GoogleDomains提供終了!既存ユーザーはどう対処すればいい?

2023年11月1日ドメイン

Googleが提供するドメイン管理サービスである「GoogleDomains(Googleドメイン)」がサービス提供を終了するというアナウンスがありました。

現在Googleドメインのサービスを利用されている方の中には、

「サービス終了にあたりどのような対処が必要になるのだろう?」
「GoogleDomainsから移管した方がいいのかな?」

と考えている方も多いのではないのでしょうか?

そこで本記事では、GoogleDomains(Googleドメイン)サービス提供終了の背景や既存ユーザーの対処法について詳しく解説していきます。

Googleドメインのサービス提供終了について詳しく知りたい人は、ぜひ本記事の内容を参考にしてください。

GoogleDomains(Googleドメイン)とは

GoogleDomains(Googleドメイン)とはGoogleが提供するドメイン管理サービスです。

2015年1月に開始されたサービスであり、

  • ドメインの購入
  • 購入したドメインの管理
  • ウェブサイト作成ツールを利用したサイト構築

などを行うことができます。

直感的に利用できるサイトデザインや、セキュリティ機能が充実している点がメリットです。

日本でもGoogleが提供しているドメインサービスということで、新規で利用するユーザーも増加していました。

GoogleDomainsがサービス提供終了を発表

2023 年 6 月 15 日、Squarespace は、Google Domains からドメイン登録と関連する顧客アカウントを購入する意向を発表しました。

Google Domains ヘルプ

Googleは米国時間の2023年6月15日にGoogleDomains(Googleドメイン)の提供を終了すると発表しました。

Googleドメインは事業を米Squarespaceに売却する意向を示しており、約1,000万個のドメインをGoogleから引き継ぐとのことです。

Google Domains ヘルプには以下のような記載がありました。

Google Domains アカウントに直ちに影響はありません。現時点では何もする必要はありません。規制当局の承認が得られ、取引が完了すると、Squarespace の顧客となり、ドメインは Squarespace によって所有され、移行期間後には管理されます。

Google Domains ヘルプ

既存のGoogle Domainsユーザーが管理していたドメインは自動的にSquarespaceへ移行されるということなので、現時点ではユーザー側でできることはなさそうです。

さらに少なくとも12ヶ月間は既存のGoogleDomainsユーザーの料金プランを維持して利用できるということなので、いきなりドメインの更新費用が値上がりする心配はないでしょう。

ただしSquarespaceはドメイン管理サービスというよりもWebサイト構築サービスなので、Google Domainsと同じ機能を求めているのであれば別サービスを検討したほうが良いかもしれません。

既存のGoogleDomainsユーザーの対処法

既存のGoogleDomainsユーザーの対処法
  1. 何もせずドメイン更新タイミングを待つ
  2. 自動移行されるSquarespaceを利用する
  3. 他社のドメイン管理サービスへの移行という選択肢もある

既存のGoogleDomainsユーザーにとって考えられる対処法は上記3つ。

Googleドメインがサービスを終了するというのは避けられない事実なので、いずれかの対処となります。

ここからそれぞれの方法について詳しく解説していきます。

何もせずドメイン更新タイミングを待つ

少なくとも12ヶ月間は既存のGoogleDomainsユーザーの料金プランを維持して利用できる」とアナウンスされているので、早急に何かする必要はありません。

しかし、自動移行後1年以上経過した場合の料金プランなどはまだ発表されていないためSquarespaceの料金発表のタイミング、もしくはドメイン更新のタイミングでそのまま利用するか移管するかなどの判断は必要になるでしょう。

自動移行されるSquarespaceを利用する

Googleドメインから自動移行されるSquarespaceを利用するという方法があります。

Google Domains アカウントに直ちに影響はありません。現時点では何もする必要はありません。規制当局の承認が得られ、取引が完了すると、Squarespace の顧客となり、ドメインは Squarespace によって所有され、移行期間後には管理されます。

Google Domains ヘルプ

GoogleDomains公式から上記の発表があったように、ユーザーが手続きをしなくても自動的にGoogleドメインからSquarespaceへの移行が行われるからです。

Squarespaceはウェブサイト作成とホスティングを提供するサービスになります。

Webの専門知識がなくてもデザイン性の高いウェブサイトを作成できるのが魅力ですが、

  • 月額20ドルのコストがかかる
  • 管理画面がすべて英語

などのデメリットも。

自動移行されるSquarespaceを利用するのもありですが、今までのGoogleDomainsと同じ機能を利用したいのであれば他社のドメイン管理サービスへの移行をするという選択肢もあるでしょう。

