【徹底解説】独自ドメインとは?メリット・デメリットとおすすめドメインも併せて紹介

2022年4月18日ドメイン

Right Caption

Questioner

独自ドメインって取得した方がいいんですか?
Left Caption

Respondent

独自ドメインはSEO的にも対外的にも評価されやすいので、ぜひ取得しましょう。

ホームページを開設する際は、独自ドメインを取得するのがおすすめです。本記事では独自ドメインについて、以下の内容を解説します。

独自ドメインの必要性について理解できるようになっているため、ぜひご一読ください。

独自ドメインとは

Webサイトを立ち上げる際に必要になるのがドメインですが、取得するのであれば独自ドメインがおすすめです。ここでは独自ドメイン概要と、ドメインの種類について解説していきます。

自分だけが使えるドメイン

独自ドメインは自分だけが利用できるドメインのことです。

ドメインとはURLやメールアドレスの一部に使われる識別番号のようなもので、Webサイトそれぞれに割り振られています。

当メディアのURL「https://www.value-domain.com/」で例えると、後半部分の「value-domain.com/」の部分が、弊社だけが利用できる独自ドメインにあたります。

ドメインについては「ドメインってそもそも何なん?をやさしく解説いたします」の記事でも紹介しています。ドメインの種類や取得方法について解説しているため、ぜひご参考ください。

共有ドメインとの違い

自分だけが使えるドメインが「独自ドメイン」ですが、それに対して複数の人と同じものを使う「共有ドメイン」もあります。

共有ドメインが独自ドメインと異なる点は、無料で利用できるだけでなく管理の手間がかからないことです。

有名な共有ドメインの例として、以下のようなものがあります。

  • hatenablog.com(はてなブログのドメイン)
  • ameblo.jp(アメブロのドメイン)
  • gmail.com(Gmailのドメイン)

例えばはてなブログを開設する場合、ユーザーそれぞれに「https://○○.hatenablog.com」という感じで、Webサイトの後半部分に共有ドメインが付いてきます。

Right Caption

Questioner

上記URLの『○○』の部分は好きなように決められるのでしょうか?
Left Caption

Respondent

『○○』は好きなように決められます。ちなみにこの部分を『サブドメイン』と呼びます。

一方で、共有ドメインにはSEO評価が他ユーザーに左右される傾向にあるため、Webサイトで集客をしていきたい方には不向きといえます。

使用用途はWebサイトとメールの2つ

独自ドメインの使用用途は、WebサイトのURLおよびメールアドレスの2つです。

ちなみに共有ドメインを発行できるサービスによっては、申請すれば独自ドメインでの運用も可能です。

一例としてGmailでは基本的に「gmail.com」の共有ドメインを使うことになりますが、申請をすれば独自ドメインでメールの運用が可能となります。

独自ドメインを取得する3つのメリット

独自ドメインを取得するメリットは以下の3つです。

  1. SEOで評価されやすい
  2. 信頼性が高い
  3. 永続的に使える

独自ドメインを発行するか否かを決める際の、参考にしてみてください。

1.SEOで評価されやすい

独自ドメインでのサイト運営は、SEOで評価されやすくなるのが特徴です。

独自ドメインは自分だけが使う性質上、サイト運営の評価がほぼすべて直結するようになっているため、頑張った分だけ検索順位の上昇が見込めます。

一方の共有ドメインは、それを利用している他ユーザーのサイトも評価対象となってしまうため、あなたがどれだけ頑張っても上がりにくいこともあります。

Right Caption

Questioner

他ユーザーが評価対象になることで上がりにくくなってしまうのですか?
Left Caption

Respondent

共有ドメインのユーザーがSEO評価でマイナスを受けたときに、その人だけでなくあなたもマイナス評価を受けてしまうからです。何もしていないのにマイナス評価を受けてしまう恐れがあるのは、努力が報われませんよね…

