メールアドレスの種類:ぴったりなメールアドレスの選び方

2023年12月5日ドメイン

メールアドレスの種類

メールアドレスは、個人においてもビジネスにおいても重要なコミュニケーションツールです。
メールアドレスにはいくつかの種類があり、仕事用、個人用、趣味など、いろいろな目的に合わせてメールアドレスを選ぶことが大切です。

誰とどんな場面で使うメールアドレスなのかを考え、用途にあったメールアドレスを使うようにしましょう。

特に仕事用のメールアドレスは、会社のブランド強化や信頼性を高めるためにもしっかりと種類や意味を理解し取得することが重要になります。
仕事用のメールアドレスには、永続性や信頼性の面から独自ドメインのメールアドレスがおすすめです。

独自ドメインのメールアドレスを利用するにはサーバーが必要です。
バリュードメインでは、独自ドメインをコアサーバーとセットで申し込むとドメイン更新料が永年無料になるキャンペーン中実施しています。
独自ドメインをご検討の方は、ぜひご利用ください。

コアサーバーV2プランとドメイン同時契約の詳細はこちら>>

この記事では、メールアドレスの種類や選び方・取得方法について詳しく解説します。
メールアドレスの種類や選び方を理解し、あなたにあったメールアドレスを取得しましょう。

メールアドレスの種類とは?

メールアドレスの種類には、「プロバイダーメールアドレス」「キャリアメールアドレス」「フリーメールアドレス」そして「独自ドメインメールアドレス」の4つがあります。

これらのメールアドレスの種類について理解し、用途に合わせて適切なものを選ぶことが重要です。

メールアドレスの基本構造

メールアドレスの基本構造

メールアドレスの基本構造は、「ユーザー名@ドメイン名」の形をしています。それぞれ下記のような役割があります。

  • ユーザー名:メールを受け取るユーザーを特定するための名前
  • ドメイン名:メールを受け取るサーバーのアドレス

メールアドレスはこのような構造なっており、種類によって異なる特徴があります。

@の後ろで見分けるメールアドレスの種類

メールアドレスの種類には下記の4つがあり、@の後ろでメールアドレスの種類を見分けることができます。

メールアドレスの種類
  • 独自ドメインメールアドレス:自分自身や会社などが所有するドメインを使用したメールアドレス。ビジネス利用に適しています。
  • フリーメールアドレス:無料で利用できる一般的なメールアドレス
    例、gmail.comやyahoo.co.jp
  • プロバイダーメールアドレス:インターネット接続サービスを提供する会社や組織から提供されるもの
    例、nifty.ne.jp/so-net.ne.jpなど
  • キャリアメールアドレス:携帯電話会社から提供されるもの
    例、docomo.ne.jpやsoftbank.ne.jpなど

それぞれに特徴や利点がありますので、用途に合わせて適切なメールアドレスを選ぶことが重要です。メールアドレスを活用するための追加機能や、種類ごとのおすすめサービスも知っておきましょう。

主要なメールアドレスの特徴

それぞれのメールアドレスの特徴を詳しく解説します

独自ドメインメールアドレス

独自ドメインとは簡単に言うと、ホームページなどのURLの一部となるもので、当メディアであれば「value-domain.com」がドメイン。URLの一部となるだけでなく、メールアドレス作成にも使えます。

独自ドメインメールアドレスは、ビジネス利用に最適なメールアドレスです。
独自ドメインメールアドレスを取得することで、企業や個人のブランドを強化し、信頼性を高めることができます。
さらに、セキュリティ面でも優れており、情報漏洩のリスクを低減することができます。
独自ドメインのメールアドレスは、提供元がサービス終了することでメールアドレスを使えなくなるという不安がないという点でもビジネス利用におすすめです。

独自ドメインメールのメリット・デメリットには下記があります。

独自ドメインメールのメリット信頼性が高い
提供元がサービス終了することで使えなくなるという不安がなく、永続的に使える
独自ドメインメールのデメリット取得・更新に費用がかかる
自分で設定が必要

