが設定されています(コアサーバー・バリューサーバー・XREAでドメインを運用する場合は問題ありません)。
    バリュードメイン以外が提供するレンタルサーバーを利用している場合、その業者が提供しているネームサーバーを指定します。

DNSとリソースコード

DNSの設定方法

例えば、ドメイン名「mikeneko.link」をバリューサーバーの「m1.valueserver.jp」で運用するとします。

  • 1. バリュードメインのコントロールパネルにログインして、「登録しているドメイン一覧」でドメインの横にある「DNS/URL」のアイコンを押します。
  • 2. DNS設定画面が表示されます。「当サービス内サーバーの自動DNS設定」のプルダウンメニューから該当のサーバーを選択します。
  • 3. 自動で入力されました。
    入力されたのはリソースレコードと言い、記述ルールに従ってDNSサーバーにドメインの運用方法を指示します。

先ほどDNSキャッシュサーバーに応答が記憶されると説明しましたが、記憶を保持する時間をTTLレコードで設定できます。TTLレコードで指定した時間が経過するとキャッシュサーバーの情報は削除されます。

リソースレコードの種類

レコード名 設定内容
A サーバーのIPアドレスのIPv4を指定
AAAA サーバーのIPアドレスのIPv6を指定
CNAME ドメインのホスト名を別名に指定できる。転送設定にも利用。
MX メールの優先順位を設定します。少ない数値を優先。
NS ドメインを管理するゾーン(DNSサーバー)情報
TTL 権威DNSサーバーとの応答をDNSキャッシュサーバーに記憶する時間

表が見切れている場合、横スクロールできます

*IPv4とIPv6については、IPアドレスの形式を参照ください。

リソースレコードの記述方式(一例)

A * 157.7.184.35 「*」は全てを表します。
ドメイン名「mikeneko.link」は全て 157.7.184.31(サーバーのIPアドレス)で運用すると記述しています。
これでWebサイトとメールの運用が可能になります。
MX mail.mikeneko.link.10
MX abc.mikeneko.link.20
複数のメールサーバーが設定されている場合、数値の少ない順にメールが送信されます。
10のメールサーバーが優先されます。

表が見切れている場合、横スクロールできます

リソースレコードの設定変更は、DNSサーバーには即時反映されません。バリュードメインでは5〜30分程度かかりますので、余裕をもって作業する必要があります。

ドメインのもう1つの長所「ずっと使い続けられる」を支えているのがDNSです。ドメインを所有し続けていればレンタルサーバーの業者を変えても、DNS設定でIPアドレスを変更すれば良いのです。

おわりに

DNSはインターネットを支える重要な技術です。
ここまで述べた内容を要約すると…

  • DNSとは、ドメインとサーバーのIPアドレスを連結する役割の名称。
  • ドメイン名のラベルのゾーン毎に専用の権威DNSサーバーが管理を行っている。
  • DNSキャッシュサーバーは問い合わせのあったドメイン名に関する情報を記憶し、次回以降はそのメモリを使って応答を行う。
  • リソースレコードを使って、ドメインの運用方法を設定できる。

リソースレコードを駆使すれば、1つのドメイン名で幅広いWebサイトやメールの運営が可能になります。バリュードメインでぜひお試しください。

vd誘導バナー

Posted by admin-dev


service

Value Domain
ドメイン取得&レンタルサーバーなら
Value Domain
ドメイン登録実績600万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。