独自ドメインとは?おすすめの取得方法やメリット・デメリットを解説

2022年3月4日ドメイン

独自ドメインとは?おすすめの取得方法やメリット・デメリットを解説

独自ドメインとはWebサイトの場所を示す住所のようなもので、Webサイトやホームページを立ち上げるために必要です。

独自ドメインを取得せずにWebサイトを立ち上げることもできますが、独自ドメインにはビジネスにおいて信頼につながることやメールアドレスにもつかえるなどさまざまなメリットがあります。ビジネス目的でWebサイトを運用するのであれば独自ドメインを取得した方がよいでしょう。

本記事では独自ドメインとはどのようなものなのか?初心者にもわかりやすく解説していきます。

おすすめの独自ドメイン取得方法やメリット・デメリットについても紹介するので、これから独自ドメインを取得したいと考えている人はぜひ参考にしてください。

これから独自ドメインを取得したいと考えているのであれば、バリュードメインを利用するのがおすすめです。

バリュードメインコアサーバーを同時申し込みでwordpressが自動でインストールされるので初心者でも安心してWebサイトの運用を開始できます。

独自ドメインの取得を検討しているのであれば、ぜひバリュードメインをご利用ください。

国内最大級!登録実績680万件

バリュードメイン公式サイトをみる

独自ドメインとは

独自ドメインとは、インターネット上の住所のようなものです。

家や会社に必ず住所があるように、Webサイトやホームページ、メールアドレスには必ずドメインが含まれています。

独自ドメインは自分で好きな文字列を指定して利用できるドメインとなっており、世界に1つだけのオリジナルドメインです。

例えば「https://www.value-domain.co.jp/」の場合、後半部分の「value-domain.co.jp」が独自ドメインにあたります。

ドメインとURLについて説明した画像

ドメインとは何か?に関しては下記の記事でも詳しく解説しているので、こちらもぜひ参考にしてください。

独自ドメインと共有ドメインの違い

  独自ドメイン 共有ドメイン
特徴 自分だけが使えるオリジナルのドメイン 複数の人と共用で使うドメイン
メリット
  • Webサイトへの集客がしやすい
  • Web上の資産になる
  • 無料で利用できる
  • 管理の手間がかからない
デメリット
  • 取得費用がかかる
  • 維持・管理の手間がかかる
  • Webサイトへの集客が難しい
  • 資産になりにくい
value-domain.com
  • hatenablog.com(はてなブログのドメイン)
  • ameblo.jp(アメブロのドメイン)
  • gmail.com(Gmailのドメイン)

独自ドメインと共有ドメインの違いについて、上記の比較表にまとめました。

独自ドメインとは自分だけが使えるオリジナルのドメインであり、Web集客がしやすい点やWeb上の資産になる点がメリットです。

対して共有ドメインはコストがかからない代わりにGoogleからの評価が低く、Web集客が難しい点がデメリットだといえます。

例えばはてなブログの場合、ユーザーそれぞれが「〇〇.hatenablog.com」のような形でブログの後半部分に共有ドメインが付きます。

独自ドメインと共有ドメインの構造

共有ドメインの場合には他ユーザーの影響でWebサイトの評価が上がりにくいため、集客が難しくなってしまうため注意してください。

独自ドメインを取得するメリット5つ

独自ドメインを取得するメリット5つ
  1. 信頼性向上につながる
  2. 自分だけの資産になる
  3. SEOで評価されやすい
  4. サイトに自由に広告を掲載できる
  5. メールアドレスにも使用できる

独自ドメインを取得するメリットは上記5つです。

ここからそれぞれのメリットについて、1つずつ詳しく解説していきます。

信頼性向上につながる

独自ドメインを取得すれば、取引先の担当者やWebサイトの訪問者からの信頼性向上につながるメリットがあります。

会社名やブランド名をドメインに含めれば、ホームページやメールアドレスを見た人が会社名・ブランド名を認知しやすくなるからです。

もし取引先の担当者とメールでやり取りをしているときに、メールアドレスがGmailやYahoo!メールのアドレスだとしたら本当にその会社の人間なのかと疑われてしまうでしょう。