独自ドメインを取得する際は、実績があり信頼できる会社を選ぶようにしましょう。

国内最大級!登録実績680万件

バリュードメイン公式サイトをみる

独自ドメインについては、下記でくわしく紹介しています。

フリーメールアドレス

フリーメールアドレスとは、無料でメールアドレスを作成して送受信を行えるサービスのことです。
無料で利用できるため手軽に新しいメールアドレスを取得することができますが、有料メールと比べると無料で何個でも作成できるので信頼性の面では多少下がってしまいます。

フリーメールのメリット・デメリットには下記があります。

フリーメールのメリット無料で利用できる
フリーメールのデメリットセキュリティ面・信頼性の不安がある
広告が表示される場合がある
サポートが受けられない可能性がある

プロバイダーメールアドレス

プロバイダーメールアドレスとは、特定のインターネットサービスプロバイダー(ISP)から提供されるメールアドレスのことです。
これは、例えば@nifty(@nifty.com)やOCN(@~.ocn.ne.jp)・So-net(@~.so-net.ne.jp)などの通信事業者が提供するメールアドレスのことを指します。

プロバイダーメールアドレスは、そのISPに加入しているユーザーにのみ利用が許可されており、一般的にはそのISPのサービスを利用するために提供されます。

プロバイダーメールのメリット・デメリットには下記があります。

プロバイダーメールのメリットセキュリティ対策がしっかりしている
プロバイダーメールのデメリットスマートフォンから確認できない
無料で提供されるアドレス数は決まっていて、複数のアドレスが欲しい場合には料金が発生する場合がある

キャリアメールアドレス

キャリアメールアドレスは、携帯電話会社が提供するメールアドレスのことです。
主なキャリアメールアドレスの種類には、docomo、au、SoftBankなどがあります。これらのキャリアメールアドレスは、携帯電話の契約をすることで利用することができます。

キャリアメールのメリット・デメリットには下記があります。

キャリアメールのメリット携帯電話と連携しているため、メールの受信がスムーズ
セキュリティ面でも安心して利用することができる
キャリアメールのデメリットキャリアメールはメールボックスの容量が少ない
1回のメールで送受信できるデータサイズも限られている

メールアドレスの選び方と設定方法

プロバイダーメールアドレス、キャリアメールアドレス、フリーメールアドレス、独自ドメインメールアドレスにはそれぞれ特徴があります。
利用目的にあった適切なメールアドレスを選ぶようにしましょう。

用途に合わせたメールアドレスの選び方

それぞれの用途に合わせたメールアドレスの選び方を紹介します。
下記にそれぞれのメールアドレスのおすすめ用途をまとめました。

メールアドレスの種類用途理由
独自ドメインメールアドレスビジネス用途、特に会社やブランド企業やブランド名を反映したメールアドレスが作成できるため
サービス終了でメールアドレスが使えなくなるリスクが少ない
フリーメールアドレス個人的な使用や非公式のビジネスコミュニケーション、一時的な登録など無料で作れて手軽な反面、信頼性に欠ける
プロバイダーメールアドレス個人的な用途や非公式のビジネス用途無料で提供されるアドレス数は決まっている
プロバイダーを変更するとメールアドレスを失う可能性がある
キャリアメールアドレス個人的なコミュニケーションや非公式の連絡などメールボックスの容量が少ない
1回のメールで送受信できるデータサイズも限られている

メールアドレスをWebメールやメールソフトに設定する手順

メールアドレスをWebメールやメールソフトに設定する手順は、メールアドレスの種類によって異なります。

下記では、バリュードメインのメールアドレス作成・設定方法を動画で紹介しています。動画に沿って進めるだけで簡単にメールアドレスの作成が可能です。独自ドメインのメールアドレス作成の参考にしてください。


