ドメイン料金をお安く取得!jpドメイン複数年登録キャンペーンのお知らせ

2021年7月28日ドメイン

バリュードメインでは、.jpドメインの複数年・新規登録キャンペーンを実施中です。

ドメインって新規取得は安いけど、更新費用が結構取られるよね…
といったユーザー様の声から複数年(2〜10年)での登録がお得になるキャンペーンを開催中です。

2021年7月30日(金)までの期間限定になります。
ドメインは早い者勝ちですので、ぜひ今すぐチェックしてみてください。

ドメイン料金がお得!複数年新規登録キャンペーン

.jpドメイン(ローマ字)の新規取得料金
期間 価格 (税込)
1年 1,155 円
3,124円
2年 3,350 円
6,248円
3年 6,000 円
9,372円
4年 8,650 円
12,496円
5年 11,200 円
15,620円
6年 13,800 円
18,744円
7年 16,400 円
21,868円
8年 19,000 円
24,992円
9年 21,600 円
28,116円
10年 24,000 円
31,240円

(下段の数字はキャンペーン前の価格です。)

キャンペーンの特徴

一般的なドメインのキャンペーンは、取得費用のみが安くなり、
2年目以降の更新費用が高いことがほとんどです。
しかし、今回のキャンペーンでは2〜10年の複数年登録にも対応していますので、
初年度のみではなく、更新費用も安く抑えることができるのです。

適用条件

  • ローマ字の.jpドメイン

キャンペーン期間

  • 2021年7月30日(金)まで

お申込み方法

キャンペーンには、以下の手順でお申し込みください。

  1. .jpドメインページまたは ドメイン検索ページへアクセス
  2. 希望の文字列の空き状況を検索
  3. 「取得する」を選択して登録

ドメイン取得料金【5社を徹底比較】

ドメイン複数年登録料金【5社比較表】
登録年数 Value Domain A社 B社 C社 D社
1 1,155 1,320 480 2,596 500
2 3,350 4,664 3,604 5,192 3,602
3 6,000 8,008 6,728 7,788 6,702
4 8,650 11,352 9,852 10,384 9,806
5 11,200 14,696 12,976 12,980 12,908
6 13,800 18,040 16,100 15,576 16,010
7 16,400 21,384 19,224 18,172 19,112
8 19,000 24,728 22,348 20,768 22,214
9 21,600 28,072 25,472 23,364 25,316
10 24,000 31,416 28,596 25,960 28,418

代表的なドメイン販売会社5社の、複数年登録の料金を比較してみました。どの年数を比較しても、弊社バリュードメインのキャンペーン価格が最安値となっております。(2021年7月時点)

B社とD社の価格は、どの年数もほぼ同額です。1年目のみが大幅に安くなっていますが、2年以上の登録となると、それほどお得ではありません。

A社はどの年数でも、B社・D社よりも高額。C社は1~2年の短期契約でも安くはなく、全体的に高めの料金設定となっています。

ドメインの取得料金で選ぶなら、バリュードメインがもっともおすすめと言える結果となりました。

取得料金の他にもある!ドメインの長期利用による4つのメリット

ドメインを長期利用することには、主に4つのメリットがあります。

  1. 複数年登録によりトータルコストが安くなる
  2. 長期利用によりSEOに強くなる
  3. ブランディングにつながる
  4. 複数年登録によりドメイン廃止を防げる

以下、順番に見ていきましょう。

1. ドメインの複数年登録により合計料金が安くなる

Right Caption
ドメインを複数年で契約する意味はあるのでしょうか?
Left Caption
ドメインは通常1年更新ですが、Webサイトによっては最初から長期利用を想定している場合もあります。
その場合、ドメイン料金を毎年支払うより、数年分を一括で払った方がお得になりやすいです。

特に「.jp」ドメインは国内向けのメインサイトに使われ、長く運用される傾向があります。

最初から複数年登録をすることでトータルコストが安くなるのであれば、それを利用しない手はありません。

2. ドメインの長期利用によりSEOに強くなる

一般的にドメインエイジが長いほど、SEOにおける価値が上がっていくと言われています。ドメインエイジとは検索エンジンにインデックスされてからの年数で、簡単に言うとドメインの運用年数のことです。

長期利用によりSEOに強くなる要因の1つは、今までに受けた評価が蓄積されているからと考えられます。

また、新規ドメインを取得した際は、検索エンジンに認知されるまでにかかる期間が半年程度。そのため、数年運用しているドメインの方が、SEOで有利になりやすいです。

SEOに強くなると、検索結果で上位表示されるため、企業・個人の宣伝や商品の販売促進につながるというメリットがあります。

3. 長期運用したドメインはブランディングにつながる

ドメインの文字列から生まれるイメージは、そのままWebメディアや運営者の印象に結びつくものです。

そのため、企業やサービスの特徴が伝わるドメインには、大きなメリットがあります。長くドメインを運用することで、イメージ構築やブランディング戦略に役立つのです。

また、長期間運用が続いていることで、Webサイト自体の信頼度や会社・店舗の認知度アップにつながります

ドメインによるブランディング・マーケティングについては「ドメイン=住所の認識は損。本当のドメインの価値とは?」の記事で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

4. 更新手続き忘れによるドメイン廃止を防げる

ドメインには利用できる有効期限があり、通常は毎年更新が必要です。

Right Caption

更新を忘れてしまったら、どうなるのでしょうか?
Left Caption
更新手続きを行わなかったドメインは、中古ドメインとして市場に販売されます。

価値の高いドメインを狙う人は多く、業者やオークションへの転売で、他の人の手に渡ってしまうこともあるのです。

単なる手続き忘れであっても、1度他者のものとなったドメインを取り返すことは、かなり難しいでしょう。長期運用する予定ならば、はじめから複数年登録をすることで、手続き忘れによるドメイン廃止を防げます。

まとめ

Webサイトの長期運用を想定しているなら、ドメインの複数年登録が得策です。料金的にも安くなる上、更新手続きの漏れも防げて安心。

また、ドメインの長期利用には、SEOにおける価値向上や、ブランディング・信頼度アップにつながるというメリットもあります。

新規にドメインを取得するなら、お得な複数年登録がおすすめです。今ならキャンペーン価格で、さらにお安く購入できます。希望のドメインが空いているか、さっそくチェックしてみましょう

vd誘導バナー

Posted by admin-dev


service

Value Domain
ドメイン取得&レンタルサーバーなら
Value Domain
ドメイン登録実績600万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。