取引先や訪問者からの信頼性を向上させるために、独自ドメインは取得しておくのがおすすめです。

自分だけの資産になる

独自ドメインを取得すれば、自分だけのWeb上の資産になるのもメリットだといえます。

永続的に同じドメインを使い続けられるため、共有ドメインと違い急にホームページやWebサイトが使えなくなったり消えてしまう心配がありません。

またドメイン名と会社名やブランド名を一致させれば、会社名やブランド名をユーザーに認知してもらいやすくなるブランディング効果も得られます。

共有ドメインの場合、事業者がサービスを停止してしまうとドメインを利用できなくなるため、急にホームページがなくなってしまう可能性があります。

独自ドメインであれば、同じドメインを使いながらサーバーを変更したり、ホームページのデザインを修正するのも簡単です。

永続的にドメインを利用できて、Web上の資産になる点が独自ドメインのメリットだといえます。

ドメインのブランド価値については下記の記事でも詳しく解説していますので、こちらもぜひ参考にしてください。

SEOで評価されやすい

独自ドメインは検索エンジンからの評価が高くなりやすく、SEO効果があるのもメリットになります。

Webサイトの評価は運営歴が長くなればなるほど高くなるため、永続的に利用できる独自ドメインはSEO評価が上がりやすい傾向があります。

共有ドメインの場合には、サービスが終了してしまうと別のサービスでホームページを作り直す必要があり、SEO評価も0に戻ってしまいます。

時間はかかりますが、独自ドメインで長期間コツコツと検索エンジンからの評価を上げた方が長い目で見るとメリットが大きいといえるでしょう。

サイトに広告を自由に掲載できる

独自ドメインでホームページやWebサイトを作成すれば、サイト上に自由に広告を掲載できる点もメリットです。

アメブロなどの無料ブログでは共有ドメインを利用しますが、サービス事業者が掲載できる広告を規制していることがあります。

他社アフィリエイトの利用はできますか

できません。Amebaでは他社提供のアフィリエイト利用を禁止しております。
Amebaでご利用いただけるアフィエイリトサービスは、公式アフィリエイト「Ameba Pick」とさせていただいておりますので、注意点等をご確認の上以下のページよりお申込みください。

amebaヘルプ

上記のamebヘルプページに記載があるように、アメブロでは他社が提供するアフィリエイト広告を掲載するのが禁止されています。

独自ドメインであればどのような広告を掲載しても規制されることがないため、自由度の高さが独自ドメインのメリットだといえるでしょう。

Webサイトの収益化という点でも独自ドメインの取得がおすすめです。

メールアドレスにも使用できる

独自ドメインを取得すれば、独自のメールアドレスを作成できるのもメリットになります。

GmailやYahoo!メールなどのフリーメールではなく独自ドメインでメールアドレスを作成すれば、ホームページとの一貫性が生まれて信頼性が高まるでしょう。

メールアドレスの説明
URLの説明

例えば、「〇〇.com」の独自ドメインを取得した場合、「yamada@〇〇.com」などのメールアドレスを作成可能です。

独自ドメインのメールアドレス

@より前の部分は複数作成可能なので、従業員数分のメールアドレスを作成したり部署ごとのメールアドレスを作成できるのもメリットになります。

独自ドメインを使ったメールアドレスの作成方法に関しては下記の記事でも詳しく解説しているので、こちらもぜひ参考にしてください。

独自ドメインを取得するデメリット3つ

独自ドメインを取得するデメリット3つ
  1. 取得・更新に費用がかかる
  2. 自分で設定が必要
  3. 登録者情報を公開する義務がある

独自ドメインを取得するデメリットは上記3つです。

独自ドメインにはメリットだけでなくデメリットもあるため、取得する際には覚えておきましょう。ここからそれぞれのデメリットについて1つずつ解説していきます。

取得・更新に費用がかかる

独自ドメインは取得や更新の際に費用が発生するのがデメリットだといえます。

取得時の費用はドメインによって異なりますが、相場は100〜2,000円程度です。

下記にバリュードメインでのドメイン取得・更新費用をまとめたので、こちらもぜひ参考にしてください。

ドメインの種類 取得費用 更新費用
.com 0円〜2,000円 1,838円〜
.net 0円〜2,300円 1,982円〜
.jp 350円〜3,000円 3,803円〜
.tokyo 100円前後 1,982円〜
.shop 250円前後 5,330円〜
.org 880円〜2,000円 1,982円〜
.info 300円前後 1,982円〜
.biz 200円前後 2,116円〜

