WordPressの料金は?とにかく安上がりに作成する方法を解説

2023年12月7日WordPress

WordPressの料金は?

WordPress(ワードプレス)は、Webサイト制作の専門知識がなくてもホームページやブログの運営ができる便利な世界で最も利用されているブログツールです。

WordPressでサイトやブログを運用するにはドメインとサーバーが必要で、料金が発生します。

必要経費とはいえ、できるだけ安く済ませたいと考える方は多いはずです。

この記事ではWordPressでブログを作成する際の費用について、以下項目をメインに解説します。

コアサーバーV2プランならWordPressが自動で簡単にインストールでき、月額390円~!独自ドメインとのセット申込みでドメイン更新費用が永久無料のキャンペーンも実施中です。ぜひ、お試しください。

WordPressについて詳しく知りたい方は「WordPressとは?世界一利用されているブログシステム」の記事を参照ください。

WordPressを利用するのにおすすめのサーバーは、コアサーバーです。
コアサーバーV2プランならWordPressが自動で簡単にインストールでき、月額390円~!独自ドメインとのセット申込みでドメイン更新費用が永久無料のキャンペーンも実施中です。ぜひ、お試しください。

WordPressには.orgと.comの2種類があります

WordPressには「WordPress.com」と「WordPress.org」の2つのバージョンがあるのをご存知でしょうか?

通常「WordPress」と言えばWordPress.orgと思って間違いありません。

WordPress.orgは、サイト構築から投稿までを実現する、世界で一番のシェアを誇るCMSです。誰でも無料でダウンロードできるフリーソフトウェアです。

※Webサイトの構築・投稿・運用までが行える管理システムです。

一方、WordPress.comはWordPressが提供する、レンタルサーバーにWordPressがインストールされた状態で提供するホスティングサービスです。

下記に料金や特徴を簡単にまとめました。

 WordPress.orgWordPress.com
料金無料無料〜月額5,220円
独自ドメイン(.comの場合)ドメイン管理会社による
(年額1,500〜2,000円)
年額約1,700円
アップデートやバックアップ自分で行う不要
WordPressの設置自分で設置不要
カスタマイズ自由制限あり

WordPress.comは契約後、すぐにブログ投稿ができます。初めてのブログや技術的な知識がない方におすすめです。ただし、自由度が制限されているのと料金がやや高めになります。

WordPress.orgは、自分で選んだレンタルサーバーにWordPressを設置します。カスタマイズが自由にできるのと、料金を抑えることができて経済的です。

WordPressを利用して無料でブログを作れるか?

無料のレンタルサーバーサービスもあるので、費用をかけずにWordPressでブログ運用はできます。

ただし、無料サーバーは速度が遅かったり、カスタマイズの制限がある、広告が表示されるなどの制約があり、使い勝手は良くないでしょう。

また、独自ドメインではないので、サーバーの引越しをするとドメイン名の変更をしなくてはなりません。せっかく培ってきたSEO評価やドメインパワーも無駄になってしまいます。

WordPressを利用するにはドメインとサーバーの契約は必須です。

将来、サイトの規模が拡大した時のことを想定して、有料のレンタルサーバーをおすすめします。

WordPressd利用での必須料金

WordPressでブログ作成をするにあたって最低限発生する料金は、以下の2つです。 (表は一般的な料金です。)

1. レンタルサーバー月額1,000円
2. ドメイン年額2,000円

1. レンタルサーバー – ブログのデータを格納する機器

サーバーはサイトやブログのデータ(HTMLやCSS、画像など)を保管するコンピューターです。

料金を支払ってサーバーを借りる「レンタルサーバー」が一般的です。

レンタルサーバーは多数サービスが存在しますが、その中でも弊社イチオシのコアサーバーは低価格でありながら、業界最高クラスのCPUと大容量メモリを搭載で、高速通信が可能となっています。

※パソコンやサーバーなどのコンピュータ機器の中心部になる処理装置です。

コアサーバーV2プランの料金プランは以下の通りです。

プラン月額料金(税込)容量転送料
Xプラン390円〜サーバーとドメインの同時申込みで、ドメイン更新料金が永年無料
(.com / .net / .org / .info / .biz / .jp)
300GB10TB
Yプラン690円〜500GB20TB
Zプラン1,990円〜800GB30TB
(※2023年11月時点)

