ドメイン名の決め方は?注意点やルール、具体例を初心者向けに解説

2022年6月13日ドメイン

ブログやWebサイトを作成する際に、ドメイン名の決め方で悩んでしまう方は多いのではないでしょうか?

ドメイン名は一度決めてしまったら後から変更できないので、慎重に決める必要があります。

そこで本記事では、ドメイン運用実績20年のバリュードメインが、失敗しないドメイン名の決め方について解説していきます。

ドメイン名を決める際の注意点やルール、具体例を初心者向けに紹介しています。
これからドメイン名を決める人はぜひ参考にしてください。

バリュードメインではコアサーバーV2プランを同時契約することで、毎年かかるドメイン更新費用が永久無料になるキャンペーンを行っています。

ドメインの管理コストをできるだけ抑えたいと考えている人は、こちらのキャンペーンもぜひチェックしてみてください。

バリュードメインとコアサーバーV2プランの同時契約はこちら>>

ドメイン名とは?

ドメイン名とは、Webサイトごとに設定されている「インターネット上の住所」のようなものです。

たとえば、バリュードメインの公式URL「https://www.value-domain.com/」のドメインに当たる部分は「value-domain.com」です。

ドメインは先着順なので、他のユーザーと重複がない場合は自分の好きな文字列で設定できます。サイト名・サービス名を元に決めることが多い傾向にあります。

なお、ドメインについては「【図解あり】ドメインとは?初心者にもわかりやすく徹底解説」でも詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

失敗しないドメイン名の決め方3つのコツ

失敗しないドメイン名の決め方3つのコツ
  1. 長期的に使用することを前提に決める
  2. Webサイトの内容がわかるようにする
  3. 短く覚えやすいドメインにする

失敗しないドメイン名の決め方のコツは上記3つです。

上記のポイントを意識してドメイン名を決めれば、大きく失敗してしまうのを防げるでしょう。

ここからそれぞれのコツについて詳しく解説していきます。

長期的に使用することを前提に決める

一度決めたドメイン名を後から変更することはできません。
そのため、ドメイン名は長期的に使用することを前提に決めるようにしましょう。

将来的なサイト運営方針やブランドイメージなどを考慮し、慎重にドメイン名を決めるようにしてください。

仮にドメイン名を変更したいと思った場合には、検索エンジンのSEO評価がリセットされたり、コンテンツ移行に手間がかかるなどのデメリットがあります。

一度決めたドメイン名は後から変更しないことを前提に考え、慎重にドメインを決めましょう。

Webサイトの内容がわかるようにする

Webサイトがどんな内容なのかわかるドメイン名にするのも重要です。

ドメイン名にWebサイトの内容を反映させると、訪問者がサイトの内容を理解しやすくなるでしょう。

例えば美容関連のWebサイトを立ち上げるのであれば、下記のようなドメインであればユーザーが内容を理解しやすくなります。

  • beauty-select.com
  • best-cosme.com
  • makeup-beauty.com

Webサイトの内容と全く関連性のないドメイン名を付けてしまうと、ユーザーから不審なサイトだと思われてしまう可能性もあるため注意してください。

短く覚えやすいドメインにする

ドメイン名はできるだけ短くて覚えやすい文字列にするのがおすすめです。

ドメイン名が長すぎるとユーザーが覚えにくくなってしまうため、Webサイトに再訪問してもらえる可能性が下がってしまいます。

例えば、下記のようなドメイン名は避けたほうがよいでしょう。

  • sample-tokyo-architecture.com
    長くて覚えにくいドメイン名の例
  • structure-enterprise.com
    見慣れない英単語でわかりにくいドメイン名の例

ユーザーが直接ドメイン名を入力してサイトに訪れる機会は少ないですが、Webサイトの認知度を高めるということを考えるとなるべく短く覚えやすいドメイン名を付けるのがおすすめです。