また独自ドメインは毎年更新費用がかかるため、その点も忘れずに確認しておきましょう。

独自ドメインの取得費用相場については下記の記事でも詳しく解説しているので、こちらもぜひ参考にしてください。

自分で設定が必要

独自ドメインを取得した後にホームページを立ち上げるためには、レンタルサーバーの設定やホームページの作成など自分で行う設定が増えてしまいます。

特にこれから初めてホームページやブログを立ち上げる人にとって、自分で設定を行えるか不安に感じてしまう人もいるでしょう。

もし自分でドメインやサーバーの設定を行うのが難しいと感じるのであれば、設定を代行してくれるレンタルサーバー会社を選ぶのがおすすめです。

バリュードメインではWordPressインストールやSSL設定などWebサイトの立ち上げに必要な作業を代行する「おまかせスタート」のサービスを提供しています。

おまかせスタートのファーストビュー

サイト立ち上げをスムーズに行いたい人や、設定方法がわからなくて不安な人はぜひバリュードメインのおまかせスタートをご活用ください。

登録者情報を公開する義務がある

独自ドメインを取得すると「Whois情報」として、所有者の個人情報を登録および公開する義務が生じます。

Whois情報で公開される項目は、以下の4つです。

  1. 名前
  2. 住所
  3. 電話番号
  4. メールアドレス

所有者のプライバシーにかかわる情報すべてが公開されてしまいます。

しかしバリュードメインをはじめとしたドメイン会社が提供している「Whois情報公開代行サービス」を利用すれば、ドメイン管理会社の情報を代わりに公開してくれます。

Whois情報の公開代行サービスを利用すれば、あなたの個人情報を公開される心配がないため、独自ドメインを取得された方は必ず利用しましょう。

独自ドメインの選び方

独自ドメインを選ぶ際のポイント
  1. 「.com」「.jp」「.net」など定番かつ信頼性が高いもの
  2. 取得・更新費用ができるだけリーズナブルなもの
  3. サイトのイメージに合ったドメインを取得する

独自ドメインの選び方は上記3つのポイントを意識してください。

独自ドメインには「.com」や「.jp」などさまざまな種類がありますが、迷ったら定番かつ信頼性の高い

  • .com
  • .jp
  • .net

を選ぶようにしてください。

また取得・更新費用が相場以上に高いドメインは避け、できるだけリーズナブルなドメインを選ぶのがおすすめです。

さらに「.com」や「.jp」以外にも、

  • ブログサイトであれば「.blog」
  • IT系サイトであれば「.tech」

などサイトのイメージに合ったドメインを取得するのも検討してください。

ドメイン名の決め方については下記の記事でも詳しく解説しています。

独自ドメインがおすすめな人

独自ドメインがおすすめな人
  • ビジネス目的でブログやホームページを立ち上げる人
  • 自分のサイトをブランディングしたい人
  • 多くのアクセスを集められるWebサイトを運営したい人