独自ドメインは共有ドメインよりもSEO評価に直結しやすいため、真剣にサイト運営に取り組む人ほど報われやすくなります。

2.信頼性が高い

独自ドメインは自分しか使わないことから、対外的な信頼性の向上につなげられる可能性があります。

特に自分の商品やサービスを持っている方が、それを独自ドメインに取り入れることで、ホームページやメールアドレスを見た人が覚えるきっかけになります。

商品やサービスの認知度が高まれば「聞いたことあるし、試しに使ってみようかな」となるため、間接的に集客に貢献してくれるでしょう。

一方で共有ドメインのような、URLやメールアドレスが他の人も使っている文字列だった場合、印象に残らなくなってしまいます。

独自ドメインを通してご自身の商品やサービスの認知につながる可能性があるため、ぜひ活用したいところです。

3.永続的に使える

独自ドメインは更新さえ忘れなければ、永続的に使えることもメリットと言えます。

共有ドメインでは更新する手間は省けますが、サービス終了などにより途中で使えなくなってしまうリスクがあります。

独自ドメインであれば共有ドメインのように突然使えなくなるリスクがないため、長期間に渡っての利用が可能です。

ただし独自ドメインの更新を忘れると使えなくなってしまうため、注意しましょう。

最悪のケースは第三者にご自身のドメインを取得されてしまい、使えなくなってしまうリスクがあることです。

独自ドメインは永続的に使えるメリットがありますが、更新忘れがないように気をつけましょう。

独自ドメインを取得する3つのデメリット

独自ドメインを取得することでさまざまなメリットがありますが、一方でデメリットも3つあります。

  1. 取得・更新に費用がかかる
  2. 自分で設定が必要
  3. 登録者情報を公開する義務がある

上記のデメリットについて把握する必要はありますが、サイト運営においてはメリットの方がはるかに上回ります。順番に見ていきましょう。

1.取得・更新に費用がかかる

独自ドメインは共有ドメインに比べると、取得や更新に費用がかかってしまいます。

取得時の費用はドメインによって異なりますが、相場は100~2,000円程度となります。

安いドメインを買って節約するのも一つの手ですが、一方で更新費用が高額に設定されていることもあるため、注意が必要です。

取得する際は取得費用だけでなく更新費用の確認も、忘れずにしておきましょう。

2.自分で設定が必要

独自ドメインを取得すると、サーバー設定やホームページ登録など、自分でやらなければいけないことは増えてしまいます。

サイト運営の初心者にとっては非常に手間のかかる作業なので、可能であれば避けたいところではないでしょうか。

しかしご安心ください、サーバー会社によっては、ドメインの設定を代行してくれるサービスもあります。

そのためドメイン設定が難しいと感じる方は、設定を代行してくれるレンタルサーバー会社を選ぶことを検討してみましょう。

なお、弊社が運営するバリュードメインでは、CMSインストールやSSL設定などのサイト立ち上げに必要な作業を代行する「おまかせスタート」を提供しています。

サイト立ち上げまでの手間を減らしたい方や、設定方法がわからない方はぜひバリュードメインをご利用ください。

3.登録者情報を公開する義務がある

独自ドメインを取得すると「Whois情報」として、所有者の個人情報を登録および公開する義務が生じます。

Whois情報で公開される項目は、以下の4つです。

  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

所有者のプライバシーにかかわる情報すべてが公開されてしまいます。

しかしドメイン会社が提供している「Whois情報公開代行サービス」を利用すれば、ドメイン管理会社の情報を代わりに公開してくれます。

Whois情報の公開代行サービスを利用すれば、あなたの個人情報を公開される心配がないため、独自ドメインを取得された方は必ず利用しましょう。

独自ドメインの費用

独自ドメインを利用する際にかかる費用の内訳は、以下の2つです。

  • 取得費用
  • 更新費用

一つずつ解説します。

取得費用

独自ドメインの取得費用は、ドメイン発行会社や種類によって大きく異なります。実際に弊社のバリュードメインではドメイン取得費用が90~50,000円と、大きくばらつきがあります。

参考までにドメインの種類ごとに、取得費用の相場をまとめてみました。

ドメインの種類費用相場
.com1~1,000円
.net1~1,500円
.jp500~3,000円
.tokyo100円前後
.xyz50~150円
2022年1月調べ