別のドメイン管理サービスへの移行を行う

Googleドメインから別のドメイン管理サービスへの移行を行うというのもひとつの選択肢になります。

Googleドメイン以外にも国内外に様々なドメイン管理サービスが存在するため、別サービスへの移行を行うことで以前と同じような形でドメインを利用することが可能です。

ちなみにドメイン管理サービスを変更することを「ドメイン移管」と言います。

日本国内のドメイン管理サービスとしては、

  • バリュードメイン
  • お名前.com
  • ムームードメイン

などが特に有名です。

上記のようなドメイン管理サービスではGoogleドメインと同じように

  • ドメインの購入
  • 購入したドメインの管理
  • WordPressを利用したサイト構築

などを行うことが可能。

Googleドメインと同じ機能を利用したいのであれば、バリュードメインのような別のドメイン管理サービスを利用するのがおすすめです。

GoogleDomainsから別サービスへドメイン移管を行う際の注意点

GoogleDomainsから別のドメイン管理サービスへドメインの移管を行う上での注意点は、あらかじめGoogleドメイン側でDNSSEC設定を解除しておくことです。

DNSSEC設定とはGoogleドメインのセキュリティ機能のひとつであり、DNSSEC設定を解除しておかないとサイトを正常に表示できない可能性があります。

サイトが長期間表示されない状態になってしまうとアクセスが大きく下がってしまうこともあるため、必ず事前に確認を行うようにしましょう。

移管の際の注意点等については、下記で解説しています。移管を検討中の方はご覧ください。

具体的なDNSSEC設定の解除方法については下記のGoogleDomainsヘルプページで解説されているので、こちらを参考にしてください。

DNSSEC と DNS のセキュリティを設定する:Google Domains ヘルプ

バリュードメインへの移管方法

バリュードメインは、サービス運用20年・累計ドメイン登録件数680万件、豊富な実績で、安心と安全を約束します。

GoogleDomainsから弊社が運営するドメインサービス「バリュードメイン」への移管方法は、下記の通りです。

バリュードメインへのドメイン移管方法
  1. GoogleDomainsでWHOIS代行解除、Authコード取得
  2. バリュードメインへ移管申請
    ※レジストラは、「KeySystems」をお選びください
    ※現時点では、レジストラ側の移管に関する問題でGMOを選択いただいても移管ができません。
    GMOへの移管をご希望の場合、サポートでの個別対応が必要になります。GMOへの移管には、お時間を頂戴いたします。何卒、ご了承ください。

ドメインの移管手順の詳細は「Google Domains終了! それならバリュードメインに引っ越し(移管)だッ!」で画像付きで詳しく解説しています。
移管をご検討中の方は、ぜひご確認ください。

バリュードメインドメインの移管マニュアルはこちら>>
バリュードメインサポートへのお問い合わせフォーム

https://www.value-domain.com/support/topic/create/SPT/
※新規でのお問い合わせフォームは、下記ページ中程にございます。

まとめ:GoogleDomains提供終了に対しての対応を行いましょう

ここまでGoogleDomainsのサービス提供終了に関する内容や、サービス終了に伴う対処方法について詳しく解説してきました。

Googleドメインのサービスが終了するにあたり、既存ユーザーの方は別のドメイン管理サービスへの移行を行うなどの対応が求められるでしょう。

ドメインの移管をご検討の際はドメイン登録実績600万件、国内最大級のドメイン取得・管理サービスバリュードメインにお任せください。

豊富な実績で、安心と安全をお約束します。

バリュードメインの移管ページはこちら>>

▽キャンペーン開催中!
バリュードメインでは、
【 .com /.net /org: 500  .info /.biz: 100 】のワンコインSALE、 ドメイン・サーバー同時契約でドメイン更新費用永久無料(年間最大3,124円お得)
などお得な特典やキャンペーンが盛りだくさん! 是非、お得なこの機会にご利用ください。最新のキャンペーンはこちらから
ドメイン取得ならValue Domain
この記事を監修した人
中村圭佑
中村 圭佑

GMOデジロック ドメイン管理担当
ドメイン管理7年目。ドメインとDNSオタクがいつの間にか営業管理全般の担当に。
オタク趣味全般を網羅してます。

Posted by admin-dev


おすすめ関連記事

service

Value Domain
ドメイン取得&レンタルサーバーなら
Value Domain
ドメイン登録実績600万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。
目次へ目次へ