独自ドメインを取得するのがおすすめな人は上記の通り。

本格的にビジネスとしてブログやホームページを運営したい人は独自ドメインを取得するようにしましょう。

ドメイン取得費用やレンタルサーバーのコストはかかりますが、資産となるWebサイトを構築できたりSEO評価が高くなるなどメリットが多いです。

本格的なブログやホームページを運営したいのであれば、ぜひ独自ドメインの取得を検討してください。

バリュードメインで独自ドメインを取得する>>

またバリュードメインでは、コアサーバーV2プランと同時申し込みで毎年かかるドメインの更新費用が永久無料になる特典があります。

サーバーの月額費用のみで独自ドメインのサイトが運用できるため、少しでも費用を抑えたい人はぜひチェックしてください。

コアサーバーV2プラン同時契約でドメイン永久無料の詳細はこちら>>

独自ドメインの取得方法を3ステップで解説

独自ドメインの取得方法3ステップ
  1. ドメイン名を決める
  2. ドメインを検索する
  3. ドメインを登録する

独自ドメインを取得するまでの流れとしては上記3ステップです。

上記の手順に沿って進めていけば、誰でも独自ドメインを取得することができるでしょう。

ここからそれぞれのステップについて詳しく解説していきます。

ドメイン名を決める

まずはこれから取得するドメイン名を決めましょう。

基本的な流れとしては「〇〇.com」の「〇〇」の部分の英数字を最初に決め、その後に「.com」「.net」などをどれにするか選びます。

ドメイン名はこれから作成するサイト名や会社名、ブランド名などに関連させた方が統一感が出るので意識してみてください。

ドメインの文字列は他の人がすでに取得していると取れないので、あらかじめ複数の候補を出しておいたほうが良いでしょう。

ドメイン名の決め方については下記の記事で詳しく解説しているので、こちらもぜひ参考にしてください。

ドメインを検索する

続いて、ドメイン名で実際に検索を行って空きがあるかどうかを確認します。

バリュードメインの場合にはトップページにドメインの検索窓があるため、取得を検討しているドメインを入力して検索してみましょう。

バリュードメインのドメイン検索画面

下記の検索窓でもドメイン検索が可能です。ドメイン名がお決まりの方は、さっそく検索してみましょう。

取得したいドメインをご入力ください

検索すると「.com」「.jp」などの状況が一覧で表示され、取得可能なドメインに関しては「取得する」ボタンが表示されます。

バリュードメインのドメイン検索画面

ドメインを登録する

取得するドメインが決まったら、「取得する」ボタンをクリックしてください。

バリュードメインのドメイン検索画面

このように年間の料金とドメイン名の確認画面が表示されます。

バリュードメインのドメイン購入画面

ドメインを取得してWebサイトを立ち上げたりメールアドレスを利用するためにはレンタルサーバーが必要です。

まだレンタルサーバーを契約していないのであれば、「サーバーアカウント名」に任意の文字列を入力して簡単に契約できます。

コアサーバーのサーバーアカウント名入力画面

入力が完了したら、「次へ進む」ボタンをクリックしてください。

バリュードメインの購入画面

まだユーザー登録を行っていない場合には先にユーザー登録情報を入力しておきましょう。

バリュードメインのユーザー登録画面
バリュードメインのユーザー登録画面

支払い方法を選択し、「申込み確定」ボタンをクリックすればドメインの申込み完了です。

バリュードメインのドメイン申込み画面

上記のようにバリュードメインを使えばドメインの取得が簡単に行えますので、ドメイン取得の際にはぜひ活用してください。

独自ドメイン取得後のレンタルサーバー設定方法

取得した独自ドメインをレンタルサーバーで利用する方法について解説していきます。

今回はコアサーバーを使って独自ドメインを設定する方法について紹介するので、ぜひ参考にしてください。

まずはコアサーバーの契約を行い、コントロールパネルへ入りましょう。

コアサーバーのコントロールパネル

左メニュー内の「ドメイン」をクリックしてください。

コアサーバーのドメインメニュー

右上の「新しく追加」ボタンをクリックします。

コアサーバーのドメイン追加ボタン

「ドメイン」の項目にバリュードメインで取得したドメイン名を入力して「作成」ボタンをクリックすればサーバーにドメインを登録できます。

コアサーバーのドメイン追加画面

後は「ツール」メニューでWordPressブログを立ち上げたり、「メール」メニューでメールアドレスを作成することが可能です。

コアサーバーのWordPressインストール画面
コアサーバーのメール設定画面

上記のような流れで独自ドメインを使ってWebサイトやメールアドレスを作成できるので、これから独自ドメインを取得したい人はぜひ参考にしてください。

また独自ドメインとレンタルサーバーを同じ会社にすることで、万が一問題が発生した場合に、サポート窓口が一つであるため問題解決がスムーズであったり、一つのアカウントで契約の更新等ができるので管理が楽になります。

面倒な手続きをできるだけ減らしたいのであれば、バリュードメインコアサーバーの利用を検討してください。

圧倒的コスパ!月額220円~

コアサーバー公式サイトをみる

独自ドメイン取得ならバリュードメインがおすすめ

バリュードメインのファーストビュー

これから独自ドメインの取得を考えているのであれば、バリュードメインを利用するのがおすすめです。

バリュードメインはドメイン登録実績680万件以上、運用実績20年を誇るドメイン取得・管理サービスになります。

ドメインとサーバーの一括管理が可能となっており、大切なホームページやWebサイトの運用が簡単・便利になるでしょう。

初めてドメインを取得される人でも安心して利用できるように、ライブチャットやメールでのサポートも完全対応しています。

また、バリュードメインコアサーバーを同時Wor申し込みでdPress自動インストールができる点や、ドメインの更新費用が永久無料になる点もおすすめポイントです。

面倒な手続きをしたくない人や、ドメインコストをできるだけ抑えたい人はぜひバリュードメインとコアサーバーを検討してください。

バリュードメインとコアサーバー同時申込はこちら>>

独自ドメインに関するQ&A

独自ドメインに関するQ&A
  • 独自ドメインは無料で取得できる?
  • 独自ドメインを取得する必要はない?
  • 独自ドメインを利用するにはサーバーが必要?