ドメイン名の決め方のルール

ドメインの決め方のルール
  1. 使用できるのは半角英数字と半角のハイフン(-)のみ
  2. 3文字以上63文字以下
  3. すべて小文字で表記される

ドメインの決め方のルールとしては上記3つです。

上記のルールを守らなければドメインの文字列を決められないので、気をつけてください。

また、ハイフン(-)から始まったり終わったりするドメイン名は使用できません。

ドメイン名を決めるときの注意点2つ

ドメイン名を決めるときの注意点2つ
  1. すでに取得されているドメイン名は使えない
  2. 簡単に変更ができないので慎重に決める

ドメイン名を決めるときの注意点は上記2つです。

上記の注意点を事前に理解しておかないと、後になって後悔してしまう可能性もあるでしょう。

ここからそれぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

すでに取得されているドメイン名は使えない

ドメイン名は他のドメインと重複して決められません。

すでに他のWebサイトで使われているドメイン名は使えないため、他と被らない文字列にする必要があります。

また、ドメインの末尾につく「.com」や「.jp」などをトップレベルドメインと呼びますが、人気のトップレベルドメインは空きが少ないです。

もし希望の文字列でドメインを取得できない場合には、トップレベルドメインを別のものに変更して取得できるかどうかチェックしてもよいでしょう。

簡単に変更ができないので慎重に決める

ドメイン名は一度決めてしまったら後から修正を行えません。

ドメイン名はWebサイトだけでなくメールアドレスにも使用するため、文字列は慎重に決めたほうがよいでしょう。

また、ドメイン名のつづりが間違っているとユーザーからの信頼低下につながったり、Googleからの評価が下がる可能性も考えられます。

ドメイン名を決める前に、文字列のつづりや意味を確認して間違いがないかチェックするようにしてください。

ドメイン名の「.com」や「.jp」の決め方は?

ドメイン名の末尾につく「.com」や「.jp」はトップレベルドメインと呼ばれます。

世の中には様々なトップレベルドメインがありますが、できるだけ人気の高いものを選ぶのがよいでしょう。

下記のトップレベルドメインはgTLD(汎用トップレベルドメイン)と呼ばれ、世界中で使用されている人気のトップレベルドメインです。

gTLD(汎用トップレベルドメイン)
  • .com
  • .net
  • .info
  • .biz
  • .org

元々、トップレベルドメインにはそれぞれ使用目的が決まっていましたが、現在はどのようなWebサイトでも使用できます。

特に「.com」は最も人気の高いトップレベルドメインなので、迷ったら「.com」を選ぶのがよいでしょう。

ドメイン名の決め方の具体例を紹介

ここから、ドメイン名の決め方の具体例について紹介していきます。

  1. 個人ブログのドメイン例
  2. 企業サイトのドメイン例

上記の2パターンについて解説していくので、あなたが運営するWebサイトに合わせて参考にしてください。

個人ブログのドメイン例

有名な個人ブログのドメイン例を上記の一覧表にまとめました。

個人ブログのドメイン名の傾向として、下記のポイントがあげられます。

個人ブログのドメイン名の決め方例
  • ブログ名と同じにする
  • ブロガー名と同じにする
  • ブログのジャンルと同じにする

もし個人ブログのドメイン名を決める際に迷ったら、上記のポイントを意識してみましょう。

企業サイトのドメイン例

企業サイトのドメイン例について、上記の一覧表にまとめました。

すべての国内企業のドメインが、企業名をドメイン名にしていることがわかるでしょう。

企業サイトのドメインは会社の顔になるため、最も顧客にアピールしたい企業名をドメイン名にする企業が多いの傾向にあります。

また、「co.jpドメイン」は日本の国内企業しか取得できないトップレベルドメインなので、企業としての信頼性を高めたいのであれば「co.jpドメイン」を取得するのがおすすめです。

co.jpドメインについては下記の記事でも詳しく解説しているので、こちらもぜひ参考にしてください。

ドメイン取得サービスはValue Domainがおすすめな理由

Value Domainがおすすめな理由
  1. コアサーバーとのセット契約でドメインが永年無料
  2. Whois情報の公開代行が無料
  3. ドメイン登録実績600万件以上で信頼性が高い