個人メディアにおけるサーバー代の目安は月額800〜1,500円程度ですが、コアサーバーV2プランであれば最安390円からの低価格でご利用可能です。

2. 独自ドメイン – ブログの住所

URLを表す独自ドメインにも費用が発生します。ドメインはインターネット上の住所に該当し、分かりやすい文字列で生成された一意の名前です。

ドメインの料金は種類(.comや.jpなど)によって異なりますが、取得するのに1,000~5,000円程度、さらに更新料金が1年ごとにかかります。

弊社のバリュードメインでの主要なドメイン料金は以下の通りです。

ドメイン料金(年/税込)
.com一番人気のドメイン1,845円
.netネットを意味するドメイン1,989円
.jpネットを意味するドメイン3,818円
.co.jp日本で登記している会社専用5,081円
(※2023年11月時点)
※最新の価格は、ドメイン価格一覧よりご確認ください。

ちなみに、コアサーバーV2プランとドメイン取得を同時申込みするとドメイン更新料金(.com / .net / .org / .biz / .info / .jp)は永年無料になります。

詳しくは、「コアサーバーV2プランとドメイン同時取得」をご覧ください。

独自ドメインについては、下記で詳しく紹介しています。

WordPressで料金を抑えるには

1. 制作・設置代行 制作代行:20〜30万円
設置費用:1〜2万円
2. 自分で設置無料

1. 制作代行は料金が高額

デザイン会社にWordPressでサイト制作依頼をすれば、完全オリジナルデザインのサイトが作成できます。大規模でなければ20〜30万程度が相場でしょう。

また、WordPress設置代行サービスもありますが、ドメインとサーバー料金別で、作業費1〜2万円程度です。

弊社のWordPress設置代行サービス「おまかせスタート」だと、1サイトにつき14,080円(税込)にて対応しております!

2. WordPressは自分で設置すれば無料

レンタルサーバーを提供するサービスによりますが、WordPress自動インストール機能が付属していれば10分程度で作業完了です。

弊社が提供するコアサーバーにも自動インストール機能が付属しています。

コアサーバーはドメインを同時申し込みすると、独自ドメインのブログが契約完了と共に完成します。申し込み時に、コアサーバーのプラン選択、希望のドメイン名を入力、支払いをすればOKです。

WordPressの設置料金は不要!とっても経済的です。

安くWordPressを利用するポイントはドメインとサーバー

WordPressを導入すると一定の費用がかかるので、できる限り安く済ませたいところです。ランニングコストを少しでも抑えたい場合は、以下の方法を実行しましょう。

  • サーバーは安いプランを適用する
  • 更新費が安いドメインを利用する
  • サーバー付属の無料SSLを活用する
  • 無料テーマを利用する
  • 無料プラグインを活用する

独自ドメインについては、コアサーバーV2プランとドメインを同時に契約すれば、独自ドメインの更新費用を1つ永年無料で運用できます。年間最大3,818円のドメインにかかるランニングコストをカットでき、経費削減につながります。

※ .com / .net / .org / .info / .biz / .jp のいずれか1ドメインになります。

WordPressでサイトを運用するにあたって費用面でネックに感じている方は、ぜひ上記手段を取り入れてみてください。

WordPress料金にかんするQ&A

WordPressの料金でよくある質問をまとめましたので、参考にしてください。

WordPressの料金についてのQ&A
  • WordPressdの無料利用できる機能は
    • SSL証明書 – 安全な通信を実現
    • WordPressテーマ - デザインを自由に変えられる
    • プラグイン - 問合せフォームなどの機能追加
  • WordPressdの有料と無料の違い

WordPressdの無料利用できる機能は

  • SSL証明書 – 安全な通信を実現
    SSL証明書はブラウザとインターネット間の通信データを暗号化していることが証明できるので、ユーザーは安心してサイトを閲覧できるようになります。