独自ドメインに関するよくある疑問は上記の通り。

ここからそれぞれの疑問について、1つずつ詳しく解説していきます。

独自ドメインは無料で取得できる?

一般的に独自ドメインは登録費用や更新費用が発生しますが、無料で取得する方法もあります。

例えばレンタルサーバーの中には、レンタルサーバーの契約を条件に独自ドメインを無料で取得可能な業者も存在するような形です。

コアサーバーの場合はV2プランのアカウントを契約することで、1サーバーにつき1ドメインの更新料金が永久無料になります。

海外サービスではレンタルサーバーの契約などの条件なしで独自ドメインを無料で取得できるサービスもありますが、ドメインが突然使えなくなるなどのリスクもあるのであまりおすすめはできません。

独自ドメインを永久無料で取得する方法については下記の記事で詳しく解説しているので、こちらもぜひ参考にしてください。

独自ドメインを取得する必要はない?

Webサイトやネットショップを本格的に運用したいのであれば、独自ドメインの取得は必須だと言えます。

独自ドメインを取得することでブランド力や信頼性が向上しますし、運営元のブログサービスなどから影響されなくなるからです。

またサイトのURLが継続的に使用できるため、ドメインの力が強くなって検索エンジンからの集客を行いやすくなるというメリットもあります。

独自ドメインを取得するためには年間1,000〜2,000円程度のコストがかかりますが、費用をかけるだけの価値があると言えるでしょう。

独自ドメインを利用するにはサーバーが必要?

独自ドメインのホームページやメールアドレスを作成する場合、サーバーが必要になります。

サーバーというコンピューターを設置することで、インターネット上にホームページを公開したり、メールの送受信が可能になるのです。

ドメインが「住所」だとすると、サーバーは「土地」に例えられ、Webサイトのデータが土地に建てる「家」になります。

ドメインとサーバーとWebサイトの関係

住所だけで土地がなければ家を建てられないように、ドメインとサーバーがないとWebサイトを立ち上げられないのです。

レンタルサーバーとは何か?種類や仕組み、できることについては下記の記事で詳しく解説しているので、こちらもぜひ参考にしてください。

まとめ:独自ドメインでサイトやメールアドレスを作ってみよう

ここまで独自ドメインとは何なのか?取得方法やメリット・デメリットについて詳しく解説してきました。

独自ドメインを取得せず、無料の共有ドメインでもブログやWebサイト運営は可能です。

ただしビジネス目的で本格的なホームページやブログ運営を行いたいのであれば、独自ドメインを取得するメリットは大きいといえるでしょう。

自社のホームページを作成したい人やブログで稼ぎたいと考えている人は、ぜひ独自ドメインの取得を検討してください。

これから独自ドメインを取得するのであれば、バリュードメインのサービスを利用するのがおすすめです。

バリュードメインはGMOデジロック株式会社が運営するドメイン取得サービスであり、ドメイン登録実績600万件以上となっています。

初めてドメインとサーバーを契約してWebサイトを立ち上げる人が使いやすいように、ドメインとサーバーを同時に申し込める仕組みやドメインの更新費用が永久無料になる特典があります。

ドメイン取得を初めて行う初心者の方でも安心してリーズナブルに利用できる体制が整っているので、これからドメインを取得したいと考えているのであればぜひチェックしてください。

バリュードメインとコアサーバー同時申込はこちら>>
▽キャンペーン開催中!
バリュードメインでは、
【 .com /.net : 750 】のドメイン割引SALE、 ドメイン・サーバー同時契約でドメイン更新費用永久無料(年間最大3,124円お得)
などお得な特典やキャンペーンが盛りだくさん! 是非、お得なこの機会にご利用ください。最新のキャンペーンはこちらから
ドメイン取得ならValue Domain

Posted by admin-dev


おすすめ関連記事

service

Value Domain
ドメイン取得&レンタルサーバーなら
Value Domain
ドメイン登録実績600万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。
目次へ目次へ