ドメインを取得する際は、複数のサービスの費用を比較するようにしましょう。

なお、バリュードメインでは上記の表でリストアップした5種類以外にも、さまざまなドメインを扱っています。

バリュードメインでのドメイン取得費用についてはこちらにてまとめていますので、ぜひ取得時の参考にしてみてください。

更新費用

独自ドメインは取得したらずっと使えるわけではなく、基本的に1年ごとの更新が必要です。

一例としてバリュードメインでは、500円~10,000円とドメインごとにばらつきがあります。

参考までにドメインの種類ごとに、年間の更新費用の相場をまとめてみました。

ドメインの種類費用相場
.com1,200~2,000円
.net1,500~1,800円
.jp1,200~3,000円
.tokyo1,600円前後
.xyz1,600円前後

取得費用ほどではありませんが、更新費用もドメイン会社によってばらつきが見られます。

ちなみに、バリュードメインでは一部のドメインにて「複数年取得割引」により、複数年契約していただければお得に利用できるキャンペーンを実施中です。

ドメインによっては1年あたり最大30%引での利用が可能なため、長期運用を見据えている方はぜひバリュードメインをご利用ください。

おすすめの独自ドメイン

独自ドメインを取得しようと思ったときに、選び方に悩まれる方は多いのではないでしょうか。

特にこだわりのない方は、以下の3つから選ぶのがおすすめです。

  • .com
  • .net
  • .jp
Right Caption

Questioner

ドメインによってSEO的に有利不利があるのでしょうか?
Left Caption

Respondent

ドメインの種類によってSEOの評価が左右されることはないと言われています。

上記に挙げたドメインであれば法人のコーポレートサイトでもよく使われているため、違和感なく利用できるはずです。

なお、あまり見かけない文字列のドメインは数百円程度のお手頃価格で取得できますが、更新料が高めに設定されている傾向にあります。

そのため、取得費用が安いドメインほど長期的に見るとコスパが悪くなってしまうケースがあるため、注意が必要です。

独自ドメインを取得する際は長期的に使うことを想定して違和感がないか、そしてコスパは問題ないか、といった観点から選ぶようにしましょう。

独自ドメインを取得する流れ

独自ドメインはレンタルサーバー会社もしくはドメイン専門会社で取得することになります。独自ドメインの取得から使えるようにするまでの手順は、以下の4ステップです。

  1. URL末尾のドメインを決める
  2. ドメイン名を決める
  3. ネームサーバー申請を行う
  4. 更新日までに更新手続きを行う

ドメイン名をあらかじめ決めておけば、手続き自体は10分程度で完了します。

取得した独自ドメインが使えるようになるためには、レンタルサーバーとの紐づけを行う「ネームサーバー申請」が必要です。

ネームサーバー申請の方法はレンタルサーバーによって異なるため、各サービスにお問い合わせください。

なお、バリュードメインをご利用の方はご自身でも設定できるように、マニュアルを設けているため、こちらを参考にしながら進めてみてください。

まとめ

独自ドメインを取得せずに無料の共有ドメインでも、サイト運営は十分に可能です。

しかし長期的にサイト運営を行うのであれば、独自ドメインは取得したほうがメリットがあります。最後に独自ドメインのメリットを3つまとめてみました。

  • SEOの面で有利になる
  • 対外的に信頼される
  • サービスを持っている場合、ブランドの確立につながる

独自ドメインを取得すると費用はかかってしまいますが、それでも年間で1,000~3,000円程度のものです。

月換算にして数百円程度の負担で、ご自身のサイト運営の集客力を最大限に引き出せる可能性があるため、非常にコスパのいい投資になりえます。

バリューノートであれば複数年取得割引により、長期間サイトを運営する人ほどお得に利用できるキャンペーンを実施中です。

また「おまかせスタート」を利用すれば、ドメインを取得してからの作業をあなたに代わって行うため、手間をかけることなくサイトの立ち上げが可能になります。

サイト運営をされる予定がある方は、ぜひバリュードメインにて独自ドメインの取得を検討してみてください。

ドメインは早い者勝ち!気になるドメインがあれば、まずはドメイン検索ページにて検索してみてください。

ドメインと変える、サイトの価値。Value Domain

Posted by admin-dev


service

Value Domain
ドメイン取得&レンタルサーバーなら
Value Domain
ドメイン登録実績600万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。