フリーメールアドレスの作成方法・独自ドメインのメールアドレスの作成・設定方法は「新しいメールアドレスの作り方を解説!【作成方法を初心者向けに紹介】」で詳しく紹介しています。ぜひ、ご覧ください。

メールアドレスを選ぶ際には、用途に合わせた選び方や設定方法を把握し、最適な選択をすることが重要です。

それぞれのメールアドレスの特徴や利点を理解し、自分やビジネスに最適なメールアドレスを選ぶための情報をしっかりと把握しておきましょう。

メールアドレスの種類ごとのおすすめサービス

メールアドレスを利用する際には、その種類ごとにおすすめのサービスがあります。以下は、それぞれのメールアドレスの種類に合ったおすすめサービスです。

おすすめのフリーメールサービス

代表的なフリーメールサービスとしては、Yahoo!メール、Gmail、Outlook.comなどがあります。
それぞれメリットやデメリットがありますので、自分のニーズに合ったサービスを選ぶことが大切です。

容量や知名度の点でおすすめは下記3社です。

フリーメールおすすめサービス
  1. Gmail
  2. Yahoo!メール
  3. Outlook

上記以外にもおすすめフリーメールを「フリーメールとは?アドレスを作成できるおすすめサービス7つを徹底比較」の記事で厳選して徹底比較しています。フリーメールを選ぶ際の参考にしてください。

ビジネス向け独自ドメイン取得のおすすめサービス

独自ドメインメールは、自社のドメインを使用したビジネス向けのメールアドレスであり、プロフェッショナルな印象と信頼を与えることができます。

独自ドメイン取得おすすめサービス
  1. バリュードメイン
  2. お名前.com
  3. ムームードメイン

上記は、運用年月が長く利用者が多いドメイン取得サービスです。
サービス終了となってしまうリスクが少ないためメールアドレスを安心してご利用いただけます。

独自ドメイン取得サービスの選び方や注意点を下記で解説しています。あわせてご覧ください。

それぞれのメールアドレスの種類に合った特徴や利点がありますので、利用目的やニーズに合わせて適切なサービスを選択しましょう。

まとめ:メールアドレスの種類を理解し、最適な選択を

メールアドレスの種類を理解し、最適な選択をするためには、それぞれのメールアドレスの特徴や利用シーンを把握することが重要です。

独自ドメインメールアドレスはビジネス利用に適しており、信頼性やセキュリティ面で優れています。
一方、フリーメールアドレスは無料で利用できるため手軽ですが、広告が多いという点や信頼性に欠けるというデメリットもあります。
プロバイダーメールアドレスは安定したサポートが魅力であり、キャリアメールアドレスは携帯電話との連携が便利です。

独自ドメインメールを利用するには、サーバーが必要です。独自ドメインとサーバーをセットで契約することでドメイン費用がお得に利用できるサービスもあります。

コアサーバーであればサーバーとセットで契約することで独自ドメインの更新費用が永遠無料となります。

独自ドメインのメールアドレスを作成する際は、ぜひご利用ください!

▽キャンペーン開催中!
コアサーバーでは、
初期費用無料、ドメインが実質0円(年間最大3,882円お得)になる
サーバーセット割特典を展開中です。
是非、お得なこの機会にご利用ください! 最新のキャンペーンはこちらから
超高速化を実現するレンタルサーバー CORESERVER
▽キャンペーン開催中!
バリュードメインでは、
【 .com /.net : 750 】のドメイン割引SALE、 ドメイン・サーバー同時契約でドメイン更新費用永久無料(年間最大3,124円お得)
などお得な特典やキャンペーンが盛りだくさん! 是非、お得なこの機会にご利用ください。最新のキャンペーンはこちらから
ドメイン取得ならValue Domain

Posted by admin-dev


おすすめ関連記事

service

Value Domain
ドメイン取得&レンタルサーバーなら
Value Domain
ドメイン登録実績600万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。
目次へ目次へ