    多くのレンタルサーバーには無料のSSL証明書が提供されており、個人や小規模なサイトには事足ります。

    有料のSSL証明書の発行費用はサーバー管理会社によって大きく違ってきます。コアサーバーの有料SSL証明書は1,320円〜4万円弱と種類により差異があります。

    詳しくは「SSL証明書とは?初心者でもわかる基礎知識と必要性、取得方法を解説」を参照ください。

  • WordPressテーマ – デザインを自由に変えられる
    サイトの外観(見た目)を決める「テーマ」は、無料で高機能なものが多数提供されています。有名な無料テーマを5つを挙げます。

    テーマ名 特徴
    Cocoon(コクーン) シンプルなデザインでブログに最適
    Lightning シンプルなデザインでブログに最適
    LIQUID シンプルで洗練されたデザイン
    Xeory (セオリー) シンプルでSEOに特化した機能
    LION BLOG おしゃれなデザインと高速表示が特徴

    有料テーマは機能が豊富で、使いやすいのが特徴です。立ち上げの段階は無料テーマで運用し、機能面等に不満を感じてきた段階で、有料テーマに乗り換えても良いでしょう。

    有料テーマは安いものでも1万円以上は見積もっておきましょう。

    詳しくは、「2023【初心者必見】WordPress人気おすすめテーマ12選【有料〜無料まで】」で紹介しています。

  • プラグイン – 問合せフォームなどの機能追加
    WordPressの機能を拡張するプラグインは豊富な種類が無料配布されています。無料プラグインだけで差し支えなく運用できるので、どうしても不便に感じたときのみ、有料版を検討してください。

WordPressの有料と無料の違い

サイトの外観を決める「テーマ」には無料と有料がありますが、有料のほうが機能豊富で使い勝手がいいです。

多くの有料テーマは買い切り型で最低1万円以上の出費が見込まれますが、無料に比べて使い勝手が良く、デザインも洗練されています。

さらに、表示速度の向上、SEO対策、アフィリエイト機能の統合など、目的に応じたテーマが用意されていて、初心者でも重要なポイントが押さえられます。

必要なプラグインの調査やインストールの手間が省け、素早くサイトを開設できます。

まとめ <WordPressを利用するなら、ドメイン更新料金が永年無料になるコアサーバーV2プラン!>

WordPressdでブログ開設にかかる料金

WordPress.com サーバー:無料〜月額5,220円
ドメイン:年額約1,700円
制作代行 サーバー:月額390円〜1,990円
ドメイン:年額1,845円
制作代行:20〜30万円
設置費用:1〜2万円
自分で作成 レンタルサーバー:月額390円〜1,990円
ドメイン:年額1,845円
※ドメインは.comの料金です。
超高速化を実現するレンタルサーバー CORESERVER

WordPressの費用を抑える方法は先述の通りですが、特にサーバー代が大きなウェイトを占めます。

コアサーバーV2プランの1年契約を利用すれば、ドメイン料金不要、最安月額390円~と大幅にコストカットできます。
サーバー付属のSSL証明書なら0円です。

WordPressの簡単インストール機能を使えば、初心者でもスムーズにブログ開設が叶います。

さらに、高速処理を実現できるSSDを全プランに搭載し、快適なサイト運用が可能です。サイトの速度はSEO評価に直結する要素であり、検索上位を狙うにはうってつけなのです。サーバー選びにお悩みの方はコアサーバーをご検討ください!

▽キャンペーン開催中!
コアサーバーでは、
ドメインの更新費が永年無料(年間最大3,124円お得)になるサーバーセット割キャンペーンを実施中です。
是非、お得なこの機会にご利用ください! 最新のキャンペーンはこちらから
超高速化を実現するレンタルサーバー CORESERVER
この記事を監修した人
Value Note編集部
メディア編集部

ドメインの提供開始から20年。
その経験をもとにIT(ドメイン・サーバー・WordPress・セキュリティ...etc)の知識はもちろん、ここでしか見れない役立つ情報やコンテンツを発信するチームです。

Posted by admin-dev


おすすめ関連記事

service

Value Domain
ドメイン取得&レンタルサーバーなら
Value Domain
ドメイン登録実績600万件を誇るドメイン取得・管理サービスと、高速・高機能・高品質なレンタルサーバーや、SSL証明書などを提供するドメイン・ホスティング総合サービスです。
目次へ目次へ