数あるドメイン取得サービスの中でValue Domainがおすすめの理由は上記3つです。

ここからそれぞれの理由について詳しく解説していきます。

コアサーバーV2プランとのセット契約でドメインが永年無料

バリュードメインとコアサーバーV2プランをセットで契約すると、毎年かかるドメインの更新費用が永年無料になります。

ドメインは毎年の更新で費用が発生しますが、バリュードメインであればドメイン運用コストを抑えられます。

またバリュードメインとコアサーバーは同じ会社が運営しているため、1つの会社にまとめると管理にかかる手間を減らせるでしょう。

毎年のドメインコストを削減したいと考えているのであれば、バリュードメインがおすすめです。

バリュードメインとコアサーバーV2プランの同時契約はこちら>>

Whois情報の公開代行が無料

バリュードメインではWhois情報の公開代行を無料で行えます。

whois情報とは

ドメインを誰が所有しているのかという情報。
インターネット上の検索サービスを利用すればドメインの所有者を調べることが可能です。

Whois情報の公開代行とは、ドメイン所有者の情報を「バリュードメイン」の情報に代えた上で一般公開を行うサービスになります。

あなたの氏名や住所などの個人情報がWeb上で一般公開されるのを避けたいのであれば、Whois情報の公開代行を無料で行えるバリュードメインがおすすめです。

ドメイン登録実績600万件以上で信頼性が高い

バリュードメインはドメイン登録実績が600万件以上あり、信頼性の高いドメイン管理サービスです。

20年以上の運用実績があるため、初めてドメインを取得する場合であっても安心して利用できるでしょう。

またバリュードメインはGMOインターネットのグループ会社であるGMOデジロック株式会社が運営しているため、親会社の信頼性も保証済みです。

ドメインは長期で利用するのが基本なので、安心して運用するためにも信頼性の高い企業を選んだほうがよいでしょう。

ドメイン名の決め方に関するQ&A

ドメイン名の決め方に関するQ&A
  • センスが良いおしゃれなドメイン名の決め方は?
  • ドメイン名が決められないときはどうすればいい?
  • ドメイン名は適当に決めてもよい?

ドメイン名の決め方に関するよくある疑問は上記の通り。

ここからそれぞれの疑問について詳しく解説していきます。

センスが良いおしゃれなドメイン名の決め方は?

ドメイン名はWebサイトの顔になるため、センスやおしゃれさよりも分かりやすさを重視するのがおすすめです。

下記個人ブログのドメイン例を見ても、ブログ名や運営者名などシンプルなドメイン名にしている人がほとんどでした。

おしゃれなドメイン名を付けたいという気持ちは分かりますが、シンプルで分かりやすいドメイン名にした方が後悔しないと思います。

ドメイン名が決められないときはどうすればいい?

どうしてもドメイン名が決められないときは、下記のポイントを意識してみましょう。

  • ブログ名と同じにする
  • 運営者名と同じにする
  • ブログのジャンルと同じにする
  • 企業名と同じにする

上記のポイントを意識すれば、悩むことなくドメイン名を決められるでしょう。

例えば、当サイト「バリュードメイン」の場合にはサービス名をそのままもってきて「value-domain.com」としています。

あまり深く考えすぎず、ブログ名や企業名、サービス名をドメイン名にするのが最もおすすめです。

またバリュードメインでは、「4〜6文字の金融系アフィリエイトにおすすめのドメイン」「AI関連情報の発信におすすめのドメイン」などと入力するとAIが最適なドメインを提案するサービスもございます。
ドメイン名が決められないときは、ぜひご利用ください。

ドメイン名は適当に決めてもよい?

ドメイン名はWebサイトの顔になるため、適当に決めるのはおすすめできません。

ドメイン名を一度決めたら後から変更はできないので、慎重に決めたほうがよいでしょう。

もしドメイン名のつづりや意味が間違っていると、後から変更できないため再度費用をかけて取得し直す必要があるかもしれません。

長期的に利用するのを前提に考えて、ドメイン名は慎重に決めるのがおすすめです。

まとめ:ドメイン名の決め方を理解し、取得してみよう

ここまでドメイン名の決め方のコツやルール、注意点、具体例について詳しく解説してきました。

ドメイン名はWebサイトの住所に当たる部分であり、ブログ名や企業名を入れることでサイトの内容を理解してもらいやすくなるでしょう。

一度決めたドメイン名は後から変えられないため、長期的に利用するのを前提にして慎重に決める必要があります。

これから新しくドメインを取得したいと考えているのであれば、ドメイン取得サービス「バリュードメイン」がおすすめです。

バリュードメインではコアサーバーV2プランと同時契約をすると毎年かかるドメインの更新費用が永久無料になるキャンペーンを開催しています。

ドメインの維持管理コストを少しでも抑えたいと考えているのであれば、ぜひバリュードメインでドメインを取得してください。

バリュードメインとコアサーバーV2プランの同時契約はこちら>>
▽キャンペーン開催中!
バリュードメインでは、
【 .com /.net : 750 】のドメイン割引SALE、 ドメイン・サーバー同時契約でドメイン更新費用永久無料(年間最大3,124円お得)
などお得な特典やキャンペーンが盛りだくさん! 是非、お得なこの機会にご利用ください。最新のキャンペーンはこちらから
ドメイン取得ならValue Domain
この記事を監修した人
中村圭佑
中村 圭佑

GMOデジロック ドメイン管理担当
ドメイン管理7年目。ドメインとDNSオタクがいつの間にか営業管理全般の担当に。
オタク趣味全般を網羅してます。

Posted by admin-dev


おすすめ関連記事

service

Value Domain
ドメイン取得&レンタルサーバーなら
Value Domain
ドメイン登録実績600万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。
目次へ目次へ