コアサーバーV2プランご契約でドメイン更新費用が永久無料
コアサーバーV2プランご契約でドメイン更新費用が永久無料 ×

orgドメインとは?料金・要件・登録可能数をまとめて解説!

2022年6月7日ドメイン

Right Caption

Questioner

ドメインで「.org」というものがあるのですが、一体どんなものなんですか?
Left Caption

Respondent

「.org」は非営利団体向けのドメインです。だれでも利用できるのも特徴の1つですね。

ドメインには数多くの種類があるため、選び方に迷われる方は多いのではないでしょうか。

よく使われるドメインの1つに「orgドメイン」があります。

本記事ではorgドメインの理解を深められるように、下記のポイントについて解説します。

orgドメインをご自身でも取得できるのかわかるようになっているため、ぜひご一読ください。

なお、ご希望のorgドメインが取得可能かどうか、以下の検索窓からご確認いただけます。

検索したいドメインをご入力ください

orgドメインとは

orgドメインの概要について、まずは簡単に解説します。

gTLD(分野別トップレベルドメイン)の1種

orgドメインは「gTLD(分野別トップレベルドメイン)」に分類される、誰でも取得できるドメインの1つです。

gTLDには他にも「.com」「.net」などのドメインがあります。

gTLDについては「ドメインの種類で覚えるべきは大きく2つ!費用やSEOに及ぼす影響などを徹底解説」の記事で詳しく解説しています。ドメインの構造について気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

非営利組織を表す

orgドメインは「organization(組織)」の頭文字を取ったもので、元々は非営利団体向けであることが最大の特徴です。

ただし、当初の対象者が非営利団体なだけであって、2022年5月現在は誰でも取得できるようになっています。

参考までに、orgドメインを含めたドメイン設立当初に決められていた対象者は以下の通りです。

ドメイン対象
.org非営利組織団体向け
.netネットワーク関連のサービス向け
.com商用サイト向け
.info情報発信を主に行うサイト向け
.bizビジネスサイト向け

検索したいドメインをご入力ください

orgドメインの料金・仕様・取得要件について

orgドメインの料金や仕様について解説します。

料金

バリュードメインでドメインを取得する場合の料金設定は、2022年5月現在以下の通りです。

ドメイン新規取得(初年度)更新/年移管
.org1,450円1,628円1,628円
.com1,240円1,510円1,380円
.net1,430円1,628円1,530円
.jp3,124円3,124円2,035円

上記より、orgドメインは「comドメイン」に比べるとやや高めに設定されています。

そのため、費用面で考えるとorgドメインはおすすめできないドメインです。

ただし、バリュードメインでは「お得意様割引」により、通常よりも割引価格で更新できます。バリュードメインのお得意様割引は、管理ドメインが15個以上のユーザーに適用される特典です。

orgドメインの場合、通常1,628円するところを1,595円で更新できます。

登録可能数

orgドメインは取得制限がないため、1人で複数ドメインの登録が認められています。

ドメインによっては、1人あたり1つまでといった制限が設けられています。例えば、法人を対象とした「co.jpドメイン」では、1社につき1つのドメインしか、取得が認められていません。

orgドメインであれば取得制限がないため、複数サイトを運営したい時でも問題なく登録できます。

15個以上のドメインを取得する場合は、バリュードメインの「お得意様割引」を適用すれば、お得に運用できます。

登録要件

orgドメインは誰でも取得できるドメインです。

元々は非営利組織を対象として設立されたドメインですが、2022年5月現在は制限が撤廃されています。

orgドメインに関するよくある質問

Q & A

orgドメインについてよくある質問をまとめてみました。

  • 読み方は?
  • Whois情報公開代行には対応している?
  • orgドメインはSEOに影響はある?
  • 他におすすめのドメインの種類を知りたい

順番に回答していきます。

読み方は?

orgドメインの読み方は「オーグ」もしくは「オルグ」のいずれかです。

元の語源となる「organization」の読み方から考えると、「オーグ」のほうが一般的であると言えます。

Whois情報公開代行には対応している?

orgドメインのWhois情報公開代行は、ドメイン管理会社によって異なりますが、主要サービスでは対応しているところが多いです。

バリュードメインではorgドメインのWhois情報公開代行を、2020年4月から対応しています。

関連

orgドメインはSEOに影響はある?

orgドメインがSEOに影響することは、ほぼないと言えます。

orgドメインを含めたgTLDについて、Googleでは以下のように公表しています。

Q: 新しい gTLD は検索に影響しますか?Google は、新しい TLD が有利になるようアルゴリズムを変更しているのですか?検索において、新しい TLD はどの程度重視されるのですか?

A: 基本的に、新しい gTLD も他の gTLD(.com、.org など)と同じように処理されます。検索において、特定の TLD のキーワードが有利に働くことも不利に働くこともありません。

新しいトップレベル ドメイン(gTLD)に対する Google での取り扱いについて|Google検索セントラル

「うちは非営利組織だからorgドメインのほうが有利に働く」といったこともないため、お好きなドメインを選ぶようにしましょう。

他におすすめのドメインの種類を知りたい

同じgTLDに該当する「.com」「.net」は読者にも馴染みのあるドメインのため、迷ったときにおすすめです。ただし、ユーザー数が多いドメインだと希望するドメイン名で使えない場合もあることは、理解しておく必要があります。

また、法人の場合は「co.jp」ドメインを検討してみるといいでしょう。co.jpドメインの対象は法人で、尚且つ1つしか発行できないため、ドメイン名が重複する心配がありません。

ただし、どのドメインを選んでも基本的にSEOに影響を及ぼすことはないので、好みや費用などを元に選ぶといいでしょう。

orgドメインを取得するならバリュードメイン!

Right Caption

Questioner

ドメイン取得を考えているんですが、どこのサービスがおすすめですか?
Left Caption

Respondent

低価格で570種類以上のドメインを扱っている、バリュードメインがおすすめです!

弊社が運営するバリュードメインでは、本記事で紹介したorgドメインを始めとした、さまざまなドメインを用意しています。

管理ドメイン数が15以上のユーザーを対象とした「お得意様割引」を適用すれば、通常よりも安い価格での利用が可能です。バリュードメインでドメインを取得していただければ「Value Domain Analyzer」により、被リンク数を始めとした、あらゆる観点からSEO分析ができます。

また、同じく弊社が運営しているコアサーバーでは、バリュードメインで取得したドメインと一括管理を行えます。サーバーとドメインを一括管理できれば、サイト運営にかかる手間を減らせるようになります。

コストを抑えつつ、スムーズにWebサイトやブログを運営するために、バリュードメインを検討してみてください。

ドメインと変える、サイトの価値。Value Domain

Posted by admin-dev


service

Value Domain
ドメイン取得&レンタルサーバーなら
Value Domain
ドメイン登録実績600万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。